gas_mask-wallpaper-2560x1600


















低すぎる国民と政府の危機管理意識

北朝鮮による度重なるミサイル発射で、日本人の危機管理も目覚めてきたようだ。金日成生誕記念日の4月15日だけで、内閣官房の「国民保護ポータルサイト」へのアクセス数が、過去の月間最高を超える約46万件に上ったという。

こうした中、4月21日付の朝日新聞によると、内閣官房は同日、北朝鮮のミサイル飛来に備えて都道府県の担当者向け説明会を開き、避難等に関し住民への周知と訓練を呼びかけた。しかし、都道府県側の具体的な質問に対しては、歯切れが悪かったようだ。ミサイルが来るような状態で被災地救援に自衛隊が力を割けるのか、という突っ込んだ問いに対し、研究課題としたいと内閣官房幹部は答えたという。

また、14日付の同紙によると、安倍晋三首相はこれに先駆け、国会でミサイルにサリンが搭載される可能性に言及している。もし、サリンが使われれば、悲惨な被害が出ることはシリアの状況を見ても理解できる。日本では過去に、オウム真理教による地下鉄サリン事件を経験しているが、『日本はテロを阻止できるか?』(近代消防社)を執筆した私から見ると、いまだサリン対策も十分ではない。そこで今回は、サリンを題材に、日本の危機管理意識の低さと問題点を再考し、改善案を示したいと思う。
webw170425-nuclear-thumb-720xauto
















地下鉄サリンと同規模の攻撃にも対処できない

同著では「東京で再びサリン事件が起こったら、どうするか?」について書いているが、東京のようなかなりの大都市の消防本部でも、オウム真理教事件と類似した規模の事案に対処する準備もほぼできていない。
どういうことかというと、機材も不十分なうえ、制度も未成熟なのである。

たとえば、消防は基本的に市区町村に属する。市区町村が自衛隊に救援を要請するには、都道府県を通すのが建前である。まずそこでタイムラグが発生する。市区町村から都道府県に要請があったとしても、都道府県側がこれに対応・支援する訓練などを受けているとは考えられない。震災訓練などは行っているが、サリン攻撃に応用できるとは考えがたい。こうした状態では、オウム真理教の数十倍の規模のサリン攻撃をミサイルなどで仕掛けられた場合、目も当てられない事態になる可能性が高い

また、こうした訓練の計画などは内閣官房の役割であるが、内閣官房の人員は十分とはいえない。確かに月1回以上の頻度で危機管理訓練をしているものの、それは震災対策や尖閣諸島など領土紛争も含み、サリン対策等は各都道府県に対して数年に1度程度しか行っていない。訓練の経験者は次の訓練までに日本式人事で別部署に異動し、経験の蓄積なども期待できないのが現状だ。

そもそも日本政府がサリンの解毒剤の備蓄を始めたのはオウム事件から20年過ぎた2015年ごろからである。それまでは日本独特の「危機は頻繁には起こらないだろうから予算の無駄ではないか?」といった心理からか、ほとんど備蓄されていなかった。それが安全保障意識の高い安倍内閣が長期政権化してから、やっと1回は行われた。だが補正予算によるものが限界で継続的に備蓄されるかは期待できない。

仮に備蓄が十分でも、今の日本の法律では、医師以外の人が解毒剤を注射することは違法行為になる。被災地が広範にわたった場合、それぞれの地域に大量の医師を配置し、解毒剤の注射だけに専念させることは難しい。ミサイル着弾による負傷の手当に加えて、第2波攻撃や、地元の通常の事故や急病への対応も考えて医師を配置しなければならない。

間違った日本人の危機管理意識

地下鉄はどうか。東京メトロでは、地下鉄サリン事件以来、何度か各駅に駅員の人数分の防毒マスクを配布することを計画したが、実施できなかった。「駅員だけが生き残るつもりか!」といった批判を恐れたといわれている。これも極めて日本的な事例である。駅員が無事でなければ、どうやって被災した乗客を救助できるというのだろうか。

正直、これまでの日本人の危機管理意識はあまりに間違っていたと思う。その間違った危機管理意識を、今回の北朝鮮問題で改善するべきだ。それは、日本人の被害軽減のためにも極めて重要だろう。

そこで、まず何をすべきかというと、とりあえず政府や自治体の職員だけでも、できるだけ多くに防毒マスクを配布するべきだ。彼らが使う、密閉性の高いシェルターも必要だろう。内閣官房は「国民保護ポータルサイト」で地下街への避難を推奨しているが、毒ガスなどは地下に浸透する可能性もある。密閉性の高いシェルターの必要性は低くはないはずだ。

もちろん、全国民のために、それらを用意できれば理想である。しかし、そんな時間的、予算的な余裕があるのだろうか。政府や自治体の全職員のためのものを用意することでさえ簡単ではない。住民救命の直接の担当者から順次用意するしかないだろう。こうした提案には、抵抗があるかもしれない。しかし、繰り返すが、救命活動の担当者が無事でなければ、住民の救命もできないのである。

おカネに余裕がある個人は、自分や家族用に、簡易でも密閉性の高いシェルターや防毒マスクを購入してもいい。そのような人を「自分だけ助かろうとしているエゴイスト」と批判するのではなく、「危機発生時に近隣住民を助けるための準備を私費で行っている人」と称賛するくらいに、日本人の意識は変わる必要がある。その一家が助かれば近隣住民の救命活動も手助けできるのである。

サリン解毒剤についても同様だ。今は比較的簡単に使える自動注射器もある。その使用だけではなく、購入も今は、医師以外は違法である。専門家尊重の意識かもしれないが、何回かの講習を受ければ医師でなくても購入・使用できるようにしてはどうだろうか。緊急救命士などに注射の権限を与えることは急務である。

そのような救命隊や自衛隊、都道府県や市区町村の活動を調整するのは、特に有事では内閣官房の役割である。だが、前述のように人員が十分ではない。

内閣府との連携が必要だ

そこで私は前掲著作の中でも内閣府の活用を提言した。特に内閣府防災担当は、東日本大震災を契機に米国の緊急事態管理庁(FEMA)と協力協定を結んでいる。今は自然災害関係の情報をFEMAから得ているだけかもしれないが、ミサイルや毒ガスによる攻撃に対処する方法に関しても、FEMAは多くの情報を持っていると思われる。そもそも冷戦時代に核戦争対処機関だった経緯があり、9.11以降はテロ対策にも力を入れている。

そのFEMAの持つミサイルや毒ガスによる攻撃に対処するための知見や情報も内閣府防災担当はできるだけ早く入手するべきだろう。内閣府がほかの省庁が持っていない外国の重要な情報や知見を持っていれば、今まで不十分だった内閣府の他省庁への調整力も高まる。

最近は、似た業務を行う内閣府と内閣官房のポストを、同一人物が兼務するケースもある。優秀な人材が多い内閣官房との「一体化」も、平時における内閣府の調整力を高める。これまで挙げてきた諸問題が平時から少しでも解決されていれば、有事での内閣官房の調整力も高まるに違いない。

また、すでにある有事に一時的にほかの省庁から専門スタッフを派遣してもらう制度も、311では上手く機能したので、サリンやミサイル攻撃対処専門家も、予定者リストに拡充すべきだ。

ミサイルや毒ガスの攻撃に対する日本の準備はあまりにも不足しているが、改善の基盤がないわけではない。あとは国民の意識改革だろう。危機は必ず起こると考え、それに備える。助かる必要のある人が、優先的に助かるようにする。そのような国民の意識改革が起これば、この北朝鮮危機も乗り切れるかもしれない。時間が間に合えばだが……。
(提供:東洋経済)

益々緊張が高まってきている北朝鮮ミサイル危機
EarthChecKingは3.11の後から備蓄は欠かさないがみなさんはどうだろう?
火山噴火を見越して防塵マスクは備蓄があるけれど防毒マスクはさすがに持ってはいない
ということで政府に頼れない今
とにかく防毒マスクだけでも購入しておきたいと思い商品を厳選してみました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シゲマツ 直結式小型全面形防毒マスク GM166
価格:35521円(税込、送料別)(2017/4/28時点)



※しかしながらサリンの対応はありませんでた
ということで次の防毒マスク
電動ファン付取替え式防じん防毒マスクBL-351HGX 電池・充電器付(興研)
有毒ガス用電動ファン付防じんマスク!
ろ過材を前面に配するシングルタイプです。
半面型電動ファン付き呼吸用マスクです。
半面型ブレスリンクブロワーマスクです。
付属の除毒機能付きフィルターRDG-82使用時はダイオキシン類取扱い作業レベル1・2対応。
別売のBRD-82フィルター使用時は石綿除去作業、インジウム取扱い作業対応。
電池、充電器付き。除毒機能付きフィルター取付時、直結式小型防毒マスク(有機ガス用防じん機能を有するもの/区分L3 )と同等以上の性能を有しています。
水の侵入を防ぐ安心設計。防水等級IPX4。
抜群の耐久性とさらさらの肌触りを持つシリコン面体!
バッテリーをファンユニットに内蔵し、コードレス化を実現。
バッテリーの残量低下を装着中に「おしらせ送風」で警報。
面体内の内圧監視機能により、常に陽圧管理!
常に面体内圧を安全に管理できる、内圧監視機能付きです。 
内蔵ファンの動作を着用者の呼吸に同調させ、呼吸にピッタリを追随する送風行います。
型式名称サカヰ式BL-351HGX型
国家検定合格第TP64号
※サリン表示はなしですが・・・どうなんでしょうか・・・

こちらはガスマスク サリンで探してみました

NBCガスマスクは化学物質、生物剤、および放射性粉塵を含む非IDLH大気中の早期応答者を保護するように設計されています。対象となるエンドユーザーには、消防隊員と警察官、救急医療サービス要員、危険物対策担当者およびその他の緊急対応チームが含まれます。本品には、US / Military、EN、およびNATOタイプのキャニスターを受け入れる40mmネジ式コネクターがあります。North 54400ガスマスクは、米国軍用マスクの透過要求をすべて満たしています。ノースモデル40NBCガスマスクキャニスタは、化学生物キャニスタ(米国軍C2A1)としてのNATOおよび米国軍仕様の性能要件を満たしています。 本品は試験方法:EA-DLT-1879に準拠したSarin(GB)およびSustur Mustard(HD)の透過性について試験され、米国軍用マスクの要件を満たしています。軽量設計は作業者の疲労を軽減し、ユーザーの受け入れを確実にするレベルの快適さを提供します。口腔鼻カップはレンズの曇りを低減し、呼気の再呼吸を制限することによって使用者の快適性を改善する。ハードコーティングされたポリカーボネートレンズは、200°以上の視野に優れた光学系を提供し、耐傷付き性があり、耐衝撃性と耐貫通性のANSI基準を満たしています。フェルターは40mmネジ式コネクタ対応 
 付属フェルターフィルターは、サリンや他の神経ガスなどの化学兵器や生物兵器から保護します。マスタードガス、シアン、アルシンおよびホスゲン; 放射性および高毒性の粒子; エアロゾルおよび微生物; 細菌およびウイルス。EN 141に基づく多くの工業用ガス(A2B2E2型)、すなわち有機ガスおよび蒸気、無機ガスおよび蒸気、例えば塩素、シアン化水素、硫化水素、有機酸および無機酸、例えば蟻酸、二酸化硫黄、フッ化水素および塩化水素。炭疽菌、サリン、天然痘、マスタードガス、CNやCSの催涙ガスなどの暴動制御剤などの戦争やテロ対策に。  
仕様: 
製造国:イタリア(米国組み立て) 
耐久ポリカーボネートのフェイスシールド 
コンパクトな大視野 
簡単なメンテナンス 
総重量は530グラム 
標準の40mm NATOスレッドフィルタを使用 

ドイツ製フルフェイス フィルター付き 防毒ガスマスク。 
EU民防放出品ですので、簡単な梱包になっており、多少汚れキズがある場合があります。 
※図3のヘルメットデモ用です、付属していません。 付属フェルターフィルターは、サリンや他の神経ガスなどの化学兵器や生物兵器から保護します。マスタードガス、シアン、アルシンおよびホスゲン; 放射性および高毒性の粒子; エアロゾルおよび微生物; 細菌およびウイルス。EN 141に基づく多くの工業用ガス(A2B2E2型)、すなわち有機ガスおよび蒸気、無機ガスおよび蒸気、例えば塩素、シアン化水素、硫化水素、有機酸および無機酸、例えば蟻酸、二酸化硫黄、フッ化水素および塩化水素。炭疽菌、サリン、天然痘、マスタードガス、CNやCSの催涙ガスなどの暴動制御剤などの戦争やテロ対策に。

子供用保護ガスマスクフードとフィルター一体化されることで、コンパクトで信頼性の高い空気供給ユニットを備えた正圧保護フードシステムです。空気供給ユニットは、フィルタキャニスタを介してフード内に空気を供給する周囲空気を吸引する。イスラエル国防軍によって、分類されたNBC代理店から2歳から8歳までの子供を保護するために特別に設計され、開発されました。 
空気供給ユニットはまた、高効率の小型送風機、4つのリチウムMnO2電池、特別に設計されたフィルターキャニスターアダプターを内包する耐久性のあるポリカーボネートハウジングで構成されています。これは、最適な快適性と安全性のために特別に設計されていますが、通常の日常のアクティビティでも最小限の干渉で長時間の使用可能。 本体は、3つの主要なシステムで構成され、(浸透性なし)不透過性のフード、空気供給ユニット、および他の2つのサブシステム間のインターフェースとして機能する快適で明るい色のベストを備えています。軽量でフレキシブルなフードには、光学グレードの大きなバイザーと水供給システムが組み込まれているので、安全で簡単に摂取することができます。さらに、フード組立体は、ヘッドハーネスを含む快適で容易に調節可能な弾性ウェビングを含む。 

ここからは
世界各国の治安部隊、特殊部隊に採用されている現用実物ガスマスクです
NATO軍、各ヨーロッパ軍など、世界各国の治安部隊、特殊部隊に採用されている現用実物ガスマスク。放射性粒子、ウイルス、VXガス、サリンなどの、 NBC(核、生物、化学兵器)対応となっている。 軽量コンパクトで、視界が広く、ポリカーボネイト製のフェイスシールドは、爆風などからの飛散物から顔面を保護することが出来る。セット内容:SGE150ガスマスク本体、NBCフィルター
※フィルターは米軍最新型NBCフィルター新品(07年製)が附属。
※イタリアMestelsafety社 米国製。2017年製造。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

数量限定!!英軍実物 FM-12レスピレーター NBC ガスマスク セット
価格:84240円(税込、送料別) (2017/4/28時点)

英陸軍特殊部隊SAS、英軍が使用する最新ガスマスク。世界各国の特殊部隊に幅広く採用されている。 「S-10レスピレーター」に比べ軽量コンパクトで空気吸入・排気の抵抗が少なく、激しい運動時にも息苦しさが無い。またフィルターを左右どちらにも装着可能となっている。 放射性粒子、ウイルス、VXガス、サリンなどの、NBC(核、生物、化学兵器)対応。また付属のキャンティーンアダプターにより、水筒からの水分補給も可能。
セット内容:FM-12ガスマスク本体、NBCフィルター、 NBCキャンティーンアダプター、ODガスマスクポーチ
※フィルターは米軍最新NBCフィルター新品(07年製)が付属。
※英軍放出新同又は上品(多少汚れキズがある場合があります)。
※英国AVON社製。



英陸軍特殊部隊SAS、英軍、NATO軍、各ヨーロッパ軍など、世界各国の特殊部隊に採用されている現用実物ガスマスク。放射性粒子、ウイルス、VXガス、サリンなどの、 NBC(核、生物、化学兵器)対応となっている。軽量で長時間の着用にも対応し、付属のキャンティーンアダプターにより、水筒からの水分補給も可能。
セット内容:新品S-10ガスマスクSサイズ本体、NBCキャンティーンアダプター、NBCフィルター
※フィルターは米軍最新NBCフィルター新品(07年製)が付属します。
※英軍放出上品(多少汚れキズがある場合があります) 英国AVON社製。
 


楽天では防毒マスク サリンで検索した結果購入可能なものは
リスクコントロールという専門SHOPのみでした
リスクコントロール


核シェルターも紹介します
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【問合せ殺到】 命を守る 防災 核シェルター1-8名入る事が可能です
価格:8400000円(税込、送料別) (2017/4/28時点)


・核シェルターとしての機能だけでなく、酸素カプセルとしても使用ができます!
・1.3気圧の部屋で10時間過ごすことができます。
・空気中に飛散した放射能に汚染される事がありません。
大気汚染濃度メーターが装備されておりますので、大気汚染濃度が下がった時点で素早く避難する事が適切です。
■重量:340kg■
■寸法:高さ2m奥行き6m幅2m■


防災シェルター『SaveCapsule(ノアⅡ)』地震・津波・土砂災害から命を守る家庭用防災シェルター 株式会社Save
SaveCapsule(ノアⅡ) 防災シェルター
¥ 734,400+ 送料 ¥ 30,000

在庫がなくなる前に購入します


                             ブログランキング・にほんブログ村へ 
ダイエット