寒冷化

ロシアのヤクーツクで最低気温が
「氷点下 62℃」にまで下がるという寒波を記録

氷点下62℃の温度計の前で記念撮影するヤクーツクの住民
yakutia-minus-62yakutsk-map02c





























ロシアのヤクーツク地方を中心にも1月14日、強烈な寒波に見舞われ
中でもオイミャコンという場所では氷点下 62℃まで気温が下がり、記録的な寒さとなりました。
yo-62-b1







ヤクーツクは、もともと「地球で最も気温が下がる場所」のひとつで、冬は大変に寒いのですが
しかし、この冬の気温の下がり方は記録的でした。
昨年 11月は -50℃を超えたことがニュースになったばかりでした。

2017年11月22日 -50℃を表示するヤクーツクの気温表示計
minus-55-2017b

















年明けからはさらに気温が低い日が続き、ついに今回、-60℃超えということになってきました。
minus-62-g2






























シベリア全体を見ましても、気温は非常に低く、1月14日の最低気温は下のようになっています。

2018年1月14日のシベリア各地の最低気温
wm-ru









世界各地で急激に進む寒冷化現象
-50℃といえば人の住まない北極レベルの気温だったはず
南極では-100℃近くにもなっていた・・・
(提供:地球の記録)

次回は深呼吸などしたら即死に繋がる南極編をUPします
寒冷化が止まらない地球 1 ※南アフリカで150年ぶりの雪








カテゴリ: 
地球・ガイア・異変・自然

                          ブログランキング・にほんブログ村へ