ice_screenshot_20170528-175755













クリスマスの起源の続きサンタクロースの正体です
a2908602f828e37c6ae22a0e5f8929c2300250








聖ニコラス伝説の前、神話の時代までさかのぼると
元々サンタクロースは緑色の服を着ていました
cachedburogu










これが北欧神話で伝わる元々のグリーンサンタです
赤い服を着ているサンタというのは全世界共通のことではなく
北欧では緑の服を着たサンタが主流で他にはイギリスの一部ではサンタの服は緑色とされています
スウェーデンの伝承では昔はサンタではなくヤギの格好をした人がプレゼントを運んで来る
習慣があったといいます (提供:世界の謎)
E383A8E383BCE383ABE3839DE38383E382AEburogu001










これは決してサンタのような優しい存在ではなく、むしろ気味悪いユールボックと言われている
存在でその習慣は未だに様々な形で残っています
ヤギの格好をした気味悪い存在ユールボック(サンタクロース)の真の姿は
サンタクロース発祥の村にあるとされているヨールプッキと言われる生物ということです
クリスマスのヤギと呼ばれるこのヨールプッキは冬の訪問者として恐れられていたそうです
地底からやってきて子供を食べるクランプスと同じです
krampus
6f1c2925654402ac73e0907026489b7d










 


動画を見ていただくとわかりますが日本でも同じ行事があります
秋田県男鹿半島周辺で行われてきた年中行事なまはげです
namahage-statues2
















皆さんもご存知の通り
なまはげの持つ包丁子供をさらい食べる為の道具と言われています
もともと地球上に住んでいた五色人のうちの犯罪者である赤い人種青(緑)い人種
アルザルから追放され寒い冬に食べるものがなくなり里に来て人食いをするようになりました


                             ブログランキング・にほんブログ村へ