イエス・キリストの顔









イエス・キリストの本当の顔だちの研究は世界的なプロジェクトです
過去にBBCとHistory Channelがドキュメンタリーで放映している2つの顔が有名です
イエス・キリストは以前は青い目の白人のように描かれていました


イエス・キリストはアダムとイヴの子供セツの子孫です
566134063































































ice_screenshot_20170503-124428
英BBCテレビは、2001年4月に
科学ドキュメンタリー番組『神の子』を放送した。
内容はその名の通り、「神の子」とされるキリストこと
イエスの実像に科学的・考古学的に迫ろうというものであった。
この番組の目玉は「イエスの顔」の復元で医法人類学的な
調査をもとに復元された中東男性らしい顔つきをした
「イエスの顔」が放送された。
このBBCの番組製作を担当したマイケル・ウエイクリンは
「福音書の記述を歴史的に再検証しようという動きとともに最新の
考古学的発見や科学技術が使えるようになっている。
おかげでイエス・キリストの本当の物語が新鮮に蘇ってきた。」


番組内で放送された「イエスの顔」は、マンチェスター大学法医学教室が
エルサレムで大量に発見された紀元1世紀のユダヤ人の人骨群の中から
当時の典型的なユダヤ人男性の頭がい骨を選出して復元したもの。
髪や肌の色や質感は、西暦3世紀に「ユダヤ教寺院」で描かれたフレスコ画に残る
ユダヤ人男性の姿を参考にした。
その結果表れた「イエスの顔」は、黒い巻き毛と浅黒い肌色の、丸顔で丸い鼻をした
中東の男性のものだった。
イギリス各紙は「欧米で定着している、色白で面長で金髪碧眼(へきがん)のヨーロッパ人に
近い従来のイエス像はルネサンス期以降に作られたイメージに過ぎなかったのかも知れない」
と伝えている。
ただこれがイエスの顔だと言ったわけではなく単にイエスは特定の時代と場所に生きた人物
だったことを視聴者に考えてもらうきっかけにするのがねらいだった。
イエスは特徴的な外見をしていたという記載は文献に特にない。

次にトリノの聖骸布から最新CGで復元されたイエス・キリストの顔を見てみたい。
最新CGで古代の布に秘められた驚くべき3次元の彫刻のような
イエス・キリストの姿を明らかにする。
2010年4月、10年ぶりにトリノの聖骸布が一般公開された。
この番組では、この機会に得られた新しいデータを分析し、大いなる謎を解く
新たな取り組みの中で、科学と宗教を混ぜ合わせて、一つに集結させる。
革新的なCGプロセスを利用し、イエス・キリストの画像を生み出す。
その結果、今までイエス・キリストと信じられていた中でも最も正確なイエス像が現れる。

聖骸布(せいがいふ、Holy Shroud)はキリスト教でいう聖遺物の一つで
イエス・キリストが磔にされて死んだ後、その遺体を包んだとされる布。
beb92b12



8dc3b20d既にご覧いただいた方も改めて2本続けてご覧ください



※聖骸布に基づくイエス・キリストの体と顔の再現の試み

イエス・キリストは幼少期を日本で過ごし神道を学んだ後イスラエルに発ちキリスト教を伝えました
磔刑にあったのはイエス・キリスト本人ではなく弟のイスキリで後に剣山で過ごし青森に移り住みます
八戸太郎・大天狗太郎と名を変え一生を青森で送りました
774155cc300250
654d0a8f















af9fb10d300250ice_screenshot_20171110-211717250








 
                             ブログランキング・にほんブログ村へ