UFO研究家『矢追純一は正しかった』
矢追純一。この名前にピンと来た人もいるだろう。
かつて、お茶の間を席巻したUFOブームの火付け役である。
先ごろ、米紙ニューヨーク・タイムズが米国防総省によるUFO調査の事実を報じ
にわかに彼のこれまでの研究を見直す人が増えているという。
ice_screenshot_20180813-065929










矢追純一が40年追い続けたUFO極秘文書のすべて
米国防総省が2007年から5年間にわたって、「UFOの調査をしていた」と報じられたことが
話題になっているようだ。だが、今さらの感がぬぐえない。
米国の公的機関がUFOを調査していることは、とうの昔に明らかにされているからだ。

1978年、米中央情報局(CIA)が市民団体に訴えられる事件が起こり、アメリカでは
大きな話題になった。
裁判は、「CIAがUFOに関する極秘文書を隠している」ことをつかんだ市民団体によって
起こされた。
被告のCIAは、当初「UFOの存在は認めていない」ので、「極秘文書などはない」と
主張していた。しかし、連邦裁判所は最終的に「CIA敗訴」の判決をくだしたのだ。
CIAは、しぶしぶながら「ない」といっていたはずのUFO極秘文書を935ページにわたって
提出した。
IMG_1304
















そこには、米軍の最重要軍事基地が次々にUFOに侵入され、手も足も出なかった事件が
軍の報告書として多数記録されていたのだ。
ミシガン州ワートスミスAFB(空軍基地)をはじめ、メイン州ローリング
モンタナ州マームストロムなど、何州にもわたって、空軍基地がUFOに上空侵犯された事件が
数多く報告されていた。

ニューメキシコ州カートランド空軍基地の司令官、エドワード少佐が空軍に提出した報告書によると
「1980年8月8日深夜、マンザノ兵器庫エリアを警備中のラス・カーティス警備兵が
兵器庫の裏に強い光を発見、近づいてみると大きな円盤状の物体が着陸していた。
応援を呼ぼうとしたが、なぜか無線が通じなかった。カーティス警備兵が、ショットガンを構えて
恐る恐る近づくと、物体は突然飛び上がり、アッという間に消え去ってしまった」とされている。

空軍の報告書にはさらにもう一つの文書が添付されていた。
 
「事件を詳しく調査するため、特別調査部のリチャード・ドウテイ少佐が、カ-ティス警備兵を
厳しく尋問した結果、事実であることが判明した。
ほかにも、同物体が上空を飛びまわるのを、3人以上の兵士が目撃していることがわかった。
カーティス警備兵および、ドウテイ少佐が宣誓供述書にサインして、事実を認証した…」ciaufoswork2














カートランド空軍基地は、全米でも最も重要な軍事基地の一つで、基地内には空軍兵器研究所や
核兵器研究所など、機密施設が散在している。
その重要機密基地が、UFOに着陸までされて、何ら防衛も攻撃もできなかった。
これは、アメリカの国家安全保障上、重大な問題であるはずだ。
だが、相手がテクノロジー的に、あまりにも優れているため、手の施しようがない
というのが現実なのだ。
しかも、これらの文書はすべて、軍の正式報告書で、ウソやでっち上げの余地はない。
この事件だけでも、米軍部がUFOの存在と脅威をハッキリと認識している証拠と言える。
さらに、CIAは、この裁判で「実は、まだ、57件の極秘文書を隠している。
が、公表すると、国家安全保障上、重大な問題が生じるので、差し控えたい…」と申し立てた。

実は、この裁判は「情報自由法」に基づいて起こされた。
情報自由法というのは、「政府は、市民からの要請があれば、どのような、秘密文書でも
公開しなくてはならない」という法律だった。
しかし「もし、文書の内容が国家安全保障上、重大な支障をもたらす場合は、その限りではない」
という免責条項がついていた。

CIAは、この条項に基づいて、非公開を主張したのだ。
裁判官は、当然、その文書に眼を通したうえで「公開しなくてもよい」という判決を下した。
とすると、そこに書かれていた内容とは、どんなものだったのだろうか。
UFOに関して、「公表すると、アメリカの国家が揺らぐようなこと」とはいったい何だろうか…。
ice_screenshot_20180813-070621










推測するしかないが、ロズウエルその他の地域で墜落したUFOが回収された後
現在どこに隠されているかと、その分析結果、乗っていた宇宙人の遺体の保管場所と鑑定結果
彼らがどこから来ているか、などに関する記述が考えられる。
言い換えると、軍部は、それらの情報を握っていながら、隠しているということなのだ。
このCIA裁判に触発されて、空軍、海軍、FBI(米連邦調査局)、DIA(国防情報部)
NSA(国家安全保障局)など、いろいろな機関からUFOに関する報告書が続々と公表されてきた。
 
その中の一つにFBIの極秘テレタイプがある。
FBI長官に宛てた、ワシントンのSAC(戦略空軍司令部)のガイ・ホッテル氏という
情報将校からの緊急電報で、1950年3月22日付けになっている。 

「現地調査をした、✖✖✖(名前が、墨で黒く塗り潰されている)によると、ニューメキシコ州に3機のUFOが墜落し、回収された。UFOは直径約50フィート(15メートル位)の金属製の円盤で、中央がドーム状に盛り上がっていた。内部には、それぞれ3体ずつの、人間に似た小さな生物の遺体があった。身長およそ3フィート(約90センチ)…キメの細かい金属繊維で出来た優美な服を着ていた。彼らは、テストパイロットが着るような、失神防止用のシートベルトのようなもので固定されていた。UFOが墜落した原因は不明だが、この地域の基地が一斉に、強力な軍用レーダーでUFOを追跡していたため、UFOの推進機関になんらかの故障が発生し、コントロールを失ったせいではないかと推測される。詳細は、後日…」
238d65d5







相手がFBI長官であること、差出人が戦略空軍司令部の情報将校であることなどを考えると
この内容が、単なるウワサ話やでっち上げなどである可能性は低い。
とすると、米軍部は少なくとも、3機のUFOと、9人の宇宙人の遺体を確保していて
どこかに隠していることになる。

また、在イラン米大使館付き武官のマッケンジー将軍から、米国防総省情報センター宛てに送られた
極秘テレックスも公開された。だが、これも興味深い。

「1976年9月20日未明、イランの首都テヘラン上空にUFOが出現。市民の通報により、現地空軍司令官も肉眼で確認、基地のレーダーでも捕捉された。直ちにF4ファントム戦闘機に緊急発進を指令、数分後、テヘランの西方75マイル上空でUFOを確認した旨、報告が入った。
パイロットによれば、UFOはボーイング707型給油機と同じくらいの巨大な円盤で強烈な光を発しているため細部は確認不能。半径25マイル以内に接近しようとするたびに、UFOは猛烈なスピードで遠ざかり、再び我々が接近するのを待って、また逃げるという不可解な行動をとっているとのこと。さらに、銃撃手がM9ミサイルの照準をUFOに合わせ、ロックしたところ、すべての電気系統が停電状態になり、ロックを外すと、元通りになるという奇怪な現象が起きているという。

 ある時UFOから小さな光体が飛び出し、急速に接近してきた。攻撃されたと感じた銃撃手は、慌ててミサイルの引き金を引いたが、その途端、再び、すべての電気系統がブラックアウトし、弾丸は発射されなかった。パイロットはパニック状態に陥り、とっさにネガテイヴGダイブ(緊急降下回避措置)をとり、衝突を免れた。機体が下を向き、ミサイルの銃口がUFOから逸れたとたん、電気系統は元通りに復活した。その後、小さな光体はUターンして、もとの巨大なUFOの中に戻ってしまった。F4ファントムの燃料切れが近づいたため、基地へ帰投しようとしたが、パイロットはUFOの強烈な光のため、一時的な失明状態になり、基地の滑走路が肉眼で確認できなかった。

そこで、司令部から、しばらく上空で旋回待機するよう指令が出された。UFOは、このF4ファントムを見守るように、すぐ後ろについて、無事着陸するまで、一緒に旋回飛行を続けた。この間、地上の将兵たちによって、肉眼でUFOが確認され、基地および、機上のレーダーによっても確認された」

非常に長いテレックスだが、UFOの動きと迎撃した戦闘機の乗組員たちの行動が詳細にわかる。
電文はさらに続く。
 
「UFOは、F4ファントムの着陸を見届けると、遠ざかりはじめた。ただちに、別のファントムが発進、追跡したところ、UFOから、再び小さな光体が飛び出し、今度は地上に向かって激突せんばかりのスピードで落下していった。だが、光体は、激闘する代わりにふわりと着陸し、半径1・5マイルに亘って強烈な光を放射した。パイロットは、さらに近づいて状況を確認しようとしたが、接近するたびに機上の全計器が異常を起こし、無線も交信不能になるため、危険を感じて、いったん基地へ帰投することにした。翌朝、その地点へ軍の調査隊がヘリコプターで向かった。その報告によると、現地付近の住民は、昨夜UFOらしい怪しい光と『ビービー』という不気味な音を耳にしたという。着陸地点にもっとも近いところには、一軒の小屋があり、一人の老人がいた。現場付近の放射能検査をしたところ…」

残念ながら、この後の電文が削除されてしまっている。
ここには、事件の様子が非常に詳細に述べられている。特にUFOの行動が非常に興味深い。

我々の最新鋭ジェット戦闘機を子供のように扱い、からかっているかと思えば、基地へ帰ろうとする
戦闘機をエスコートするかのように、ついてきて、無事を見守っている。
翌日のUFOの行動は謎だが、この後、なにが書かれていたのかも気になる。

僕は、この事件を分析したDIA(国防情報局)の情報分析担当官、ローランド・エヴァンス少佐に
インタビューしていた。

少佐は「このテレックスは第一級の、信頼がおけるUFOに関する極秘文書です。まず第一に、軍の最高官である、将軍からのものであること。次に基地の将兵たちが肉眼で確認し、基地と機上のレーダーが同時に確認していることです」と、言っている。

これらの公開された公文書には、トップシークレットなどの記述と、情報自由法にもとづいて
「✖✖✖の部署から公表された」と書かれた日付入りの印が押されている。
従って、密かに盗み出されたものでも、ニセものでもない。

このように、数多くの事実が、公文書によって明らかにされているにもかかわらず
今さら改めて、「UFOの調査をしている」と公表する意図はどこにあるのか。

これも推測の域を出ないが、トランプ大統領の政権でのゴタゴタを国外
つまり、宇宙のUFOに眼を外らすことでゴマかすという、よくある政治的手法なのか。
それとも何十億円もかかったという莫大な費用に対する言い訳の一環なのか、わからない。
(提供:iRONNA:矢追純一)

CSのヒストリーチャンネルで古代の宇宙人という番組があるが最近新シーズン11がスタートした
S1の頃に比べると内容が大変おもしろくなってきている
意外なことに日本の雑誌ムーからのソースや矢追純一のソースがネタ元になっていることも多かった
しかし彼ら(ムー:三神たける・矢追純一)の本命のネタ元はムーでお馴染みの
あのアメリカのリーク屋飛鳥昭雄ではなく
地球人でありながら高等生命体となった287:坂本廣志氏だった
19cb908bf19c5cd8








カテゴリ: 
UFO・AlienCraft・地球外生命体


                          ブログランキング・にほんブログ村へ