lucifer-bound-gary-renegar















ルシファー (Lucifer)
は明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ
悪魔・堕天使の名である。
キリスト教、特に西方教会(カトリック教会やプロテスタント)において、堕天使の長であるサタン
の別名であ、魔王サタンの堕落前の天使としての呼称である。
「ルシファー」は英語からの音訳で、古典ラテン語読みではルキフェル、ルーキフェル Lūcifer)
教会ラテン語読みではルチフェル、その他日本ではルシフェル(仏: Lucifer, 西: Lucifer, 葡: Lúcifer)
ルチーフェロ(伊: Lucifero)、リュツィフェール(露: Люцифе́р)などとも表記される。
d77d9cc9d67b3f19303cee120f987131















キリスト教の伝統においては、ルシファーは堕天使の長であり、サタン、悪魔と同一視される。
神学で定式化された観念においては、悪魔はサタンともルシファーとも呼ばれる単一の人格であった。
悪魔にルシファーの名を適用したのは教父たちであった。
たとえばヒエロニムスは金星を指すラテン語であったルーキフェルを、明けの明星としての
輝きの喪失に悲嘆することになる、かつて大天使であった堕天使長の名とした。
この光の堕天使としてのルシファーの名がサタンの別称として普及したが、教父たちはルシファーを
悪魔の固有名詞としてでなく悪魔の堕落前の状態を示す言葉として用いた。
キリスト教の伝統的解釈によれば、ルシファーは元々全天使の長であったが、神と対立し
天を追放されて神の敵対者となったとされる。
「ヨハネの黙示録」12章7節をその追放劇と同定する場合もある。
XFejr05m



























天使たちの中で最も美しい大天使であったが、創造主である神に対して謀反を起こし
自ら堕天使となったと言われる。
堕天使となった理由や経緯については様々な説がある。
神によって作られた天使が神に背いて堕天使となったという考えは
旧約偽典ないしキリスト教黙示文学の『アダムとエバの生涯(英語版)』にみられる。
その中で悪魔はアダムに向かって、自分は神の似姿として作られたアダムに拝礼せよという命令を
拒み、そのために神の怒りを買って天から追放されたのだと語る。
『クルアーン』にもこれに類似した話があり、イブリースは粘土から作られたアダムに跪拝せよ
という神の命に背いて堕落したと数箇所で述べられている。
キリスト教では悪魔は罪によって堕落した天使であるとされ、オリゲネス、アウグスティヌス
ディオニュシオス・アレオパギテス、大グレゴリウス、ヨハネス・ダマスケヌスらは天使が
罪を犯すという問題について論じた。
大グレゴリウスやセビーリャのイシドールスは、罪を犯して堕落する前のサタン(=ルシファー)
はすべての天使の長であったとし、中世の神学者たちも、サタンはかつて最高位の天使である
熾天使か智天使の一人であったと考えた。(提供:ウィキペディア)

よくわかる堕天使ルシファーの起源を再確認してみよう