summer-snow-2018german

8月26日のポーランドの報道より
summer-snow-2018german

この夏のヨーロッパが非常に広範囲にわたって記録的な熱波に見舞われていたことには
何度かふれてきました。
特に、スペインやドイツやスペインなどでは、観測史上最高気温を次々と更新していまして
それは基本的には現在も続いています。
ところが、そんな中、ドイツとオーストリアの国境にあるザルツブルクという町と
その周辺で 8月26日、「大雪」が降りました。
積雪 40センチメートルを超えたそうですので大雪といってよろしいかと思います。
なお、これは雹(ひょう)ではなく、ちゃんとした雪です。

8月26日のザルツブルグの様子
salzburg-snow-0826snow-0826b



















ザルツブルグの場所
salzburg-map2018このザルツブルグというのは比較的高地ですので、それほど気温が高い場所ではないでしょうが
報道によりますと、雪が降ったこの日は、前日から「 15℃」も気温が下がり
日中の気温が 2℃程度にまで下がったのだそうです。
その後の気温も 8℃程度ということで、夏の気温とは思えないものになっているようです。
そういえば、この 8月26日は、アメリカのモンタナ州とワイオミング州でも「雪が降った」ことが
報じられていました。

アメリカとカナダに「8月の雪の警報」が出されたことを報じるメディア
noaa-snow-8









どこまでもカオス化していく気候ですが、この分では、秋から予測もつかない気温や気象
あるいはそれに伴う現象に見舞われることも多くなりそうです。
(提供:地球の記録)


テレビや新聞しか見ない人には信じられないかもしれない晴天の霹靂だが真実は深刻だ
温暖化は今では温暖化詐欺というのが正しい
9e1440c1








カテゴリ: 地球・ガイア・異変・自然

                          ブログランキング・にほんブログ村へ