15824235_126da8ecbaf544ddb9a2241dbb40ae0e_L


突如配信された軍事機密情報
2017年12月16日、米紙「ニューヨーク・タイムズ」など複数のメディアが
米国防総省(ペンタゴン)が、2007年〜2012年まで極秘UFO調査を行っていた
事実を認めたと報じた。
さらに、秘匿していた調査資料のひとつであるUFO映像も公開され世界中を震撼させたのである。

その公開された映像は、2004年にカリフォルニア州サンディエゴ沖付近で撮影されたものだという。
だが、詳しい日付は明らかになっていない。

戦闘機スーパーホーネットの赤外線センサーが捉えた映像。
高度2万5000フィート(約7600メートル)上空を時速650キロ(マッハ0.58)で飛行していた
米海軍戦闘機F/A-18Fスーパーホーネットから、米空軍空母へ無線通信が入った。
スーパーホーネットに搭載されているレイセオン社の前方監視赤外線センサー(ATFLIR)が
ドローンのような物体を感知したというのだ。
gakkenmu.jp_superhornet
間もなくして、この物体がドローンである可能性が否定された。
なぜなら、強い風に逆らいながら高速で飛行していたからである。
当時、上空では西から120ノットの風が吹いており、その強風の中をドローンが
飛行するのはほぼ不可能なのだ。

また、別のパイロットからも謎の物体が艦隊のように飛行していることが報告されると
空母管制官は直ちにその謎の物体の追跡を指示した。
下記は、空母管制官とパイロットの通信の一部である。

管「何が起きているんだ!?」

パ「そこに全艦隊がいるようだぞ。おい、AESAディスプレイを見てみろ !
  ――AESA監視を開始――なんてことだ!!   
  西からの風120ノット、奴らは全員風に反している !」

管「監視を続けろ !」

パ「何なんだ、これはいったい !」

管「監視を続けろ !  見失うな !」

パ「物体が回転している !」


◆米国防総省、空軍機撮影のUFO映像を公開


パイロットは、他国が米国の領空を侵犯する「対領空侵犯措置(ASA)」のおそれがあると判断し
スーパーホーネット搭載の赤外線センサーを“White-out”から“Black-out”に切り替え
すぐさま追跡を開始した。
この赤外線センサーは、熱量を感知し物体を画面に表示するのだが
“Black-out”に切り替えたことで、上下に小さな突起があるいびつな楕円形の物体であることが
判別できるようになったのだ。

周囲には、物体を覆うオーラのような空気の層がはっきりと映っており
強い向かい風の中を約100度回転しながら、まるで水面を滑るかのように
飛行している様子も捉えていた。

やがて物体は、空気抵抗や空力といった現代の物理学の原理を無視するかのように飛行し
時速650キロで飛行するスーパーホーネットでも追尾できないほどのスピードで
消え去ってしまったのである。
Unidentified
スーパーホーネットのパイロットは、特殊な訓練を受けた有能な兵士である。
だが、そのパイロットをしても、この未知の飛行物体は理解を超えた存在だったのだ。

前述したように、ペンタゴンは「先進航空宇宙脅威識別計画」の名のもとにUFO調査を進めていた。投入された予算は、なんと約2200万ドル(約24億8000万円)。
主に調査を担当したのは、元軍事情報担当ルイス・エリゾンド氏だ。
彼はCNNの番組に出演し、調査について語る。

「2012年にいったん終了しましたが、その後も調査は継続されています。
私は昨年10月に退職しましたが、あとのことは後任に託しています。
UFOの能力や意図を解明することは軍や国家のために必要なことなのです」

◆Ex-UFO program chief: We may not be alone


これまで、UFO情報をめぐってさまざまな陰謀論が渦巻いてきたが
今回の公開によって、ついにペンタゴンがUFOファイルを隠していた事実が明らかになった。

だが、なぜ“今”になって公開したのか、それには何か理由がありそうだ。
今年もアメリカのUFO情報から目が離せない。
(提供:ムー)
o1200069814377091272







【緊急特番】解禁!米政府UFO機密調査ファイル
2017年12月、米国内で最も権威のある新聞「ニューヨーク・タイムズ」が
米政府が秘密裏にUFOの調査をしていたと、驚きのニュースを一面で報じた。
この極秘計画は、正式には「先端航空宇宙脅威特定計画(AATIP)」と呼ばれ
アメリカの上空や世界各国の未確認飛行物体が地球の脅威になり得るのかを調査していたという。

調査は2007年から2012年にかけて行われ、数多くの証拠を掴み
600ページにも及ぶ最高機密文書「プロジェクト・ブルーブック」(1947年から1969年にかけて
米国政府が実施したUFO調査計画)に纏められたと言われる。

デロング、エリゾンドを独占インタビューし、「プロジェクト・ブルーブック」の詳細を徹底解明!
入手した不思議な金属片の分析や、新たに追記された海軍 F-18パイロットがUFOを目撃したという
17ページにも及ぶ極秘報告書についても世界初の言及。
アメリカで5月に放送スタートしたばかりの最新UFO調査の内容を大公開!
(提供:ヒストリーチャンネル)
maxresdefault (6)
8月15日スタートの最新のUFO調査報告番組がヒストリーチャンネルで緊急放送
歴史エンターテインメントTVのヒストリーチャンネルは、緊急特番として
「解禁!米政府UFO機密調査ファイル」を緊急特別放送することを発表しました。

この解禁!米政府UFO機密調査ファイルは、2019年5月から米ヒストリーで放送開始されたシリーズ。AATIPの元責任者で国防総省を退職した“ルイス・エリゾンド”氏が、元 Blink-182の
ギタリスト “トム・デロング”氏が設立したUFO調査チームに参加し
元CIA職員や国防総省の情報担当次官補などの専門メンバーとともに、政府が掴んだ内容を探り
UFOの真実を追求していきます。

今回の緊急特別放送は、UFOに関する最新情報をいち早く日本の視聴者に届けるべく
異例の速さで準備が進められたと言います。

◆【予告編】解禁!米政府UFO機密調査ファイル

※放送スケジュールはコチラ


これと関連しヒストリーチャンネルではプロジェクト・ブルーブックもスタートした  

◆【予告編】プロジェクト・ブルーブック


いよいよ情報開示合戦が始まった
口火を切ったのはアメリカだ
プロジェクト・ブルーブックと解禁!米政府UFO機密調査ファイルをオンエアしている
ヒストリーチャンネル米政府が絡んでいる以上米政府に都合が悪い真実は隠されており
又他国への責任転嫁として
歪曲して描かれてもいるのでUFO開示ショーとして
事実半分くらいに観るのがいいと思える

がしかし過去の同様の内容とは違い大変面白い仕上がりになっていると専らの評判だ




カテゴリ: 
UFO・AlienCraft・地球外生命体


                          ブログランキング・にほんブログ村へ