Anunnakis-759x400









進化論(しんかろん、英: evolution theory)とは、生物が進化したものだとする提唱あるいは進化に関する様々な研究や議論のことである。生物は不変のものではなく長期間かけて次第に変化してきた、という仮説(学説)に基づいて現在見られる様々な生物は全てその過程のなかで生まれてきたとする説明や理論群である。進化が起こっているということを認める判断と、進化のメカニズムを説明する理論という2つの意味がある。なお、生物学における「進化」は純粋に「変化」を意味するものであって「進歩」を意味せず価値判断について中立的である。進化は実証の難しい現象であるが(現代では)生物学のあらゆる分野から進化を裏付ける証拠が提出されている。初期の進化論は、ダーウィンの仮説に見られるように、画期的ではあったが、事実かどうか検証するのに必要な証拠が十分に無いままに主張されていた面もあった。だが、その後の議論の中で進化論は揉まれて改良されつつある。
現代的な進化論は単一の理論ではない。それは適応、種分化、遺伝的浮動など進化の様々な現象を説明し予測する多くの理論の総称である。現代の進化理論では、「生物の遺伝的形質が世代を経る中で変化していく現象」だと考えられている。本項では進化思想、進化理論、進化生物学の歴史、社会や宗教との関わりについて概説する。なお、生物学において「進化論」の名称は適切ではないため、「進化学」という名称に変更すべきだとの指摘がある。 (提供:ウィキペディア)

進化論」は、19世紀以来、世界各国で常識であるかのように小学校から大学にいたるまで
あらゆる学校で教えられてきました。

進化論では、生命はアメーバのような単純な単細胞生物に始まって、次第に進化を遂げ
長い時間をかけてバラエティに富んだ生物界が生まれ、やがて高等な生物も出現していきました。


人間はその生物進化の最高点に位置する存在だとしています。
かつて学校で教えてくれたこれらのことは、とくに日本では本当だと信じられています。
しかし、進化論は証明されていません。
真実ではないので、証明できません。
進化論の「証拠」は、まったくありません。
進化論を否定する証拠は多くあります。
evhumana3-size-598







無神論
者や福音理解していない者たちによって、進化論が受け入れられているのは
証拠によって真実だと証明されたからではありません。


神は存在しないと思っているので、神による創造など信じられないからです。
研究現場では、進化論には疑問点や矛盾点、解決できない問題点が多くあることが分かっています。 しかし、学校の教師や教科書は、そのことをよく知らないか進化論を仮説ではなく
真理と信じこんでいるのです。

また、進化論がおかしいと思いつつも商売や立場上、反対できない事情もあると思います。 
進化というものは単純なものから複雑なものへ、あるいは下等のものから高等のものへと
時とともに変化していくという意味です。

進化をこのように定義すると、これは事実に基づいてはいません。

遺伝の研究からは、進化を証明する原理や事実が明らかにされています。
しかし、これは、進化を変化という意味に限定した場合だけです。
現在の生物にも明らかに小さい変化は起こってはいますが、だからといって過去に際限なく
変化が起きたと結論するほどの根拠はありません。


現在、動植物の新しいが作り出されています。
世界中の動植物のほとんど止まることのない遷移、弱肉強食による適応といったことから
変化が起きます。

しかし、ある基本種から別の基本種にどのように大変化は起こっていません。
現在の動物も植物も変化はすることでしょう。
しかし、その変化の幅には限度があります。
これまである基本種から別の基本種への変化を証明できてはおらず、化石からも地球の過去の歴史上
そのような変化は起こってはいません。


人工的な品種改良など小さな変異はしますが、交配ができなくなるほどの大きな変異なく
小さな変異の蓄積が種を超える進化にはならないのです。

進化論の根本思想は、創造主の存在の否定と宇宙や生命の自然発生です。

アメリカ、ミシガン州アンドリューズ大学地球科学研究所で古生物学担当教授を務める
ハロルド・G・コフィンは、生命がどのようにして始まったかについて、科学者の立場から
見解を発表しました。
 
コフィン博士は、こう述べています。

チャールズ・ダーウィンがかつて進化論を支持するために用いたさまざまな証拠を
新しい視点で見直す時期がきている。

膨大な量の新しい科学的情報がもたらされたためである。
生命の起源について諸説入り乱れる中で、目をしっかりと据えて見る勇気のある人なら
生命の起源を説明するには創造説がもっとも優れているという重要な証拠を今の科学が握っている
ことに気づくであろう。

次の4点を深く考えれば、おのずとこの結論に到達する。

1.生命とはほかに類を見ない存在である。
2.高等動物は突然出現した。
3.過去における変化は限られたものであった。
4.現在における変化も限られたものである。

真理に関心を持つ人なら誰でも、この4点について真剣に考察してみる必要がある。
進化論に対するこの挑戦にこたえて、現代の聡明かつ正直な数多くの科学者が生命の起源に
関する自説の再検討を始めている。」 (『創造:科学からの証言』 p.1)


「またある科学者は、たんぱく質が偶然に形成される可能性に関心を持って
次のように自説を発表している。

『この5つの元素(炭素、水素、窒素、酸素、硫黄)が一緒になって分子を構成する可能性や
絶えずかくはんしておく材料の量、そしてその仕事を完成させるために要する時間などはすべて
計算可能である。
 
チャールス・ユージン・ガイというスイスの数学者は、これを計算して次の結果を得た。

それによると、そのようなことが起こる可能性は10の160乗分の1、言い換えれば
10の160乗という言葉で書き表せないほど膨大な回数に1回ということになる。

また、たんぱく質1分子を生み出すために、かくはんに要する材料の総量は
この全宇宙にある物質の数百万倍の量がなくてはならず、それがこの地球上で起こるためには
およそ無限ともいえる時間(10の234乗年)が必要だということである。』

進化論は、科学的手法に従っていません。
科学的手法とは、実際に起きている事柄を観察し、その観察に基づいて理論を立て
その理論を観察と実験によって試験し確かめます。

無生の物質から生命を創始する自然の過程を再現する実験に1度も成功していません。
神を排除している科学者たちは、そのことがどのように起きたのかを分からないのです。 
無機化合物から有機化合物が蓄積され、有機化合物の反応によって自然に生物に進化して
いったたという仮説にしろ、宇宙から有機化合物がふってきて自然に生物に進化していった
仮説にしろ、何十億年たとうがそのようになる確率はゼロ%です。
 
なぜなら不可能だからです。

物理学者は常識的に「確率的にはゼロ同然のことは起こらない」と結論するのに
進化論者は狂信的確率的にはゼロ同然のことが起こったから進化する」と結論します。


カナダ、モントリオール大学の精神分析医カール・スターンは、進化論を偶然に生命が発生し
膨大な時間の中で精神を持った人間が発生し、文化を生み出したという考え方と要約したうえで
次のように述べています。

「精神医学の立場からみると、こういった考え方は統合失調症患者の抱く妄想に似ている。」

十分長い時間をかけて自然選択を行えば、偶然の変異から秩序が生まれ、進化が起きるという
意見は詭弁です。 
そんな証拠はないのです。


ダーウィンの進化論の普及に役立ったドイツの動物学者エレンスト・ヘッケルが1874年に発刊した
発生学のテキスト『Anthropogenie』にヘッケルが意図的に改ざんした図解が掲載されていました。
個体発生は系統発生を繰り返す「反復説」の根拠とされた観察事例は嘘でした    6758453
              ヘッケル胚の比較図

人の初期の胎児に現われる鰓裂は、ヘッケルによって祖先が魚類だった証拠である
とされてきましたが、弓状の襞と溝にすぎません。 

魚を含めてあらゆる脊椎動物の幼生に存在し、魚の場合、成長につれてここに開孔ができ
鰓になるだけのものです。 

最近の専門家は誤解を避けるために、咽頭弓または咽頭溝とよびます。
71439a7d-s
        上がヘッケルのうその絵    下が胚の実際の写真

生物学者は確かめもせずヘッケルのうそのスケッチと主張を流用し続けました。
エルンスト・ヘッケル
Ernst_Haeckel_2 (1)
『Natural History』2000年3月号の論文でスティーヴン・J・グールドはヘッケルの絵が脊椎動物の胚の間の初期段階の違いを詐欺的に曖昧にしているだけでなくそれらが不当にも教科書に用いられていることを認めました。

ロンドン自然史博物館の世界的に有名な古生物学者で『現代進化学入門』の著者でもあるコリン・パターソン博士は1981年11月5日、アメリカ自然歴史博物館で進化論専門家を前に講演でこう述べました。
「去年のことですが、突然ある事実を実感しました。自分では、20年以上も何らかの形で進化論の研究にかかわってきましたが、ある朝目を覚ましたとき一夜のうちに変化が起きたことに気づきました。
20年以上も研究してきたのに何も分かっていないことを悟ったのです。私自身、これは驚きでした。
20年以上も検討違いのことに時間を


費やしてしまったのです。

それから数週間、いろいろな人に1つの質問をしてまわりました。
あなたは進化論について何を知っているのか、何か1つでもいいから検証可能なことを
教えてほしいと。

しかし、答えはいつも沈黙でした。
答えがないということは、進化のは事実ではない、またも事実だととしても、私の耳に
入っていないということです。

この部屋におられる皆さまも、過去を数年間に進化論について少しでも考えたとしたら
それは知識としてではなく信念というべきだったろうと思います。
 
私の場合もそうでした。

進化論は科学的に事実ではないばかりか、むしろその正反対のもののように思います。」


ドイツ、エヤランゲン大学の進化論者アルバート・フライシュマン教授は、こう述べています。
「進化論には重大な欠陥がある。
時がたつにつれて、これらの欠陥はいっそう明らかになってきた。
もはや実際の科学的知識と一致しないし、事実を明確に把握するにも充分とはいえない。」


アメリカ原子力委員会のT・N・タシミアン博士は、進化論を
「ごまかしと、あてずっぽうの込み入った寄せ集め
」と言い、こう述べています。
「進化を生命の事実としてふれまわる科学者は、はなはだしく人を欺くものであり
その語るところは、最大の人かつぎとなりかねない。」

進化論のもたらすものは、単なる科学上の知識や観念にとどまりません。
人生観、価値観にも、深い影響を与えます。
確実な物的証拠がなく、生物が進化して今にいたったとするチャールズ・ダーウィンの仮説(珍説)
を前提に話が進んできました。

この仮説にすぎない進化論を信じる歴史は、物的証拠と確実な科学的検証という科学の科学たる
スタンスを無視した状況なのです。


進化論は、神の存在を信じたくない者たちが作り出した架空の理論であり、誤った根拠の学説です。 
2012-06-011







学者たちは、もし自分たちの依存するアカデミズム(保守的な立場を固持しようとする態度)
の理論が崩壊した場合、それまで構築した自分の名声や権威を一挙に失いかねない事態に
陥ることになります。

物事が振り出しに戻るのは、大学で尊敬されてきた教師が学生と同じレベルに落ちることを
意味します。

したがって、地位が高く高名な学者ほど自分の地位保全の傾向が強く、彼らは今のパラダイム構造の
中でこそ権力を握っていられるので、もしアカデミズム体制の脅威ともなる敵が出てきた場合は
叩き潰しにかかるのです。

それがたとえ正当な理論や発見であっても利己心が勝っているので関係ありません。
アカデミズムを多少揺るがす程度のものは黙認されるとしても、根幹を崩壊させる大理論だけは
容認されないのです。

彼らにとって重要なのは、自分の権威の獲得と地位の保全であり、それらはアカデミズムという
牙城があってこその特権
なのです。

学者の世界は、互いの説の絶え間ない潰し合いなのです。

アメリカにとって最悪のシナリオとは聖典の預言を通してアメリカの世界支配構想の実態が
世界中にばれてしまうことです。

聖書は世界中で手に入るため、一度火がつけば、インターネットによって世界中に広がりる
危険性を持っているからです。



妄想と矛盾だらけの進化論

真理である多くの科学知識の中には仮説があり、また誤りを真理としている定説があります。
また、神の教えに科学が追いついていない事柄もあります。

物理学者アルベルト・アインシュタインは、こう述べています。
「科学を真剣に追究している者は誰であっても、宇宙の法則の中に神の霊が顕在していることを
確信するにいたる。

神の霊は人間の霊をはるかにしのいでいて、神の霊を前に人間は自らの力がわずかであることを知り
謙虚にならざるを得ない。」

(A.Einstein,The Human Side,Helen Dukas and Banesh Hoffman,eds. Princeton,N.J:Princeton University,Press 1999)

4f90a18e









左側の脳内神経細胞の写真はアメリカ、マサチューセッツ州ブランダイス大学の博士過程で
脳内において特定の
神経細胞(ニューロン)同士が接続するメカニズムを研究する
マーク・ミラーによるもので、薄くスライスしたネズミの脳を染色し、神経細胞同士の接続を
可視化してあります。

この画像では、左側にある3つの神経細胞(赤いものが2つと黄色いものが1つ)
同士が接続する様子を確認できます。

右側の宇宙の写真は、宇宙物理学者の国際チームがコンピューターシミュレーションによって
宇宙が成長し進化する様子を再現したもの。

シミュレーションによる画像は、数千もの星々や銀河、大銀河団(明るい黄色のもの)
の宇宙の姿です。


進化論者から創造論者に転向した元東北大農学部教授の高橋清博士は、こう述べています。
「ある日、創造科学の視点に立ってこれまでの出来事を見てみました。
すると、進化論の主張がトリックに満ちていることが見えてきたのです。」


ノーベル物理学賞受賞者である素粒子研究の世界的権威の益川敏英(京大名誉教授)と
ノーベル生理・医学賞受賞候補者であるiPS細胞研究の世界的権威の山中伸弥(京大教授)は
ヒトが猿から進化した証拠は何もないと両氏の対談で語っています。


遺伝子工学の世界的権威の村上和雄(筑波大名誉教授)も1つの遺伝子に組み込まれている
膨大な量の情報を研究しているうちに進化論は絶対にありえないという結論に到達し進化論を
否定しています。



こじつけの中間型化石

多くの化石を所有しているアメリカ、シカゴのフィールド自然博物館デビッド・ラウプ館長
こう述べています。

「ほとんどの人は、化石は一般に普及している生命の歴史をダーウィン流に解釈するのに
有利な論拠の重要な証拠を提供していると考えている。
これは正しくない。」


進化論の「進化とは自然淘汰であり、優れたものが競争の結果勝ち残る」という考えや
「小さな遺伝子変異が積み重なって新しい種が生まれる」という考えは、実験では
確かめられていません。

化石の研究から判断しても新しい種は突然生まれてきており、小さな遺伝子変異の積み重ねの
結果ではありません。


進化論の矛盾である進化の途上に位置するとされる発見されていない中間形の化石
生物である「
ミッシングリンク」の問題は、人類だけではなくすべての生物に該当します。
綱(こう)類(るい)だけでなく、もっと細かな生物の中間形態にまでそれはおよびます。
ミッシングリンク(Missing-link)とは連続性が期待されている事象に対して、非連続性が
観察される場合、その比較的顕著な間隙を指します。

 
化石は「編集室で1000コマにつき999コマが失われてしまった進化の映画フィルム」のような物です。(2004年 『ナショナル・ジオグラフィック』)

化石は実際には「進化の蓄積がない」ことを示しているのです。
始祖鳥は、爬虫類と鳥類の中間種ではなく鳥類です。
始祖鳥だけではなく、歯があった絶滅した鳥は多くいます。
始祖鳥には翼にかぎ爪がありますが、多くの鳥にもかぎ爪があります。
始祖鳥の長い尾骨は白鳥にも同じような物があります。
進化論では馬の祖先の小型のヒラコテリウムから進化して大型の馬が生まれたとしています。

現在では、この考え方自体が間違いだと分かり、この馬の進化を否定しています。
現在生きている馬で25~50cmの馬がいます。
馬が進化して生まれたことも証明されていません。

生物学者ジョナサン・ウェルズは、こう述べています。
のレベルにおいて、共通の先祖からの変化をともなう由来は、観察された事実ではない。
化石および分子の証拠から見るかぎり、それは十分な根拠のある理論でさえない。」


ダーウィンは鳩の種類の多さで進化を確信しましたが、雑種は進化ではないのです。
進化とは、簡単に説明すると「単細胞生物→魚類→両生類→爬虫類→哺乳類」のように
異生物への連鎖的変化を指します。


あらゆる「種」と「種」の間で移行型とされる中間形態は、まったく発見されていません。

生物学者デュアン・T・ギッシュ博士、リチャード・B・ブリス博士も、次のように述べています。
「化石記録上、種の間には整然とした間隔がある。
進化モデルに基づいて期待される中間種の化石は、単細胞生物と無脊椎動物の間、無脊椎動物と
脊椎動物、魚類と両生類、両生類と爬虫類、爬虫類と鳥類または哺乳類、または下等な哺乳類と
霊長類のいずれの間にも見いだされない。」

進化論者が中間形態としている化石などは、進化論による解釈のこじつけです。
158300bc











両生類と魚の中間化石とされる
ティクターリクは、進化にこじつけた例です。 
ティクターリクとは、2004年にカナダので3体の化石が約3億7500万年前とされる地層で化石が
見つかり、2006年に科学誌『
ネイチャー』に発表されました。

魚であるのにひれの内部に両生類が持つような骨の構造を持っているので、魚類と両生類の
中間形態であると考えられています。

しかし、魚類のトビハゼは干潟に生息して跳び回って移動し、両生類に近い生活を送っています。
ティクターリクは進化の途上にあるのではなく、トビハゼ同様の魚類なだけなのです。

中間形態として無理に何かの生物を当てはめようとしても無駄です。
やればやるほど、逆に無数に中間形態が増えるだけで、ミッシングリンクの数が増えていくのです。
進化論者からすれば、爬虫類からの枝分かれとして鳥類も入るのでしょうが
鳥類のほうが爬虫類より古い地層から出てくるのはどう解決するのでしょうか。

d4c81520




































それに昆虫は大昔から進化という変化はしていません。

アメリカの著名な古生物学者キッツ博士は、こう述べています。
「古生物学者は、中間種がないのが事実であるということを認める状態に、いよいよ傾いている。」
(提供:佐藤 昭信・末日聖徒イエス・キリスト教会 編纂:只埜セツ子)
716285_1300250







                             ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くるしゅうないネコ Tシャツ
価格:3500円(税込、送料別) (2017/8/4時点)