障害者

「怪しい」「偽善」と呼ばれる特番 24時間テレビ 
「あんな偽善番組は大っ嫌いだ」
今年も8月25日に放送された毎年恒例の日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う』。
なんと今年で41回目という夏の風物詩でもあるが「まだやってるの?」という声が多いのも事実。
そして、この時期いつも盛り上がるのが、チャリティーをうたっている番組の出演者たちにギャラが支払われるのか、という論争だ。

「結論から言いますと、確実にギャラが支払われます。この番組は募金を集めるために人気タレントの出演が必須です。出演するタレントは、それらの広告塔となっているわけですから、その対価を受け取るのは当然ですよね。もちろんそれは募金から出ている訳ではないですけど」(番組関係者)
fb_24h

一部報道によると、例えばメインパーソナリティーを務めた嵐やTOKIOなどのジャニーズ勢の
ギャラは推定5000万円とも言われている。
あくまで局から事務所へ支払われる額だが、物凄い金額になる。

「嵐クラスになると、この金額はけして美味しい額ではないですよ。実際に放送前夜から局周辺のホテルに陣取り、土曜の昼から宣伝のために番組をハシゴし、結局30時間以上は稼動しないといけませんし、何といっても事前のロケや企画参加などの活動日数を考えたら、通常のゴールデンの番組よりも半額以下の計算となりますからね」(事務所関係者)

歴史と伝統のある、局を代表する番組ではあるが、そもそもこのような企画自体が
日本テレビの「金儲けの悪巧み」と揶揄する声も多い。

「チャリティーで、短期間で募金を集めるのが大目的の番組ですが、やはりイメージが良いため、日本を代表する名だたるスポンサーが沢山付きます。当然、日テレ側にはこの番組だけで莫大な広告料収入があります。24時間のうちの半分はCMが流れてるんじゃないの? なんて声があがるほど。それなのに、タレントに支払われる額もチャリティをタテにして、メインMC陣も普段のギャラよりは分が悪く、そしてその他大勢のひな壇タレント達はディスカウント料金的な扱いで格安で出演している人が多いですよ。障害者などの出演者は、必要経費分しか支払われず、実質ノーギャラが多いようですが」(芸能記者)

しかし、この番組によって何億という金額を募金しているのも事実ではあるので、すべてを批判する
ことは出来ないが、結局、テレビ局がイメージの良いチャリティーを金儲けの手段として利用しているだけではないのだろうか。

この番組にはビック3(たけし、タモリ、さんま)は出ないことで知られているが
ビートたけしがかつて自身のレギュラー番組オールナイトニッポンで放った言葉を紹介したい。
「あんな偽善番組は大っ嫌いだ。誰がなんと言おうと俺は絶対出ないから」
まさに、そういうことなのだろう。
(提供:覚醒ナックルズ)

◆放送禁止!24時間テレビの真実を【暴露】百田尚樹・居島一平【日本政治CH】


「吐き気がしそう」 百田尚樹氏が「24時間テレビ」を批判する理由 
「“絵になる障碍者を探せ”でいいのか」 
日本テレビの夏の恒例行事は「24時間テレビ」。
放送の度に賛否両論が沸き起こるのもまたすでに恒例となっている。
今年は史上最も過酷なミッション(遠泳+自転車+マラソン)を与えられた芸人のみやぞんが
見事それをクリアしたのだが、そのことに対しても「そもそも何の意味が?」というツッコミ
疑問がネット上を中心に提起されていた。 

ベストセラー作家の百田尚樹氏もまた、同番組に対して厳しい見方を示す一人だ。
百田氏はツイッター上で次のようにコメントを寄せている(8月26日)。 

「24時間テレビ、今年もやってるのか。  莫大なギャラを貰ったタレントが、子供たちに一生懸命にためたお小遣いを持って来させるクソ番組。この日はテレビ局も大儲け。 誰が見るねん、こんな番組!と思ってたら、ようけ見てるんや、これが。感覚がおかしいのは私の方なのか……24時間テレビの障碍者ドキュメンタリーを担当する某テレビ局の企画内容を聞いたことで吐き気がしそうになったことがある。プロデューサーの『絵になる障碍者を探してこい』という指令でブレーンが障碍者を探すところから始まる。『絵になる』とは映像的に効果があるという意味のテレビ業界用語」 

何とも辛辣だが、実はこの一件について百田氏は、著書『大放言』の中で、さらに詳しく論じている。以下、『大放言』の中の「チャリティー番組は誰のため?」から、一部を抜粋して引用してみよう。 

*** 

絵になる障碍者 
私が一番嫌なのが、系列局が作った「障碍者ドキュメンタリー」が挿入されるところだ。
私もテレビ業界の端くれにいる人間なので、そのドキュメンタリーの制作の内側をある程度
知っている。 
まずリサーチャーが集められ、プロデューサーから「ドキュメンタリーになりそうな障碍者を
探してこい」と命じられる。リ
サーチャーたちが方々駆けずり回り、「障碍を持ちながら、頑張って何かに取り組んでいる人たち」
を見つけてきて、会議に出す。
プロデューサーやディレクターや構成作家たちがそのリストを見ながら、撮影対象者を選ぶ(中略) 

ここからはあまり詳しくは書けないので、読者に推し量ってもらいたいのだが、要するに映像を見て
すぐにどんな障碍を持っているかがわかるのがベストということだ。
あと、軽い障碍よりも重い障碍(ただしあまりに重いと深刻すぎてだめ)、大人よりもこども
男性よりも女性のほうが「絵になりやすい」と考えられている。
そこに周辺の家族のドラマがあればよりいい。
そして障碍者が取り組んでいるものは、ただの日常生活ではだめ、できればスポーツや音楽や
芸術関係が望ましい。
他にもいくつかポイントがあるが、皆で意見を出し合って、最終的にはプロデューサーと
ディレクターが「絵になる」障碍者を選ぶというわけだ。 

本来、ドキュメンタリーとは「『ハンデを背負って生きている障碍者』の存在を知った番組関係者が、彼あるいは彼女が懸命に頑張っている姿に感動して、その生き様を多くの人に知ってもらいたいため」に作るというのが形のはずだ。しかし某番組はそうではない。
「チャリティー番組」として放送するために障碍者を探すという本末転倒な作り方をしているのだ。
そのためにリサーチャーに何人もの候補者を探させ、それを「絵になる」という基準で取捨選択する
という姿勢は、私にはとても受け入れられない。 

その番組は全国の系列テレビ局の多くが制作に参加する。
ここだけの話、構成作家のギャラも通常よりはかなりいい。
実は私も過去に系列局から何度か声をかけられたが、すべて断ってきた。
チャリティー番組をやるなら構成作家はギャラを受け取ってはならないと思っていたからだ。
「もらったギャラを寄付すればよかったのでは?」と言われればそうなのだが
そこまでしてやりたい仕事ではなかった。 

続きはこちら↓ 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180830-00547886-shincho-soci
(提供:デイリー新潮:
百田尚樹)

日曜日に温泉に行きサウナに入ったところ中のテレビでコレをやっていた
子供の頃夏休み中に見ただけだったので久しぶりだった
興味がなかったから見たくなかったもののチャンネルが変えられないので
仕方なく音声だけ聞いていけれどマラソンの中継と地方CMの時間がやけに多かった気がした
そう言えば毎年地元のテレビ局の営業マンが広告掲載の依頼に来ていたっけ・・・
何て言って断ったんだろか・・・
出演者がギャラもらってるから・・・とは言わなかったハズ
だって知らなかったからねぇ
でも仕事だからノーギャラでなくてもいいとは思う
番組制作もタダじゃないからなぁ
でも番組の性質からしてまるっと懐に入れちまうのはどーだろか
局の利益の半分とか出演者もギャラを半分でも寄付でもしたら局のイメージアップは凄いことになるし
番組も批難も浴びず盛り上がる気もする
あと言いたいのは一般の視聴者から募金集めるのはやめて欲しい
子供が募金する姿は痛くていただけない
24時間テレビは偽善番組








どっちにしてもEarthChecKingは24時間テレビはこれからも見ない
朝鮮人タレントだらけの地上波テレビはホンマ吐き気がする
ついでに書くと
ユニセフとワールドビジョンに寄付した金は偽ユダヤや朝鮮・中国の戦費になりますからご注意アレ

カテゴリ: ドキュメンタリー・教養・映画・TV

カテゴリ: 裏の世界・報道されないニュース
                          ブログランキング・にほんブログ村へ