3c9419c













3大戦国武将の中で最も恐れられ人気がある織田信長氏に迫ります

織田 信長は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。
三英傑の一人。
尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。
尾張守護代の織田氏の中でも庶流・弾正忠家の生まれであったが、父の代から主家の清洲織田氏
(織田大和守家)や尾張守護の斯波氏をも凌ぐ力をつけて、家督争いの混乱を収めて尾張を統一し
桶狭間の戦いで今川義元を討ち取ると、婚姻による同盟策などを駆使しながら領土を拡大した。
足利義昭を奉じて上洛すると、将軍、次いでは天皇の権威を利用して天下に号令した。
後には義昭を追放して室町幕府を事実上滅ぼして、畿内を中心に強力な中央集権的政権を
確立して天下人となった。
これによって他の有力な大名を抑え、戦国乱世の終焉に道筋をつけた。
しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。
すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による
豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。(提供:ウィキペディア)

織田家日本最古の秘密結社"八咫烏"で紹介した物部神道の籠神社と関係があります
籠神社の宮司は海部氏ですが海部氏と同じ流れの尾張氏の一族です
要は南朝天皇を守る物部一族ということです
yatagarasu2-640300









このことを念頭に入れてみると織田信長という人物像が新鮮に見えてくると思います
ice_screenshot_20170713-095607ice_screenshot_20170713-095641





























織田信長公が氏神と崇めた社 越前二の宮 劔神社(織田明神)
108985















img_1_m






剣神社の鎮座地である越前町織田は、織田信長公の祖先の故郷です。
越前町織田荘の荘官として、また越前国二の宮劔神社の神官として神社に仕えてきた
由緒ある家柄でした。
応永年間(1394〜1427)、神官の子に常昌という立派な人物がいましたが、時の越前の
守護斯波氏にその才能を見出され、家臣として取り立てられて、尾張の国に派遣されました。
苗字は故郷の地名をとって織田を名乗るようになりました。
織田氏は尾張で次第に勢力を伸ばし、守護代を勤めるまでになりました。
信長公の時には尾張一円を掌握し、更に日本全国に雄飛するまでになりました。
信長公は戦国の乱世にあっても、劔神社を氏神として深く尊崇し、武運を祈ると共に
多くの神領を寄進し社殿を造立するなど、劔神社の保護と治安に尽くしています。
天正十年(1582)、信長公は本能寺の変であえない最期を遂げ、天下統一の夢は消えましたが
織田の人々は信長公の功績と威徳を偲び、御霊を境内の小松建勲神社に合祀しました。
ちなみに織田氏の家紋は「織田木瓜紋(五瓜に唐花」ですが当社の神紋も同じ紋章であり
昔から深いつながりがあることを示しています。
photo-documents-2shiba-550










柴田勝家諸役免許状(天正三年 1575)
※柴田勝家が、劔神社・織田寺の門前に対し、様々な税の負担を免除したもので
「当社の儀は殿様御氏神」と書かれており、信長公が劔大明神を氏神として崇敬したことを
示している。
photo-documents-4-550




















忍熊王(皇族)の家紋と織田家の家紋は五瓜に唐花であることから織田家も皇族であることがわかる。
f35391d31f81abd0dc11f95c0e9c6ecf


















ice_screenshot_20170713-095536ice_screenshot_20170713-095544




































ice_screenshot_20170713-095429


















ice_screenshot_20170713-095254




















年号を天正と改めたのも天を正しくする=正しい天皇家に戻す
そのように感じられます。
CY05ODSU0AA2D9E300250









                                        
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【甲冑】 【鎧兜】 織田信長 南蛮胴具足 装束 (レンタル)
価格:108000円(税込、送料別) (2017/7/13時点)