2010














花魁(おいらん)は、吉原遊廓の遊女で位の高い者のことをいう。
現代の高級娼婦、高級愛人などにあたる。
18世紀中頃、吉原の禿(かむろ)や新造などの妹分が姉女郎を「おいらん」と呼んだことから
転じて上位の吉原遊女を指す言葉となった。78tumblr_my4alfIxc71rb89k3o3_1280-509x590Cm5-0DNUkAExfjH
722da58992ec0b6959d829f889e13664





















































「おいらん」の語源については、妹分たちが「おいらの所の姉さん」と呼んだことから
来ているなどの諸説があると言われる事が多いが、これはどれも通説であり
現在典拠に基づいた説は存在しない。

現代っ子の私達が想像する絵はこんな感じだ
o0353030013468718423








だが実際の花魁を見たことがない人達にとって実際どんな暮らしでどんな悲劇があったのか
それは映画の中の他人事でしかない
今回は日本の暗い過去にも目を向けてみよう5854
727





















花魁といえば忘れてならない話がコチラ
山梨県の花魁淵
oiranfuti01ice_screenshot_20170605-141341






































花魁淵(おいらんぶち)は、山梨県甲州市塩山一之瀬高橋にある滝・史跡。
おいらん淵・オイラン淵とも書かれ、淵を渕と書くこともある。
地図に花魁淵と漢字で表記されていることはあまりない。
国道411号(青梅街道)旧道(現在は通行止)沿いの、甲州市と北都留郡丹波山村の境にあり
地元では銚子滝と呼ばれている。
花魁淵の名は、戦国時代に起きたと伝えられる悲劇に由来する。
別名「五十五人淵」とも言う。

アクセス
花魁淵は山梨県甲州市の国道411号沿いにあったが、花魁淵付近は地形が険しく、崖崩れによる
通行止めもたびたび発生していたため、2011年11月21日に付近の国道は複数のトンネルを含む
バイパス道路に変更され、花魁淵前の道路は現在旧道となっている。
また、旧道はバイパスの開通と同時に厳重に閉鎖され立入禁止となっており
(従って現在は花魁淵に近づくことができない)山梨県による廃道化工事が行われる予定である。

由来と背景
花魁淵という名称の由来に関する故事の概要が、塩山市観光協会により現地に建てられた
看板に書かれている。
武田勝頼の死による甲州征伐の折、武田氏の隠し金山と言われたこの黒川金山も閉山となった。
この時、金山の秘密が漏れることを危惧した金山奉行 依田の主導で、鉱山労働者の相手を
するため遊廓にいた55人の遊女と金山に従事した配下の武士を皆殺しにすることを決め
酒宴の興にと称して柳沢川の上に藤蔓で吊った宴台の上で彼女らを舞わせ、舞っている間に
蔓を切って宴台もろとも淵に沈めて殺害した
実際に事件があったのは、この場所よりも更に上流のゴリョウ滝の辺りであったとされ
事件を説明する看板と小さな供養碑が建てられている。
また下流の丹波山村には、この際の遊女たちの遺体を引き上げてお堂を建てて
供養したとされる言い伝えが残る。
このお堂は長らく失われていたが、1988年(昭和63年)に再建されている。
一方、この花魁淵という名は、後に付けられたものとされる。
その根拠としては、戦国時代には遊女を指す「花魁」という単語は無かった
(花魁は江戸時代になって成立した)こと、また明治の世にこの地を訪れた役人が
紅葉する奥多摩の渓谷美を「まるで着飾った花魁のように美しい」と形容したことなどが
語り継がれている、といった点などが挙げられる。
また、黒川金山の発掘調査でも遊廓の存在は確認されていない。
現実には、秘密を守るための口封じであれば、確実に相手の息の根を止めることが重要で
毒殺・斬殺等の容易で効果的な方法がいくらでもあり、わざわざ大掛かりな舞台をしつらえて
しかも川に落とすという、遊女の死亡をはっきり確認できないやり方が用いられとは考えにくいため
この伝説の信憑性には疑問がある。
ただし、実際に秘密保持のための大量殺人があり、それが長い間に脚色されて
上記のような伝説に変化した、という可能性も考えられる。
6025504425232044033_02















日本最恐の心霊スポットとして有名な「おいらん淵」。
江戸時代に起きた遊女たちの悲しい伝説を聞いたことがあるだろうか。
実際に起きたとされる、55人の遊女の衝撃の事件をご覧ください。



暗く悲しい歴史の舞台となってしまった花魁淵ですが、太平洋戦争時、米軍を驚かせた
ある都市伝説があるのです。

米軍を震え上がらせた花魁伝説
米軍が最初に原爆を落としたのは広島でしたが、実は山梨県が標的たっだ
という都市伝説があります。

原爆を積んだB-29が標的である山梨県上空を飛行中、パイロットは空一面に浮かび上がる
無念の死を遂げた花魁たちの姿を目撃したそうです。
そして、彼女たちの悲痛の叫びを耳にします。
「もうこれ以上私たちを傷つけないで…」
この場所だけは攻撃してはいけない。そう気づいたパイロットは、爆弾投下を断念したそうです。
この話はあくまでウワサがウワサを呼んだ都市伝説ですが
花魁たちの今も晴れない無念は真実のようです。
2010 (1)















































ご供養申し上げます

                             ブログランキング・にほんブログ村へ 
【収録内容】
お岩稲荷/心霊メッセンジャー賀大峰誠の除霊/呪いの塚/廃道となった花魁淵/呪いの廃ホテル/怨霊の山/呪いの儀式跡/閉鎖された心霊トンネル/北陸最凶の廃モーテル/首洗池/肉付き面の伝説