ice_screenshot_20170705-144412


















武田信玄の若き頃の恋の相手とは・・・
武田二十四将のうちに数えられている高坂昌信弾正
彼は、武田四天王の一人として武田信玄にもっとも信頼されていた家臣の1人として知られます。
00157_l

信玄時代の武田家と、越後の上杉家が何度も合戦をして争っていたのは有名ですが(川中島の戦い)、高坂昌信は、その越後との国境付近にあり守備の要として重要だった北信濃・海津城の城代職を、信玄公から長期にわたり任されていました。
ところで、実はこの主従の強い信頼関係は、若い頃に2人が恋人同士だったために生まれたかもしれないことをご存じでしょうか。なんとその証拠に、信玄が自筆で熱愛を告白した手紙が残っているといいます。
主君から家臣への、ラブレターが現存?
戦国時代には衆道(しゅどう、武士同士の同性愛)が普通のことだったと知ってはいても、そう聞いたらやっぱりドッキリしちゃいますよね?これはいったいどういう話なのでしょう。ご一緒にその内容を確認してみましょう。



16歳で近習に取り立てられる
高坂昌信は別名(こちらが本名と言われている)を春日源五郎虎綱と言いました。
彼はもともとの武田家臣ではなく、父:春日大隅は豪農でしたが、数え年16歳の時に甲斐の守護職
武田晴信(後の信玄)に取り立てられ、近習に召し出されます。
一説によると高坂昌信の異名「逃げ弾正」は、女性にもて過ぎて逃げ回っていたことからついたとも
言われていますので、16歳の時も人目を引く美少年だったのかもしれません。(提供:ひすとりびあ)ice_screenshot_20170705-144548















ice_screenshot_20170705-144307


















ice_screenshot_20170705-144352
ice_screenshot_20170705-144407





























ice_screenshot_20170705-144417img_1































大河ドラマ武田信玄でも美男子として描かれていましたが
まさかそんな・・・信玄お前もか的な話でした
ただ当時は男妾は信長と蘭丸のように珍しくなく武家の間では黙認されていたようです
逆に好色な秀吉の方が珍しかったのかもしれません
af9c85e8300250










                                        
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦国武将 武田信玄 ブレスレット
価格:5800円(税込、送料無料) (2017/7/6時点)