rendlesham_ufo



















イギリス国防省のUFO機密情報が6月中旬にも公開か

行方が気になるイギリス総選挙だが、UFO研究者の一部からはこの選挙のせいで重要な機密文書の
公開が遅れているという声があがっている。
だが8日の選挙が終わればようやくその機密文書が明らかにされるということで
期待も高まっているのだ。

イギリス国防省のUFO担当部署は2009年に廃止されたのだが、英国立公文書館(National Archives)
は2012年から同部署が扱っていた未確認飛行物体(UFO)に関する機密文書を段階的に
公開してきている。

2013年には数千にも及ぶ機密文書を公開しているが、1971~1976年、1996~2000年
そして2004年の機密文書がまだ公開されていないと見られていて
未公開ファイルの中には特に重要な18文書が含まれているという。
e0171614_1281438


















新たな機密文書の公開がこの3月に設定され、いよいよこの18文書が
日の目を見ることになると期待されていたのだが、何のアナウンスもないままに
ズルズルと引き伸ばされて今に至っている。
ドイツの超常現象ニュースサイト「Grenzwissenschaft-aktuell」のレポートによれば
公開の延期はやはり現在進行中の“ブレグジット”が大きな影響を及ぼしているということだ。

「来るイギリス総選挙の影響で、各省庁の取り決めはいったん保留になっているため
文書は総選挙が終わるまでは公開されません。6月中旬を目指し、選挙後にできる限り早く
機密ファイルが公開できるように取り組んでいます」
と英国立公文書館の代表者は同サイトの質問に対して回答している。

この言葉が正しいのであれば、もうすぐイギリスのUFO情報で最も重要な18の文書の
機密指定が解除されることになる。
ではその文書にはいったいどんな情報が盛り込まれていると考えられるのか。
3B2464DA00000578-4009950-image-a-4_1481124692331






















「レンデルシャムの森事件」に新たな情報がもたらされる?

“イギリスのロズウェル事件”と呼ばれているのが1980年12月に起きた「レンデルシャムの森事件」
だが、UFO研究者たちは公開される18の機密文書にこの事件に関わる重要な情報が
記されているのではないかと期待している。

「レンデルシャムの森事件」は、イギリス・サフォーク州のウッドブリッジ空軍基地に程近い
レンデルシャムの森で、未確認飛行物体が着陸する姿が12月26日から28日に数回にわたって
目撃された一連の事件である。

米ソ冷戦時代の真っ只中にあって、当時基地は主に米空軍によって運用されており
目撃したのも米空軍基地司令官のチャールズ・ホルト中佐をはじめとする数人の米軍人だ。
彼らの報告によれば、“UFO”は光沢のある金属製で直径3メートルほどの三角形型であり
蛍光色の赤と青の光を発していたという。
はたしてこの事件の解明につながる新事実がもたらされるのだろうか。
3B2464ED00000578-4009950-image-a-3_1481124689986





























2009年の廃止時まで国防省のUFO担当部署に勤務していたニック・ポープ氏は
「Daily Mail」紙の質問に電子メールで回答し次のように話している。

「そこにはエイリアンの存在を確証づけるものはありませんが、極めて魅力的なUFOレポートと
政府文書が数多く残されており、まさにリアルな“X-ファイル”です。
公開の延期には決して謀略があったわけではなく、お役所仕事の融通の利かなさが原因でしょう。
一部の人々が今すぐにでも公開するように手をこまねいていることは十分理解しています」
(ニック・ポープ氏)

また『UFO Investigations Manual』の著者であるUFO研究家のナイジェル・ワトソン氏は
イギリスの一連のUFO関連機密文書の公開は、イギリスのシェフィールド・ハラム大学の講師で
『The UFO files』の著者であるデービッド・クラーク氏が行った情報公開請求によるものである
としてその功績を讃えながらも、次の機密文書公開に多くを期待することに疑問を表明している。

「まだ公開されていない残りのファイルには、すでに公開されている文書の単なる複製が多く
含まれていると聞かされています。
空飛ぶ円盤の残骸の写真や、エイリアンに行なったインタビューのような
UFOファンが切望している種類の新事実はないと思います」(ナイジェル・ワトソン氏)

しかしどんな情報であれ、UFO関連機密文書が公開されること自体は歓迎すべきだろう。
総選挙後に速やかに公開されることを期待したい。(提供:仲田しんじ)

となると消えたハイブラジル(Hy-Brasil)島の謎も明らかになるのだろうか?
em_1305200011395j




























































Hy-Brasilは7年ごとの申年と寅年にだけ現れた幻の島
諏訪大社の御柱祭になにかしらの関係があるとみて現在調査中
5e602b757ef9ca52f9a74e8e8de203fe300250f6e54a5d1300250