神の国 信州(神州)の鉄壁神話崩れる台風に縁のない山梨県ですが長野は更に台風には縁がない県です
そんな長野(信濃・信州)のお話です

長野県の台風に対する防御力が鉄壁すぎると話題
長野県だけ台風の影響を受けていない…!?
長野県を守る3つの山脈 ── 飛驒山脈、木曽山脈、赤石山脈。
ice_screenshot_20180930-233933




台風のエネルギー源は水蒸気ですから、海上では常に供給されますが、陸地では得られません。
また、陸地との摩擦も台風を衰弱させます。特に高い山脈は台風の構造自体を破壊します。
長野県は、海から直接に風がこないということ、また山に囲まれているので途中
風が山でさえぎられるということ。

10年に一度の最強台風” と言われた2013年の台風26号
10年に一度の最強台風 と言われた2013年の台風26号でも、長野県には警報・注意報発令なし。
ice_screenshot_20180930-234040























2014年も
警報・注意報発令なし。BzzR2YjCIAAodef

信州は神の州
実は信州とはほんとは神州と書いたという説がある。
信州一味噌をご存知ですか?これ「神州一味噌」と書きます。
ダウンロード






神州とは実は日本のこと。その中心が信州ということなのでしょう。
太平洋戦争当時、敗戦間近のこの日本において、日本の最後の大本営をこの信州は松代にある
「皆神山」と定め、押し寄せるアメリカ軍に本土決戦を挑もうとした日本軍。36
Minakamiyama_1
そして日本の政府がこの地を決戦の地と定めたのも、実は偶然ではないようだ。

松代大本営跡
(まつしろだいほんえいあと)
太平洋戦争末期、日本の政府中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現長野市松代地区)
などの山中(象山、舞鶴山、皆神山の3箇所)に掘られた地下坑道跡である。
12


このうち現在、象山地下壕(ぞうざんちかごう)が一般公開されている(詳細は後述)。

こんな信州には多くの力のある神々の住む社が点在する。
諏訪湖の周辺もその一つ。
有名な神社は諏訪大社で、諏訪大社は一つの社ではない。
db6ec5de
上社、下社に分かれ、さらに本宮、前宮、秋宮と春宮に分かれている。
1698c9c9








7年に一度御柱と呼ばれる「モミ」の神柱が4本建てられる。
したがって四社では実に16本もの御柱が立てられことになる。

御柱ははるか遠くの山から切り出され、人力で山から引きずりおろされる。
時には人の命が奪われるほど激しい祭りとなる。

祭神は出雲の神「建御名方神(たけみなかたのかみ)」と呼ばれている。
この神は大国主の子で最後まで国譲りに反対しこの諏訪湖まで逃げ延びてきた。
image-14









諏訪大社はモーセの神殿である
DJcCAUmV4AAiY6t








そんな神州の歌をどうぞ

◆信濃の国合唱 歌詞と解説付き


台風24号では長野県も免れませんでしたが最近の台風は日本列島を中国・朝鮮からくる
放射能汚染から守る為オルゴンエネルギーで進路を操作していますので
一概に神話が崩れたとも言い切れません

今週末にも再び大型で強い台風25号が前回と似たルートを通って日本列島に接近するとの
予報が出ていますのでご注意ください