maxresdefault (3)











コロンビア号空中分解事故

コロンビア号空中分解事故は、2003年2月1日、アメリカ合衆国の宇宙船スペースシャトル
「コロンビア号」が大気圏に再突入する際、テキサス州とルイジアナ州の上空で空中分解し
7名の宇宙飛行士が犠牲になった事故である。
コロンビアは、その28回目の飛行であるSTS-107を終え、地球に帰還する直前であった。
事故原因は、発射の際に外部燃料タンク(External Tank, ET)の発泡断熱材が空力によって
剥落し手提げ鞄ほどの大きさの破片が左主翼前縁を直撃して、大気圏再突入の際に生じる高温
から機体を守る耐熱システムを損傷させたことだった。
コロンビアが軌道を周回している間、技術者の中には機体が損傷しているのではないかと
疑う者もいたが、NASAの幹部は仮に問題が発見されても出来ることはほとんどないとする
立場から、調査を制限した
ice_screenshot_20170521-104012















搭乗員1280px-Crew_of_STS-107,_official_photo
STS-107の搭乗員たち。左からブラウン、ハズバンド、クラーク、チャウラ、アンダーソン
マッコール、ラモーン

NASA内の情報筋によれば
スペースシャトルコロンビアは宇宙人によって撃墜された
宇宙機関内の当局者は、コロンビアの降下中に地球の大気から浮上している間に、陸上以外の船NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)によってピックアップされたという事実を確認した。

NASA関係者の推測によれば、外来船(エイリアンクラフト)の乗員はコロンビアスの降下を
攻撃操作として誤解している可能性があります。
NORADの追跡と軍事衛星は、熱スパイクとして登録されたエネルギー署名を取得しました。
この熱スパイクは、ある種の直接エネルギー兵器(DEW)、おそらくレーザーか、エイリアン船
によって発射されたある種の高度な粒子ビームであると考えられていました。
指揮されたエネルギー武器によって作られた梁は、コロンビアの左翼の下側を襲った。

ペンタゴンとNASAの当局者は、すぐに外部の燃料タンクから落下し、シャトルタイルを
傷つけることについてのニュースを報道した。
このカバーストーリーの仕事をするために、NASAのビデオ編集者は、1月16日に
シャトルコロンビアのリフトオフを示す映像を変更し、変更された映像をニュースメディアに
配信してストーリーをバックアップしました。
タンクから落ちる「ゆるい断熱」は、ビデオ編集ソフトウェアを使用してデジタルで挿入されました。

コロンビアへの宇宙人の攻撃は、NASA、ペンタゴン、ホワイトハウス、国土安全保障省によって
極秘に分類されています。
ニュースメディアによるこの件に関する質問は、米国政府関係者による
「妥当な拒否権」と糾弾されるだろう。

このエイリアン攻撃の隠蔽の主な理由は、1959年のブルッキングス研究所の報告書
「人間のための平和な宇宙活動の含意に関する提案された研究」に基づいています。
このレポートには、陸上以外の生命の発見に伴う人間の心理的反応を記述した脚注が埋もれています。

報告書に記載されている最も明白な反応は、縫い目で文明を裂く大規模な世界恐慌であろう。
地球外生命の発見によって宗教的背景を持つ個人は大量の暴力に「電化」され
科学的背景を持つ個人は既知の宇宙の知的巨匠ではないことを学ぶと「荒廃」する。
残念なことにNASAにとって、ペンタゴンは、ホワイトハウスと国土安全保障省によると
隠蔽はすでに崩壊している。
jsc2003e28149





コロンビアに対するこのエイリアン攻撃の証拠は、現在サンフランシスコ・クロニクルの
ニュース記事で確認されています。



スペースシャトルクルーキャビンの公式の最後のビデオ


ice_screenshot_20170517-083238200
ice_screenshot_20170518-113119

                          ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
価格:6458円(税込、送料無料) (2018/6/2時点)