cd46a6e9e91273264de01c272487ba7e (1)









スサノオ
(スサノヲ、スサノオノミコト)は、日本神話に登場する神である。
『日本書紀』では素戔男尊、素戔嗚尊等、『古事記』では建速須佐之男命
須佐乃袁尊
、『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命表記する。
『古事記』の記述によれば、神産みにおいて伊弉諾尊(伊邪那岐命・いざなぎ)が黄泉の国から
帰還し、日向の橘の小戸の阿波岐原で禊を行った際、鼻を濯いだ時に産まれたとする。
『日本書紀』では伊弉諾尊と伊弉冉尊 (伊邪那美命・いざなみ)の間に産まれ
天照・月読・蛯児の次に当たる。
統治領域は文献によって異なり、三貴神のうち天照大神は天(高天原)であるが、月読尊は天
滄海原(あおのうなばら)または夜を、素戔嗚尊には夜の食国(よるのおすくに)
または海原を治めるように言われたとあり、それぞれ異なる。
素戔嗚尊は記述やエピソードが月読尊や蛯児と被る部分がある。
『古事記』によれば、建速須佐之男命はそれを断り、母神伊邪那美のいる根之堅洲国に行きたいと
願い、伊邪那岐の怒りを買って追放されてしまう。
そこで母の故地、出雲と伯耆の堺近辺の根の国へ向う前に姉の天照大神に別れの挨拶をしようと
高天原へ上るが、天照大神は弟が攻め入って来たのではと思い武装して応対し
二柱は疑いをはっきり究明するために誓約(うけひ)を行う。
我の潔白が誓約によって証明されたとして高天原に滞在する建速須佐之男命だったが
居られることになると次々と粗暴を行い、天照大神はかしこみて天の岩屋に隠れてしまった。
そのため、彼は高天原を追放された。
ice_screenshot_20170623-181301









出雲の鳥髪山(現在の船通山)へ降った建速須佐之男命は、その地を荒らしていた巨大な
怪物八岐大蛇(八俣遠呂智)への生贄にされそうになっていた美しい少女櫛名田比売
(奇稲田姫・くしなだひめ)と出会う。
ice_screenshot_20170623-181529










建速須佐之男命は、櫛名田比売の姿形を歯の多い櫛に変えて髪に挿し、八俣遠呂智を退治する。
そして八俣遠呂智の尾から出てきた草那芸之大刀(くさなぎのたち、紀・草薙剣)を
天照御大神に献上し、それが古代天皇の権威たる三種の神器の一つとなる
ice_screenshot_20170623-181621










現在は、愛知県名古屋市の熱田神宮の御神体となっている。
その後、櫛から元に戻した櫛名田比売を妻として、出雲の根之堅洲国にある須賀(すが)の地
(中国・山陰地方にある島根県安来市)へ行きそこに留まった。(提供:ウィキペディア)

 
続きはコチラ
古事記2300250







簸の川上に於いて八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した須佐之男命(すさのおのみこと)は
稲田姫と共にこの須賀の地に至り、「吾が御心清々し」とおっしやつて宮造りをなさった。
そのとき美しい雲の立ち昇るのを見て
「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる その八重垣を」と歌い
日本で始めての宮殿を作り、鎮った。
これが古事記・日本書紀に記載されている「須賀宮(すがのみや)」であり、日本初之宮でもある。
ice_screenshot_20170623-144700









三十一文字の歌も日本で一番古い歌であり、この地が「和歌発祥の地」の由縁でもあり、また
この歌の中の「出雲」が出雲の国名の起元である。
ice_screenshot_20170623-145118














神々の宿る八雲山-御室山(みむろやま)の中腹にそそり立つ巨石(夫婦岩)、大中小三つの磐座
は、古代における須我神社の社地であり、須我神社奥の宮として崇敬され、参拝に訪れる
人々を神秘の世界に誘い込む。
img_0













素戔嗚尊と月読命は同一神です
その他の同一神を挙げてみよう
大国主=大巳貴命=大黒天=ニゲハヤシ=事代主=武(建)御名方命=八大龍王=国常立神=天之御中主神
※籠神社の極秘伝による多次元同時存在による
44c62bf43da7bce3b6e4b740b3a4ef55
ということは素戔嗚尊はヤハウェであり天照大神でありイエス・キリストである

 

 




Dragon_Susanoo_no_mikoto_and_the

須我神社 通称 日本初宮
祭神  須佐之男命 
稲田比売命(いなたひめのみこと)須佐之男命の后神
清之湯山主三名狭漏彦八島野命
須佐之男、奇稲田両神の間に誕生した御子神   
武御名方命(たけみなかたのみこと) 
諏訪大社の御分霊を中世、合祀した。
もともと出雲に関係の深い神
創建・開創 神代(祭神自ら宮造り)
御利益 良縁成就、夫婦円満、子授・安産、除災招福、諸願成就
祈りの言葉 略拝詞(一番短いもの)
祓い給え 清め給え (三回)
守り給え 幸(さきわ)え給え (三回)

古事記(和銅五年・712年)所載では、八岐大蛇を退治せられた須佐之男命と奇稲田比売命は出雲国須賀の地においでになり、この地に宮殿を御造りになった。
二人の間の御子神が清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと)で、この三神が須我神社の主祭神である。 
出雲風土記(天平五年・733年)ではここを須我神社、須賀山、須我小川などの名前に表現され風土記抄(天和三年・1683年)には須我村とあり、須賀は広くこの地方の総称であったことがうかがわれる。 
須我小川の流域には、かつて十二の村があった。
須我神社はこの地方の総氏神として信仰されていたものであり、また、須我山(御室山、八雲山)の山ふところには巨岩夫婦岩ならびに小祠があり、須我神社奥之宮の磐座(いわくら)として祭祀信仰されている。 
合殿の武御名方命(たけみなかたのみこと)は天文年中、当地(淀之荘)地頭職として神(みわ)中沢豊前守が信州諏訪より来任されたとき、その氏神武御名方命の神霊を勧請してこの須我神社に合祀し、諏訪大明神として崇敬せられた。


以来村名も諏訪村と改められたが、明治二十二年、元の地名の須賀に復し現在に至っている。 
明治二十五年十一月八日、元の島根県社に列せられた。

須我神社(すがじんじゃ)は、島根県雲南市にある神社である。旧社格は県社。
ice_screenshot_20170623-144712

















須佐之男命が八岐大蛇退治の後に建てた宮殿が神社になったものと伝え
「日本初之宮(にほんはつのみや)」と通称される。出雲國神仏霊場第十六番。
(寄稿:武井 泄月袴)
770x6110_須我神社宮






















502260_0














59fc8a8e2905786b991eafff0c820674250









                                        
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

素戔嗚尊とヤマタノオロチ/神尾正武【2500円以上送料無料】
価格:1234円(税込、送料別) (2017/6/23時点)