戦争とプロパガンダ ※アメリカの映像戦略










「ペンは剣よりも強し」ということばがありますが第二次世界大戦時
アメリカは「映像は武器だ」と積極的に映像によるプロパガンダを行ってきました。0625a087












プロパガンダ映像がもたらすもの
なぜ、映像を利用しないといけないのか?
それは戦争には国民の理解と協力が必要だからです。
お金も人材(兵隊)も、必要。
それを引き出すためには、国民を上手に操らないといけないわけです。7d47f9b5ice_screenshot_20180815-192417ice_screenshot_20180815-192428ice_screenshot_20180815-192433
ice_screenshot_20180815-192542




































▲映画『自由は高くつく』

第二次世界大戦時、アメリカの財務省長官であったモーゲンソウ氏は
戦後、このように語っています。

特別なプロパガンダ機関をもてないアメリカで
どうやって国民を戦争に駆り立てるか
人々を巻き込む有効な手段となったのが戦時国債キャンペーンであった
国民を自発的に戦争に向かわせることができた
その事に満足している

国民からいかに金と人材を引き出すのか
b95709de




映像を用いて戦時国債キャンペーンを行った結果、戦費2960億ドルの内の約6割にあたる
戦時国債1857億ドルを確保したということです。
(提供:なんでも弥次さん)

ドキュメンタリー : 戦争とプロパガンダ アメリカの映像戦略
ice_screenshot_20180815-191304






米海兵隊が太平洋戦争の戦場で撮影した、約3000本、500時間のフィルム。
当時制作されたプロパガンダ映画の元素材だ。
米軍は「映像は兵器だ」として、戦意を高揚させる映像を大々的に流す一方、「不都合な映像」を
検閲し排除していた。日米双方のプロパガンダで、憎しみはどのようにエスカレートしたのか。
膨大なフィルムと極秘資料、そして元カメラマンらの証言から、戦争とプロパガンダが何をもたらす
のかを明らかにする。
ice_screenshot_20180815-191318
映像が駆り立てた戦争の狂気
国民を戦争へと駆り立てるために、国家はどのように映像と情報を操作するのか。
太平洋戦争時の極秘資料と映像から、アメリカの「映像プロパガンダ」の原点を解き 明かす。

国家による国民の扇動、プロパガンダを解き明かすドキュメンタリー。
太平洋戦争当時、戦場で米海兵隊が撮影した500時間の映像。
プロパガンダ映画の元素材となったその映像や極秘資料などから
戦争とプロパガンダが何をもたらすのかに迫る。

◆戦争とプロパガンダ ~アメリカの映像戦略~ 1時間52分


※ダイジェスト版 49分




プロパガンダの目的は
人の心を操作することです
観客に次々と刺激を
与え続けるのです
ice_screenshot_20180815-191503











戦争がどんなものか伝えることで
ice_screenshot_20180815-191508
国民を積極的に
戦争に協力させることができるのです
ice_screenshot_20180815-191510












当時 人々は戦場がどんなものか
全く知りませんでした
軍がどう戦っているかを
知ってもらうことで
国民の支持を得ようとしたのです

ひとたび戦争が始まってしまったら
誰にも止めることはできません
たとえ途中で間違いだと気づき
こんなはずではなかったと思っても
手遅れなのです
映像は使い方によって強力な武器となります
国民を動かし
戦争へ積極的に協力するよう導くのですice_screenshot_20180815-191902












(「硫黄島を目指せ」の撮影担当 ノーマン・T・ハッチの証言)
7745cefd






















検閲などするべきではありませんでした
ice_screenshot_20180815-191725








真実を変えることなど出来ません
戦場で何が起きていたのか
一刻も早く
国民に伝えるべきだったのです

どの映像を公開し
何を国民の目に触れないよう隠すのか
正しい基準などあるわけがありません

たとえ それが軍にとって
好ましいものではないとしても
映像には価値があるはずです
それが歴史の真実なのですから
(グラント・ウルフキル元米海兵隊カメラマン)

ハリウッド映画は政府のプロパガンダ映画が核であり出発点です
中国や韓国・北朝鮮のプロパガンダの反日映像はアメリカの指導の下に作られています
こうしたプロパガンダは戦後更に加速します
ホロコースト・南京大虐殺などは20世紀最大の『でっち上げ事件』として
偽ユダヤアメリカがプロデュースしたものです

ザ・レイプ・オブ・南京(南京大虐殺)もアンネの日記も偽書であることが判明しています
62dfe033
American-flag-military-industrial-complex-compressed
42346ff8






アメリカやイギリスは戦争が大好きな国民です
戦争は軍需産業であるという概念をもっています
だから金の為にはなんでもやるのです
自国民だろうと他国民だろうとボーダーレスで人を殺します
湾岸戦争や真珠湾などのように言い掛かりをねつ造してまで相手を戦争に引きずり込みます

ヤクザと同じ・・・これがアシュケナジー系ユダヤ人という偽ユダヤの常套手段です
アシュケナジー系ユダヤ人はもとはアトランティス大陸の白人種ですが
同じ白人種のムー大陸のアーリア人とは全く違うDNAです

その他のでっち上げ事件・戦争の詳細は下記をご覧ください
15ba9e27









カテゴリ: ▣ 国防・戦争・政治
カテゴリ: ▣ 洗脳・偽ユダヤ : アシュケナジー系ユダヤ

                          ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

液晶 テレビ 4K 55型 55V型 IRIE(アイリー) 録画機能付き 外付け...
価格:68200円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【期間限定 5000円OFF クーポン対象商品】 55V型 4K対応...
価格:69800円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)