dbe15fc5


















都市伝説カテゴリーではずせないテーマ
それは誰でも一度は耳にした事がある組織団体
世界最古にして最大秘密結社フリーメイソンです
この組織について語ることはタブーでもなく都市伝説でもありません
地球人類の歴史を語る上で知らないでは通らない私達の確たる歴史の1ページ
いいえ人類史の核なのです
残念ながら茶化されたり大袈裟に取り上げられることが多いテーマなので
規制下にあるTV等のメディアから正しい知識を得る機会は多くはありません
そんな謎めいた組織フリーメイソンの歴史をたどってみましょう
 

フリーメイソンとはどんな組織なのか?

Freemason = 自由な石工
源流はイギリスで生まれた石工職人の団体と言われていて現在では会員の親睦を深める
友愛団体として発展していると伝えられています
秘密結社という性質上その活動内容は不明確で謎のベールに包まれており
常に憶測や陰謀論がつきまとうようです

しかし厳密に言えばフリーメイソンは表向きで実は裏には
フリーメイソンの名を借りた別の組織が暗躍していました
どうやらフリーメイソンは悪の組織に乗っ取られたようです
歴史を遡ると海外ではアメリカ建国・フランス革命・ケネディ暗殺・9.11同時多発テロ事件など
日本では薩長同盟・江戸無血開城など大きな事件から革命に至るまで
様々な事にフリーメイソンが関わっていました
フリーメイソンの会員は世界に300万人ともいわれアメリカ初代大統領のジョージ・ワシントン
マッカーサー元帥・ハワイのカメハメハ大王など世界の重要人物たちが
フリーメイソンのメンバーだと公表されています
screen-shot-2015-01-18-at-10-33-46-pm1





















フリーメイソンは友愛団体と伝えられる表の顔の裏側に人類史に関わる
膨大な歴史への関与が存在しています

この秘密結社を紐解いていく上で欠くことのできない話があります
それは悪魔(ルシフェル・サタン)の存在です

bfc7cf6dルシフェル(悪魔・サタン)は神の霊の子であり
かつては神の前で権威を持っていた天使でした
しかしルシフェルは前世で天の父に背き天の父の霊の子供の1/3を説きつけ背かせました
その後ヤハウェ2/3の子供とルシフェル率いる1/3の子供の戦いが繰り広げられ最終的にルシフェルらは前世の天から追い出され地に落ちました
肉体を受けて現世の生活を体験する機会を与えられず
やがては罰の定めを受けます
ルシフェルと彼に従った1/3の霊悪霊となり天から投げ落とされてから絶えず全ての人を欺き神の業から遠ざけ自分と同じように惨めにしようとしています 
ルシフェルの呼び名になったサタンとはヘブル語
敵対する者という意味です

※天照大御神により高天原を追われた素戔男尊
 

 




サタンに従う秘密結社  

この世の頭は悪魔であり利己心からの弱肉強食であり国家間においても
強い国が弱い国を大衆には分からないように操作支配します
この世の国力軍事力経済力です
この世の強者が弱者を支配するのは当然だという思想がアメリカの民主主義を侵食し
富を持たない人は失望し不公平だと感じるようになりますが強者はお構いなしです
資本主義の国家とは弱肉強食が極端になり現代は0,01%の特権階級支配者である
超大金持ちとそのほかの奴隷という構図になっています
奴隷の中にも貧富の差をつけることで奴隷の中の強者たちは奴隷になっていることに
気づかない
ようになっていますdebt-slaves
























 

 
戦争・政府・法律

アメリカにとって戦争は公共事業であり絶えず戦争をしないと国家財政が破綻します
日本人の多くは連邦準備制度(FRB)をアメリカ政府の機関だと思っていますが
ロックフェラーの所有でありロックフェラーは好きなだけお金を作れるということを意味しています
この世は汗を流して働く人々何もしなくてもお金が入ってくる人たちに分けられます
大富豪である人たちから見ると汗を流して働く人々は自分たちの経済軍事による支配力
いいなりにできるので逆らったら殺し人口が多すぎたら殺せば良いと考えています
奴隷や家畜と思っている大衆のことなど太らせて食べるだけであとはどうでも良いと思っています
大富豪たちの支配者は奴隷たちを自分たちが奴隷と気づかないようにします

貨幣の仕組みを理解している人はほとんどいないのが実状です
貨幣はかつては金・銀・銅などの金属でした
貨幣の量はどれだけ金(銀・銅)が発見されるかにかかっていました
 
そして交換価値の尺度となる重量や純度が一定の鋳貨(コイン)
権威と信用のある国王(政府)が造る権利を持っていました
貨幣発行権とは誰にどれだけ貨幣を分配するかを決めるとても大きな権利です
人々は取引きのときに対価に相当する鋳貨を支払っていました
当時のお金持ちは金貨を空き巣や強盗から守るために立派な金庫を持つ金細工師や両替商に
その貨幣を預けていました
 人々は金貨を使って取引きするより預り証を使って決済する方が便利で安全であることに気づき
その預り証が通貨(紙幣)の役割を持つことになります
こうして人々が紙幣で取引きし始めると金庫の中にある金貨は眠ったままになります
もし預金者全員が一度に金貨を引き出しにこなければ金貨を担保に
紙幣を発行しても良いのではないかと考えます
こうしてお金に困っている人に紙幣を貸し出し貸し出し料として
利子を受け取る近代式の銀行業が始まりました

このように貨幣の主流が銀行が発券する紙幣に変わっていくと
これまでのように国家がお金をコントロールができなくなりました 
紙幣をすることができる中央銀行は兌換(金との交換)銀行券(紙幣)の大量発行を行うことで
銀行家は膨大な利益を作ることになりました
保障となる金の手持ちが少なくても何倍もの紙幣が発行できるのです
ヨーロッパの国家は戦争時に軍事費のためなどに貨幣を必要としますが税収を上げられないとなると
銀行家から借りるしかなくなりました


富める者は貧しき者を治め 借りる者は貸す人の奴隷となる

こうして次々と国家に対して貸付けることによってロスチャイルド家
絶大な影響力を手に入れるようになったのです
初代ロスチャイルドマイアーアムシェルロートシルトフリーメイソンだったと思われます 
Mayer_Amschel_Rothschildフリーメイソンリーの中には儀式のとき以外でも
ハンド・サインをすることがありフリーメイソンたちの集合写真
でもそれぞれの階級を示すためにハンド・サインをしたりします
肖像画を描くときやポートレートなどの写真を撮影するときに
ハンド・サインをするメンバーもいてポピュラーなのは
右手を胸の部分の懐に入れるポーズです
マイアー・アムシェル・ロートシルトには
5人の娘と5人の息子がいました
この息子たちが成長しヨーロッパの主要な都市に
支店を開いていきます
1804年三男のネイサンがイギリスのロンドンへ行き
のちに金融王となります
1817年五男のジェームズがフランスのパリへ行き
鉄道王とよばれ鉄道を足がかりにフランスの産業を
支配していきます


1820年次男のザーロモンがオーストリアのウィーンへ
1821年には四男のカールがイタリアのナポリへ
そして長男のアムシェルはドイツのフランクフルト本店を継ぐことになります
この5人兄弟は伝書鳩や高速艇・専用の馬車を持っていて各国の情勢を手紙で情報交換していました
今の情報ネットワークを利用して投機で儲けるという国際金融ビジネスの原型を築いたのです
1814年イギリス東インド会社のインド貿易独占権が廃止になり後はロスチャイルド家が
利権を受け継ぎ植民地支配を続ける
ことになります
1815年ロスチャイルド家はイングランド銀行を支配下に置き
イギリスの通貨発行権管理権を手中に収めました
ロスチャイルドら国際金融資本家は国家に金を貸すと同時に通貨を発行する
債務から通貨を創造するという狡猾な仕組みを創り上げました

1815年ナポレオン率いるフランス軍とイギリスとオランダとプロイセンの連合軍の
ヨーロッパの覇権を賭けた戦いのワーテルローの戦いが起こります  
このときイギリスは国債を発行することによって戦費を調達していました
イギリスが負けることになればイギリスの国債は大暴落しまいます
ある日ネイサン・ロスチャイルドが急にイギリスの国債を売り始めました
それを見て投資家たちはイギリスが負けると思い込みイギリス国債を売り始め
最終的に大暴落しました
その裏でネイサンは秘密の代理人を使って大暴落したイギリス国債を買いまくっていたのです
のちにイギリス勝利の情報とともにイギリス国債は大暴騰しました
これにより多くの投資家とほぼ全ての名門の家系が破産したのに対し
ネイサンは当時としては天文学的な数字である約100万ポンドの利益を得て
当時の財産300万ドルをさらに2500倍の75億ドルに増やしたといわれています
のちに 

連合国はワーテルローの戦いに勝ったが実際に勝ったのはロスチャイルドだった

ということわざを残しました
このときを契機としてロスチャイルドのイングランド銀行支配が始まります
各国の大蔵大臣がロスチャイルド5人兄弟に買収され国の借金を作り公債を発行して
その2倍近い金額をロスチャイルド商会に支払いました
ヨーロッパ全王室がロスチャイルド家に金を借りにきたといわれています
ロスチャイルド商会の資産総額は1815年には333万フランでしたが
10年後の1825年には1億6500万フランにまで増えました 
 
初代マイヤー・アムシェル・ローシルトの妻であり国際銀行でヨーロッパを支配した
5人のロスチャイルド兄弟のであるグートレ・シュナッパーが言った言葉は
この後に非常に意味を持つ言葉となります

私の息子たちが望まなければ戦争が起きることはありません

1870年イタリアの統一によって教皇領を奪われたカトリック教会
それまで領地からの得ていた収入を絶たれ深刻な財政難に陥りました
この窮地に立ったバチカンに救いの手を差し伸べたのがロスチャイルドです
それ以降バチカンの資金運用はロスチャイルド人脈によってなされるようになりました

1877年に松方正義がフランス蔵相と会談し日本中央銀行設立を勧められます
このフランス蔵相の背後にはアルフォンス・ド・ロスチャイルドがいました
そして5年後の1882年に日本銀行が設立されました
(提供:末日聖徒イエス・キリスト教会)
illuminati-px200








                                           
ダイエット
道徳と民族を破壊する4人の洗脳者は誰だ?
ウクライナ危機で世界最終戦争を開始した勢力の裏シナリオ。
元ウクライナ大使、待望の衝撃作!
マスコミは真実を伝えない。
政治家は「その人々」にアクセスできない。
残酷な時代をサバイバルするカギは本書に!
まえがき 最後の希望の旅
第1章 ウクライナ危機は世界最終戦争の序曲
第2章 プーチン抹殺のシナリオ
第3章 ロシアを支配する者が世界を支配する
第4章 国際金融勢力対ロシアの200年戦争
第5章 道徳と民族を破壊する4人の洗脳者
第6章 ディアスポラ化する人類
終 章 歴史認識大戦争に備えよ

世界を操る支配者の正体
馬渕 睦夫
¥ 1,512プライム
ポイント:46 pt (3%)
残り14点。注文はお早めに。
こちらからもご購入いただけます
¥ 845中古 & 新品(23 出品)
 Kindle版
¥ 1,242
ポイント:12 pt (1%)
5つ星のうち 4.4 38
ダイエット