三英傑












織田信長・豊臣秀吉・徳川家康
と言えば三英傑として日本の歴史に大きく名を残した
有名な戦国武将達である
そんな戦国武将達の歴史が昨今変わろうとしている
まずは3武将について見てみよう

osyoin_ao2015
織田 信長
は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。
尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。
尾張守護代の織田氏の中でも庶流・弾正忠家の生まれであったが、父の代から主家の清洲織田氏(織田大和守家)や尾張守護の斯波氏をも凌ぐ力をつけて、家督争いの混乱を収めて尾張を統一し、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取ると、婚姻による同盟策などを駆使しながら領土を拡大した。足利義昭を奉じて上洛すると、将軍、次いでは天皇の権威を利用して天下に号令した。後には義昭を追放して室町幕府を事実上滅ぼして、畿内を中心に強力な中央集権的政権(織田政権)を確立して天下人となった。

これによって他の有力な大名を抑え、戦国乱世の終焉に道筋をつけた。
しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。
すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による
豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。

osyoin_ao20
豊臣 秀吉
( 豐臣秀吉)または羽柴 秀吉は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。
初め木下氏を名字とし、羽柴氏に改める。本姓としては、初め平氏を自称するが、近衛家の猶子となり藤原氏に改姓した後、豊臣氏に改めた。
尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し


豊臣姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。
天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で
国内の統合を進めた。
理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に
嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。
秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。
慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。
墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが
機知に富んだ功名立志伝として広く親しまれ、百姓から天下人へと至った生涯は
「戦国一の出世頭」と評される。

osyoin_ao
徳川 家康
(德川家康)または松平 元康は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。
家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元に偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。
勅許され永禄9年12月29日(1567年2月18日)に徳川氏に改姓。本姓は私的には源氏を称していたが徳川氏改姓と従五位の叙任に際し藤原氏と称し遅くとも天正16年(1588年)以降に源氏を再び称している。


samurai-20160121-7_mini
















三英傑(さんえいけつ)、もしくは郷土三英傑戦国三英傑は、現在の愛知県出身
名古屋にゆかりがあり、戦国時代において天下を統一へ導いた3人の戦国大名について
主に中部地方や愛知県で顕彰する呼称。
口語では戦国の三傑が用いられる。
名古屋まつりでは毎年、この3人にちなんで郷土英傑行列が行われている。

このような3大武将の嘘のような真実とは・・・



動画で紹介している家康関連の具足
これは徳川家康の重要文化財である南蛮胴具足。127072144992





































これは重要文化財 紺糸威南蛮胴具足。
徳川家康が徳川四天王の一人・榊原康正に関ヶ原合戦の直前に与えた具足。
ヨーロッパの甲冑を模倣して作った南蛮胴である。
後立に当時「唐の頭」と称されたヤク(犛牛)の毛を用いている。
359a2964ec11f2b78a258fb0





































































































































正に過去の歴史は崩壊したと言っても過言ではない
これからも新たな情報がもたらされ歴史が覆る可能性は高い
3c9419c300250cf890d7b









                             ブログランキング・にほんブログ村へ