ice_screenshot_20170428-001545
















 

1969年7月19日、アメリカのアポロ11号が人類として初めて月面着陸に成功し、これ以降
1972年のアポロ17号に至るまで、月面に人間が降り立っての調査が行われた。
調査の結果、月面には説明のしようもない不思議な物体も数多く存在することが明らかになった。
アポロ計画は公式には17号で終わっている。
当初の予定では20号までであったが、実際には17号以降にはまだ10回もの打ち上げが
予定されていたという。しかしなぜか17号で突然打ち切りが決定された。
1366_768_20100108121115940031












その後18号はアポロ計画の後のスカイラブ計画で使用され、旧ソ連との宇宙開発共同実験として
ソユーズ宇宙船とのドッキングを成功させている。
また、アポロ計画終了後、アメリカはロシアと共同で月探査の合同作戦を進めることとなり
その計画で19号と20号は使われる予定だったのだが、19号は事故により破損してしまった。

しかし20号は1976年8月16日、3名の宇宙飛行士を乗せて無事打ち上げに成功した。
月の裏側に横たわる宇宙船らしき物体の調査が主な目的だった。
このアポロ20号は、月面に人工物を発見し、それをコードネーム「ノアの方舟」と呼称している。
月面とおぼしき地形に葉巻状の構造物が見てとれる。
maxresdefault (2)

o0500041613596014301

monalisasize





























































それは、とてつもなく巨大な宇宙船であった。
01-nava2
















某C〇A情報によればコレは過去のエイリアンクラフトということだ。

月に降り立ってから間もなくして本来はテレビなどには映ってはいけないものが
月には存在していることがわかり、慌ててアームストロングがチャンネルを極秘回線に切り替えた
7927ca7c






















その間、地球上では捏造された月面の世界が流されて人々が感動している中
月にいるアームストロング達は、目を疑うような信じられない光景を目にしていた。
9c373d3a280d51c5












































































9c373d3a





















































※アポロ11号が月面で撮ったUFO母船

彼らの上空には、月面のクレーターの向こうから巨大な葉巻型のマザーシップ(母船)が2隻も
現れていた。
母船から出入りする無数の小型UFOまでも・・・。

地球の衛星となって、まだ1万5000年ほどの歴史しかないということが、最新の調査でも
分かってきた月ですが、地球にとってはまだ短い付き合いなだけに、月にはまだまだ多くの
謎が多く隠されていると思います。

この月こそ地球を支配する爬虫類人の巣であり、地球で拉致された人間の食料庫になっているという
話もありますが、一方で“月の住人”は善良な民族であり、宇宙の発展のために様々な研究をしている
グループもあると言われています。
beb8913fee5fb07ce97639b3ed95f8d0



















※ロズウェルで墜落したUFOに乗っていたアルザル人

その中でも、月の内部に文明を作っている“アルザル人”は、地球内部にも同じように
文明都市を作っており、かつてロズウェル事件で墜落したUFOに搭乗していたのは
このアルザル人であり、この遺体のDNAを分析するとに「YAP遺伝子」を持っていて
これは失われたユダヤ10支族の末裔であり、日本人と同族の人種であるとも言われています。

なぜ地球支配者は本来のユダヤ人を迫害するのか、なぜ日本人を骨抜きにし、今でも
日本乗っ取りを虎視眈々と狙っているのか、すべては自分達の地球支配にとっての脅威の民族であり
その仲間達が地上に戻って来ることを真剣に恐れているとも聞きます。

果たしてどれが真実かわかりませんが、地球が統合の時代に入った今、いよいよ地球も地球外との
交流を持つ“宇宙の時代”の幕開けであり、これから先に様々な真実が明るみになってくると思います。
(提供:天下泰平)
104fc06e
2bfa396f5742_05



































月が地球の衛星でなかったことは最近では通説となりつつある
惑星と衛星のサイズバランスからしても他の惑星と異なり衛星である月は大きすぎる
木星の大赤斑から生まれたという説もる月は謎の多い天体だ
常に同じ面を地球に向けているように見えるのは何故か
空洞説もある
いや実際空洞なのだ
ではどうして空洞になったのか
中身はどこへ消えたのか
一体この月という衛星の歴史はどうなっているのだろう
d3c79d14a6ab1293f21fc3774be78e53














地球内天体アルザルに住む地底人のレアメタル採掘基地は本当に存在するのか?



月ついでに月で発見されたとされているかぐや姫と呼ばれているミイラを次回は見てみよう
それとアポロの疑惑についても調査済なのでまた折をみてUPしよう
maxresdefault (3)
o0679038113596014314



































ece81f1512300250

0aa53e56






                             ブログランキング・にほんブログ村へ 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『竹内文書』と月の先住宇宙人 (超知ライブラリー) [ 飛鳥昭雄 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/28時点)