91095d8c

















謎の飛行物体を捉えた映像は、スペイン上空を飛ぶ旅客機の中から撮影されたものだという。
撮影者が窓から機体の真下に広がる雲海を撮影していたところ、画面左下から
まるでプランクトンのようにも見える楕円形の不思議な飛行物体が現れる。
撮影者は「嘘だろ!?」と驚嘆の声を上げ、すぐさま謎の物体を画面いっぱいに拡大して映し出す。
しかし時すでに遅く、プランクトン型UFOはものの20秒もしないうちに、撮影者が乗る旅客機からは
見えなくなってしまった。
今回撮影されたUFOに酷似した飛行物体は、つい先日メキシコでも撮影されている。



この動画が「YouTube」に公開されると、たった8日で90万回を超える再生回数を記録。
撮影者は「この映像は本物だ」と主張しているものの、編集された映像ではないかと
その信憑性を疑う者がいるのも事実だ。

昨年10月には、1,900ページにも及ぶ「UFOファイル」を公開したスペイン。
2f89d4a7d88401ab8d92e164150ddf9e















(http://tocana.jp/2017/04/post_12920_entry.html)

今回撮影されたUFOの謎が明かされる日も近いかもしれない……。
2d20cb212001f7876a3200200ad9236f2200200






 
                                          
ダイエット

1940年代以降の、代々のアメリカ大統領たちによる「UFOの取扱い」と「隠された歴史」を明らかにする! 目撃証言、インタビュー、機密文書等を駆使して、アメリカ大統領がUFO情報をいかに管理してきたかを詳しく分析する。ルーズベルト政権で開始し、第二次世界大戦、アイゼンハワー政権時代の発見、ケネディ暗殺とUFOとの関係ニクソン政権の事実認定等々、オバマにまで通じる大統領とUFOとの密接な関係を明かす。
アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたのか
 ルーズベルトからオバマまで秘密の歴史2015/9/8
ラリー・ホルコム、 安納令奈
単行本
¥ 1,944プライム
ポイント:59 pt (3%)
残り4点。注文はお早めに。
こちらからもご購入いただけます
¥ 1,105中古 & 新品(14 出品)
5つ星のうち 3.8
ダイエット