ro-ma
GHQによる「靖国神社」焼き払い計画
戦後に日本を占領したGHQは1945年、靖国神社を焼き払いドッグレース場を建設する計画を
立てていたが、賛否両論が巻き起こり収拾が付かなくなっていた。
そこでローマ教皇庁代表であり上智大学学長でもあったブルーノ・ビッテル神父とメリノール宣教会のパトリック・バーン神父に意見を求めることになった。
ビッテル神父は

いかなる国家も、その国家のために死んだ戦士に対して、敬意を払う権利と義務があると言える。
それは、戦勝国か、敗戦国かを問わず、平等の真理でなければならない


とし

靖国神社を焼却する事は、連合国軍の占領政策と相容れない犯罪行為である。

とまで言ったという。そして次の言葉で締め括った。

靖国神社が国家神道の中枢で、誤った国家主義の根源であるというなら、排すべきは
国家神道という制度であり、靖国神社ではない。我々は、信仰の自由が完全に認められ、神道・仏教
キリスト教・ユダヤ教など、いかなる宗教を信仰するものであろうと、国家のために死んだものは
すべて靖国神社にその霊をまつられるようにすることを、進言するものである

この進言により靖国神社は焼き払いを免れたという。
バーン神父もビッテル神父と同趣旨の進言をした。
さらに1951年ローマ教皇庁はあらためて1936年の「祖国に対する信者のつとめ」訓令を
再確認している。

◆【感動の物語】靖国神社の焼き払いを救ったブルーノ・ビッテル神父。
 

1975年には真言宗醍醐派品川寺僧侶仲田順和が教皇パウロ6世に東京裁判で戦犯となった英霊への
ミサを行うことを依頼すると、教皇はミサを約束する。
vms1








パウロ6世は1978年に死亡するが1980年5月21日、教皇ヨハネ・パウロ2世がパウロ6世の遺志を
引き継ぎ、A級戦犯・BC級戦犯として処刑された英霊たちへのミサがサン・ピエトロ大聖堂で行われ
1618柱の位牌が奉納された。

3

















◆【KSM】日本のABC級戦犯はサンピエトロ寺院に奉納されている。


構図がそっくりな「靖国」と「慰安婦」 
バチカンで行われていた日本人戦犯(英霊)のミサ
トニー・マラーノ(テキサス親父)氏の言葉
ハ~イ!日本のみなさん! 俺は先日、ある目的を持って、カトリック教会の総本山
サン・ピエトロ大聖堂がある、バチカン市国を訪問した。
国連欧州本部があるスイス・ジュネーブで、国連人権委員会の調査をした後、友人たちと訪ねたんだ。
俺の祖父母4人は、イタリアから米国に渡った移民だ。
つまり、生まれて初めて、自分のルーツである国に行ったわけだ。
俺はローマ・カトリック教徒なので、壮大な大聖堂を見たときはとても感動した。

バチカン訪問の目的だが、日本の友人から
「第2次世界大戦のA級戦犯14人が、東京・九段の靖国神社に合祀された後、東京のお寺の僧侶が、当時のローマ法王にお願いして、サン・ピエトロ大聖堂で日本人戦犯のためのミサを行った」
という話を聞いたからだ。
これが事実かどうかを確かめに行ったんだ。

靖国神社については、安倍晋三首相をはじめ、日本の歴代首相や閣僚らが参拝するたびに
中国や韓国が「戦争犯罪人が祀られている神社へ行くなんてとんでもない」と批判している。
バチカンが戦犯のためのミサを行ったとすれば、中韓はローマ法王庁も批判しないと
一貫性がないよな。
さて、バチカンでの調査だが、残念ながらサン・ピエトロ大聖堂では確認できなかった。
大聖堂に到着したとき、約2キロもの行列ができていて、時間的に中に入って調べることが
できなかったんだ。
代わりに、俺の所属するテキサスのカトリック教会の神父さんを通じて事実関係を確認してもらった。

するとローマ法王庁から
「1980年に(日本人戦犯のための)ミサが行われたことは事実である」
という返事がきた。

俺は2011年の初来日以来、日本に行くたびに靖国神社を参拝している。
これは、国のために尊い命を捧げた人々の魂や精神に敬意を払うためだ。
文化的に進んだ国や国民にとっては当然のことだ。

靖国神社へのA級戦犯合祀は、朝日新聞が79年4月に報道して、一般的に知られた。
その後、日本の首相3人が何度も参拝したが、中国も韓国も一切問題にしなかった。
中国や韓国が騒ぎ出したのは、朝日新聞が85年8月15日、当時の中曽根康弘首相の公式参拝を
批判してからだ。慰安婦問題の構図とソックリだな。
(提供:トニー・マラーノ)

独立を忘れた国・日本
アメリカ人ビル・トッテンの言葉
大東亜戦争によってアジアのみならず、アフリカ諸国までようやく独立した。
世界史の大転換であり、いくら評価しても、し過ぎることはない。
その中でまだ独立していない国が一つだけ残っている。
その未独立の国は、外国製の憲法を今も有難がっている。
隣国から教科書の書き直しを要求されたら、オタオタしながら従っている。
日本人にとって最も神聖な靖国神社だが、首相が参るべきかどうかをめぐって内輪喧嘩をしている。
第一、国家の総力を挙げて戦った自国の戦争に『侵略』のラベルを貼り、それを首相談話に盛り込み
教科書にまで書き連ねている。こんな国が世界のどこにあるか。
愛すべきミスター・ニッポンよ。
サッカーの時だけ『ニッポン、ニッポン』と言わずに、歴史認識や国家観の中
ニッポンを盛り込まなければ、独立国とは言えない。

とはいうものの日本の独立を奪ったのは、アメリカである。
東京裁判といい、憲法の押し付けといい、まずアメリカから謝罪すべきではないか。
一つだけ例を挙げよう。東京都品川区に品川(ほんせん)寺という真言宗のお寺がある。
そこの仲田順和住職が、ローマ法王に会ったことがある。
『東京裁判をどう思うか』と聞いてみた。

連合国が自分のした事を棚に上げて、日本だけを裁いたのが、東京裁判である。
私は恥かしいことだと思っている。
処刑された人々を慰霊したい。

と述べた。
住職は法王の願いに応えて1980年、ABC級戦犯といわれる千六十八柱の位牌を
別製の五重塔に詰め、ローマまで持参し五月二十一日、法王拝謁の大集会の時に
法王は荘厳なる鎮魂のミサを捧げた。
o0259019412365603526






このことはイタリアの新聞に写真入で報じられている。
ローマ・カトリックは歴史も古く、信者も十億を超えている。
不当な裁判で処刑された日本軍人に鎮魂のミサを捧げたのである。
それに対してアメリカは直接手をくだした下手人である。
IMG_20180316_134000
カトリックの総本山であるバチカンが、昭和殉難者の慰霊をしているのなら、日本のカトリック信者が、首相の靖国神社参拝を違法と言うのは法王に逆らっているのではないか。
また、中国はバチカンと友好を結ぼうとしているが、支那も首相の靖国神社参拝に反対するのは
矛盾するではないか。元々中国は、日本のマスコミが騒ぐから利用しているだけに過ぎない。

しかもA級戦犯などというものは存在すらしなかった
7392784a








実際は60万人以上のユダヤ人を殺したのはアメリカとロシアだった
そして偽造ホロコースト事件をドイツになすりつけた連合軍
同じ手口で日本にも数々の濡れ衣を着せた

米英の偽ユダヤが朝鮮人や中国人に入れ知恵をしでっち上げさせた
偽造慰安婦問題偽造南京大虐殺事件で莫大な税金が強奪されまくってきたんだから

やらせの東京裁判ショーで処刑されたご英霊の遺族には
一人当たりウン億円の慰謝料が払われるべきだ

a1fa4d1a








カテゴリ: 
▣ 国防・戦争・政治
カテゴリ: ▣ 洗脳・偽ユダヤ : アシュケナジー系ユダヤ

                          ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【30%ポイントバック_6/5 10:00〜6/6 09:59】送料無料!吉野家...
価格:11988円(税込、送料無料) (2018/6/2時点)