ice_screenshot_20170514-084026









約4億5千万年前に地球に落下したと考えられているギベオン隕石(Gibeon meteorite)
ギボン隕石とも言われ、現在のナミビア・ハルダプ州で発見された鉄隕石です。
隕石は大気中に突入したときに爆発し、数千の破片が390 x 120 kmの範囲に
落下したとされまています。トータルで26000kgの破片が回収されています。

分類はIV A型のファイン・オクタヘドライトとなります。
化学成分は鉄91.8%、ニッケル7.7%、コバルト0.5%、リン0.04%、ガリウム1.97 ppm
ゲルマニウム0.111 ppm、イリジウム2.4 ppmなどで、鉄が主成分で硬度9と硬いため
隕石は現地人により、槍などの武器を作るのに使用されていました。

このような模様は、鉄とニッケルによる合金が、100万年にわずか数度という
きわめてゆっくりした速度で冷却したときに現れることがわかっています。

そのため人為的に作り出すことは不可能です。
この不思議な幾何学的、線形模様に魅せられ、高級時計の代名詞「ロレックス」が
その文字盤に使用したことでも有名です。

その成分は、地球の歴史(46億年)よりも古いと考えられています。
そんな魅力的な鉄隕石「ギベオン」を日本刀の名工、吉原義人氏が鍛え上げた
「天鉄刀」が千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス内で公開されています。
その様子が海外で取り上げられ鉄隕石から刀が生まれるというフィクションの世界のような話に
外国人からは驚きと感激の声が多数寄せられていました。



海外の反応
■ 隕石から作られた剣なんて本当に存在したのか!! +13 アメリカ
■ これよりクールな物が他にあってたまるか……。
  どこに行けば手に入るんだ!! +15 イギリス
■ 現実の通貨じゃなくてギルじゃないと買えなそうだよな。 +1 国籍不明
 (※ギルはゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズ内の通貨)
■ 去年の12月に実際に見てきたよ。マジで凄かった。 +19 アメリカ
■ 毎度毎度日本はぶっ飛んだことばかりしやがる! +2 イギリス
■ 宇宙人が攻撃を仕掛けてきた時の最終兵器はこれだな。 +7 アメリカ
■ 世界で一番常識はずれかつクールな刀剣だろうね……。 +10 アメリカ
■ でも地球上に存在する鉄は、元は全部宇宙から来てんだぜ。 国籍不明
■ 日本に行ったのに見逃した俺、何してくれてんだー!  アメリカ
■ 隕石から作られた剣が本当に強いのかな???
  でも、日本人が作った剣が最強である事は間違いない。 シンガポール
■ うん、日本人は800年くらい作り続けてるわけだからね。
  現状日本の技術に勝てる国はないだろう。 +1 ニュージーランド
■ みんながあの剣を欲しがる気持ちも分かるけど、
  たぶん普通の鉄で作った刀の方が斬れ味いいぞw +1 カナダ
■ 剣を振ると追加効果で隕石を降らせられそうじゃない? +3 フランス
■ カッケー、カッケー、カッケー……。
  昔のロールプレイングゲームには必ずと言っていいほど、
  隕石から作られた剣があったんだよ。 +1 アメリカ
■ 一応言っとく……。俺の誕生日、もうすぐなんだ……。 +24 ジャマイカ
■ 日本は期待を現実に変えてくれる……。
  俺が日本を愛してやまないのはそういうとこが理由! オランダ
■ 実現出来ないことなんか世の中にないんだな、ハハ。 ポーランド
■ 現実の話じゃないみたいだ、スゲーーーーーー!!! +7 エクアドル
■ この格好良さを表現出来る言葉は地球上には存在せんぞ。 +3 アメリカ
■ 男のロマンが凝縮された一振りですな。 +9 イギリス
■ 隕石で刀を作ってみるかって発想がまず好きだわ。
  いや、ほんっとにクールだし最高だ。 +8 アメリカ
■ 何と言うか、さすが日本って感じだわ……。
  あの国の人たちは、結果はともかくとりあえずやってみるか、
  っていう発想の持ち主なんだろうな。 +3 アメリカ
■ 日本まで見に行きたい!!!!
  こんなに衝撃を受けたのなんか久しぶりだもん。 +11 アメリカ
■ 実際にタメシギリをやってるところを見てみたい。 プエルトリコ
■ 隕石から作られた刀剣なんてクールだね。
  でも実際のところ強度は普通の剣と比べてどうなんだろ。 オーストラリア
■ 日本に行ってあの刀を実際に目にすれば、
  俺の人生のミッションは完了したと胸を張って言える。 +2 アメリカ
■ 作ったのはきっと有名なマサムネかな! +34 国籍不明
■ 日本の刀鍛冶の技術力の高さがまた証明された形だな……。 イギリス
■ まぁ日本だからね……。
  隕石で刀を作るのくらいおやすい御用でしょ……。 +4 フィリピン
■ 完成した瞬間伝説になった刀ってこれくらいだろ……。 +3 アメリカ
■ 隕石から作られたってことはとりあえず置いといて、
  単純にあの刀は素晴らしく美しい。 +8 ドイツ
■ 日本に行きたい理由の4567個目がこの剣の存在だ。 +3 オーストラリア
■ こういう剣はてっきり伝説の中にだけ存在するものかと……。
  本当にクールだと思う。 +4 カナダ
■ 日本はあの刀をいますぐ国宝に指定した方がいい。 +5 アメリカ
■ 神話の世界の刀を、現実のものにしてしまうとはね。 +4 アメリカ
■ あの刀を作ったのが日本じゃなかったら、
  たぶん俺は隕石がもとだなんて信じられなかったと思う。 +3 メキシコ
  
過去に隕石で作られた刀

過去にも隕石で鍛えられた刀が存在します。
今回はその中でも日本で作られた2口をご紹介します。
「隕星剣」
約3万年前に落下した「キャニオン・ディアブロ隕石」から作られた刀。
アメリカ・アリゾナ州の砂漠に落ちていたこの隕石の一部、約30キロを日本人の大野裕明さんが購入し、刀匠・藤安将平さんに制作を依頼したそうです。
大野裕明さんは、福島県田村市の「星の村天文台」で台長を勤めている人ですが、「隕星剣」を作ったのは個人的な興味だったそうです。
刀身には細かい縦筋が紋様になっており、隕石鉄ならではの波柄も確認できます。
これは、隕石に含まれるニッケルがゆっくり時間をかけて冷えた証拠です。
「スカイ&テレスコープ」や「ナショナル ジオグラフィック」など
世界的に有名な学誌で紹介され、世界中にその存在を知られることになりました。
「流星刀」
隕石で作られたと言えば、有名な刀。
日本で初めて鉄隕石の発見が発表されたのは、明治23(1890)年のこと。
富山県にある上市川の上流で拾われた石がやけに重く、調査に出されて隕鉄だということは発覚したのです。
それを知った榎本武揚は自費で鉄隕石を購入し、刀工・岡吉国宗に作刀を依頼します。
普通の鉄より柔らかくて扱いに苦労したとのことで、結局鉄隕石3、鋼2の割合で混合して日本初の隕鉄刀が生まれました。
流星刀は長刀3振り、短刀2振りの計5振りが作られ、一部が当時皇太子だった大正天皇に献上されたとのことです。
現在は東京農業大学に長刀が1振り、富山市天文台に短刀が1振り収蔵されています。
日本刀は外観も美しいので外国人の方々にも衝撃を受けたようです。
日本で刀は古墳時代から作られ、使用されていた経緯からも
隕石で日本刀を作るという事はロマンがあり胸が熱くなります。
現在、日本刀は私たちの生活では利用する事はありませんが
居合いや観賞用として需要があるようです。
このような話題で世界的にもたくさんの需要が増えて
日本の伝統が絶えない事を願います。
伝統技術を継承されている関係者の方々に
今後のご活躍をお祈り申し上げます。
最後までご覧いただきありがとうございます。
                             ブログランキング・にほんブログ村へ ダイエット
ダイエット