古事記3










いよいよクライマックス八岐大蛇の登場です
有名な八塩折の酒の伝説もここから誕生しました
クシナダヒメの櫛ですが九枝とも書きます
九枝の枝を1本折ってイザナミを見に行ったイザナギと何かかぶります
また九枝の枝を1本折ったので残りは八本です
八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を
と歌った素戔嗚尊の歌ですが
くどいくらい「八」が垣間見られ謎めいたものを感じます











大蛇は八遠呂智とも書き八でもある
八つの股ということは本来は頭は九つなければ八股にならない
そう既に皆さんもご存知の通り
この龍は九頭龍を指示しています
九頭竜と言えば箱根の九頭竜神社です
また大蛇は八つの角がある契約のを暗示しているとも言われています
さて箱根ですが素戔嗚尊は(死)の国の神です
箱根山自体が素戔嗚尊の山ということです
さて天照大神はイエス・キリストでしたが
素戔嗚尊は一体誰なのでしょうか?
古事記1300250古事記2300250







                             ブログランキング・にほんブログ村へ