名字 佐藤











日本で一番多い苗字佐藤
 
人口は約200万人
2位は鈴木さんで約180万人
3位は高橋さんで約150万人

全国の多い苗字トップ10
ice_screenshot_20180415-182139




























渡来系移民:朝鮮中国人の家系

どこの会社どの学校どこにいても佐藤さんを見かけます
日本の人口と比較すると約1億2618万人ですから約1.6%は佐藤さんいうことになります
どこに言っても100人に1人は佐藤さん
しかしながら意外な事実が判りました・・・

名字の由来 佐藤 = 藤原氏を助ける
〖佐〗 = すけ・たすける
他人の仕事の介添をする。身に添って助ける。

※藤原の語源
「百済」は百済人の発音ではホゼフジと発音が似ている「藤」があてられた
「原」はみなもと。もと。おこり。物事のはじめ。もとづくところ。 
藤原 = 百済由来といった意味の名字となる
佐藤は藤原を助け補佐する者という意味で藤原氏の家臣一族に与えられた名字である
また「藤」の由来には桜(日本)の後に咲く藤の花(朝鮮)という意味と
二度と離れないという寄生の意味がある
3b3b5715









何故
佐藤は多い?
佐藤さんが多いのは平安時代の子孫が多いからだけではなく他の説もあります。
明治になると庶民が苗字を名乗ることが許された時に
苗字を名乗る際の例が「佐藤」、「鈴木」だったために佐藤や鈴木が多くなったという説です。
日本人の他の人とぜんぜん違うものや奇抜なものを嫌うという国民性を感じます。
佐藤さんが多いのは東北地方で東北6県では約100万人と半数近くが東北に集中しています。
中でも佐藤さんの多い県である秋田県や山形県では人口の7%にもなるそうです。
東北地方は奥州藤原氏が勢力を築いていたので配下である「佐藤」一族も多かったのではないかと
考えられます。
 ※佐藤に多い家紋 上り藤・山桜・水車・源氏車
satou (1)





名字のルーツをたどるとき源平藤橘(ゲンペイトウキツ)という分類があり
その中で最も武家として広まったのが清和源氏桓武平氏で次に藤原氏であった
 
8d6337a0
















■佐藤氏参考系図 
秀郷流の佐藤氏は相模・伊豆・常陸・甲斐・尾張・伊勢などに土着して勢力を伸ばしたが
最も発展したのは 本拠の下野から陸奥の信夫郡に進出した奥州佐藤氏(藤原氏の部下)だ。
この一族は奥州藤原氏に属して栄えたが 源頼朝の奥州征討のとき佐藤元治は藤原氏に従って戦死。
その子継信・忠信兄弟は、源義経の忠臣として 源平合戦に活躍、最期まで義経に従った。
その後一族は、本領を安堵され、信夫庄に根づいて勢力を築いた。 
南北朝の動乱を経て、奥州全域から甲斐・尾張にも移って、その周辺各地に分布していった。
関東・東北地方に 佐藤氏が多いのは、このような歴史背景によっている。
いまでも、佐藤姓は秋田県で一位、山形県で二位、 宮城県で三位、福島県で四位
そして岩手県で五位東北地方に集中していることが知られる。 
一方、伊勢の佐藤氏もよく知られている。 
c3e30055














伊勢外宮の宮方を務め大神宮奉献の任務を記念して、その車の輪を家紋にしたのだという。
やがて、伊勢信仰が広まるとともに、佐藤氏は神官・御師として諸国に分散し
その「車輪紋」も全国的に広まり、佐藤を姓とする家々の代表紋となった。
伊勢国一志郡の榊原に住み、それを名字とした佐藤一族は榊原氏となった。
徳川家康の四天王の一人に数えられる榊原康政は清和源氏を称しているが
伊勢佐藤氏の後裔が正しいといわれる。 ※日本で最も多い3文字名字『佐々木』はコチラ
a5f0f0b5









▣自分の名字が朝鮮系かどうか調べたい場合はコチラ
朝鮮人 中国人 名字250








カテゴリ: 語源・由来・豆知識

                          ブログランキング・にほんブログ村へ