9f9a3ccb





一般的な語源・由来・意味

首切りの刑を行うために築いた土の壇
転じて物事が決定しようとする最後の瞬間・場面
決断をせまられる
最後の場面
進退きわまった状態

となっていますが今夜はネット上にも中々出てこない
歴史上の語源・由来を紹介したいと思います

土壇場 = ドタン場 = ドタンの地

ヤコブが最も愛したと言われる子供のヨセフは異母兄達から疎まれあわや殺されそうになり
その後エジプトに売られることになりました
その場所が
ドタン(Dothan)
聖書中に出来る都市ドタン今日テルドータン (テルドタン)とさます
サマリア丘陵カルメル山脈の盆地の平原ある位置しています
ヨセフ (Joseph)は旧約聖書創世記に登場するイスラエル人を大飢饉から救った人物
ユダヤ人の祖ヤコブの子で母はラケル
異母兄に
1-ルベン
2-シメオン
3-レビ (モーセ)
4-ユダ (ユダヤ)
5-イッサカル
6-ゼブルン
7-ダン
8-ナフタリ
9-ガド (ミガト=ミカド)
10-アシェル
弟に
11-ベニヤミン

そして本人の
12-ヨセフ

コレがかの有名なイスラエル12支族イスラエル12支族











余談ですが
天皇の尊称はスメラミコト (シュメールの王) ですが英語ではシュメールラテン語ではスメルといいます
また
ミカド・帝・御門 (天皇) という言葉もヘブライ語では
ミカド(帝)-ミガドル (高貴なお方)
ミコト(尊)-マクト  (王、王国)
更に
ミ (~から = from)
ガド (ユダヤの地名)
という意味でガドから来た者となります

623cb3b8300200







ということで土壇場ドタンという場所を指しヨセフが兄達に殺されそうになった後に売られた
という進退きわまった状態の意味で使われるようになったのです

※オマケ情報
そんなヨセフが兄達を呪ったということで
口 + 兄 = 呪
こんな由来があるそうです
                             ブログランキング・にほんブログ村へ