ホタルノヒカリ







1.はじまり
明治10年代初頭、日本で小学唱歌集を編纂するとき、稲垣千頴が作詞した歌詞が採用され
「蛍の光」となった。
1881年(明治14年)に尋常小学校の唱歌として小学唱歌集初編(小學唱歌集初編)に載せられた。

2.歌詞
以下の歌詞は、小学唱歌集初編(明治14年11月24日付)に掲載された時のものである。
      よみ                   歌詞
1番

ほたるのひかり、まどのゆき、     螢の光、窓の雪

ふみよむつきひ、かさねつつ、     書読む月日、重ねつゝ、

いつしかとしも、すぎのとを、      何時しか年も、すぎの戸を、

あけてぞけさは、わかれゆく。      開けてぞ今朝は、別れ行く

2番

とまるもゆくも、かぎりとて、       止まるも行くも、限りとて、

たがいにおもふ、ちよろづの、     互いに思ふ、千萬の、

こころのはしを、ひとことに、       心の端を、一言に、

さきくとばかり、うとうなり       幸くと許り、歌うなり


3番

つくしのきわみ、みちのおく、      筑紫の極み、陸の奥、

うみやまとほく、へだつとも、      海山遠く、隔つとも、

そのまごころは、へだてなく、      その眞心は、隔て無く、

ひとつにつくせ、くにのため       一つに尽くせ、國の為


4番

ちしまのおくも、おきなはも、      千島の奥も、沖繩も、

やしまのうちの、まもりなり       八洲の内の、護りなり、

いたらんくにに、いさをしく、       至らん國に、勲しく、

つとめよわがせ、つつがなく       努めよ我が背、恙無く
f49634cc0e1b87a1f361208d0feff441_m



3.1番
歌詞の冒頭「蛍の光 窓の雪」とは、「蛍雪の功」と言われる、一途に学問に励む事を褒め称える
中国の故事が由来である。
“東晋の時代の車胤は、家が貧乏で灯す油が買えなかったために蛍の光で勉強していた。
同様に、同じ頃の孫康は、夜には窓の外に積もった雪に反射する月の光で勉強していた。
そして、この2人はその重ねた学問により、長じて朝廷の高官に出世している。”
4.経緯
現在、『蛍の光』は2番までしか歌われないことがほとんどだが、紹介した歌詞のとおり
本来は4番まである。
3番と4番は、遠く離れ離れになっても、それがたとえ辺境の地であろうとも、国のために
心をひとつにして元気にそれぞれの役割を果たそう、というような内容であった。
戦後はこの国家主義的(軍国主義、滅私奉公)とも取れる歌詞が敬遠され
また日本固有の領土である千島や沖縄が他国の占領下に置かれたという事情もあり
教育現場への指導などによって歌われなくなっていったと言われている。
img_0
なお、「至らん國に」の部分は様々な解釈が可能であり、日本の主権や正義が
「至らぬ国(=敵国、蛮国)」、自身が「至らむ国(派遣される場所)」
「(いざ)至らん、国(故郷)に」など幾通りかの見解が存在する。

5.改変
3番は出版前の1881年(明治14年)の段階では

   つくしのきはみ みちのおく

   わかるゝみちは かはるとも

   かはらぬこころ ゆきかよひ

   ひとつにつくせ くにのため


という歌詞だった。
これを文部省でチェックしたところ、普通学務局長の辻新次から
「かはらぬこころ ゆきかよひ」という部分が、男女の間で交わす言葉だというクレームが
ついたために、翌年まで刊行が延びた。
奥付は1881年(明治14年)11月であるが、実際に刊行されたのは1882年(明治15年)
4月のことである。

4番の歌詞は、領土拡張等により文部省の手によって何度か改変されている。
千島の奥も 沖縄も 八洲の外の 守りなり(明治初期の案) 
千島の奥も 沖縄も 八洲の内の 守りなり(千島樺太交換条約・琉球処分による領土確定を受けて) 
千島の奥も 台湾も 八洲の内の 守りなり(日清戦争による台湾割譲) 
台湾の果ても 樺太も 八洲の内の 守りなり(日露戦争後)
hotarunohikari2

6.願い
このように、明治天皇が掲げた「八紘一宇」の理念を正面から受けた素晴らしい歌が
社会情勢やイデオロギーによって改変されてきたことは悲しい限りである。
昨今の近隣諸国との関係を鑑み、多くの人が4番までの歌詞を理解し、先人の思いや
その功績に感謝するようになることを願うばかりである。
先人がいて、私たちがいる。
将来の国民にとっては、私たちも先人の一員となる。
イギリスの歴史学者:トインビーは言っている。

「自国の歴史を忘れた民族は滅びる」

戦後、GHQは日本に対して歴史と修身(道徳)の教育を禁止した。
その理由は、トインビー言葉からも明らかである。

今こそ、自国の歴史を取り戻す必要がある。
(提供:らしんばん名人のブログ)

◆【KSM】日本人が知らない「蛍の光」三番と四番の歌詞 消されたものには意味がある 2017 Ver 

カテゴリ: 日本・日本史・侍・大和魂・大和撫子
カテゴリ: 日本史上の歴史人物

                         ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【予約販売 9月下旬発送】Suaoki ポータブル電源 S270 防災グッズ 4...
価格:12880円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマハ 発電機 EF900iS ( ヤマハ EF900iS 発電機 インバーター...
価格:79000円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)