b4fdfa01


















聖徳太子
厩戸皇子
うまやどのおうじ)は飛鳥時代の皇族・政治家。「聖徳太子」は後世の諡号
用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女
500_41527556























推古天皇のもと、蘇我馬子と協調して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなど
進んでいる中国の文化・制度を学び冠位十二階や十七条憲法を定めるなど天皇を中心とした
中央集権国家体制の確立を図った他、仏教を取り入れ神道とともに厚く信仰し興隆につとめた。
(提供:ウィキペディア)

聖徳太子は称号です。
聖徳太子とは、女帝の推古天皇の裏に回った摂政であり秦氏の長であり神道の長である
秦河勝が太子の正体です。
聖徳太子;秦河勝とフルネームのようにして列挙して書くと分かり易いです。
蘇我馬子も秦河勝のことです。
蘇我馬子を漢字を分解すると、「我、蘇りし、馬宿の子」となります。
ib03_05_02_soganoumako_00

















秦 河勝
は飛鳥時代の人物。姓は造。秦丹照または秦国勝の子とする系図がある。冠位は大花上。
369
















聖徳太子とは後世の呼称で、生前は聖徳太子の母親の穴穂部間人皇女が馬小屋の前に
さしかかったときに生れたので、厩戸皇子
とよばれていました。

当時の皇子・皇女は一定の年齢まで母方の実家で養育されるのが普通で
育った土地の名前を付ける慣習がありました。

穴穂部間人皇女の「穴穂」も地名に由来することになります。
大和周辺に「穴穂」の地名は河内と奈良の石上にあり、どちらも物部氏の領地です。

穴穂部間人皇后は、海部氏です。
海部氏がいた京都府京丹後市には、間人(たいざ)という地名が現在も残っています。
また、「間人(はしひと)」の字は、同音のペルシャを意味する波斯(はし)」で
「波斯人(はしひと)」とは「ペルシャ人」です。
00123










物部氏の祖先
はアケメネス朝ペルシャから東の秦朝へ移動したユダヤ人の子孫です。

Flag_of_Israel300250









聖徳太子の母親の穴穂部間人皇女は海部氏ユダヤ人で、父親の第31代用明天皇はレビ族なのです。 
天皇の系譜で、第25代武烈天皇と第26代継体天皇の間に血統が断絶しているので
そのときにガド族からレビ族に代わりました。


そして、ガド族の天皇家が血統が断絶したのち、10部族はどの部族が天皇陛下になるかで
争いになりました。

聖徳太子が「10人の言葉が聞き分けれた」という逸話は、この10部族の間の混乱を収めたことを
表すと解釈することができます。


聖徳太子の伝説は、イエス・キリストに起こった出来事を基にしています。 
上宮聖徳法王帝説』には、こう記されています。
あるとき、間人皇后の夢の中に金色に光り輝く僧侶が現れ、自らは西方から来た
救世観音菩薩」であると称し、「我に救世の願あり。しばらく皇女の胎に宿る」と告げました。 
間人皇后は辞退しましたが、「これは宿世の縁なり。これによって国本立ち
多くの民の救われることを思い、心安らけくおわすべし」と告げ、一筋の金色の光と化して
間人皇后の口から胎内に入り間人皇后は懐妊しました。 

『日本書紀』22巻、推古天皇条には、こうあります。
 
穴穂部間人皇女は、ご出産予定日に禁中(皇居)を巡察されて、馬司のところに
おいでになった際に、厩(うまや、馬小屋)の戸に当たられた拍子に難なく出産されました。

 

聖徳太子の誕生の説話は、イエス・キリストの誕生の説話と似ています。
『新約聖書』では、マリヤに天使ガブリエルが現れて、救世主の受胎を告げられ
聖霊の力によって懐妊し、馬もいた家畜小屋(洞窟)でイエスは生まれました。 


 


聖徳太子を漢字破字法で読み解く
「聖」の意味は最上級の清さで、は「耳・口・王」となるように
    「王(神)の声(口)をよく聞く(耳)ことができる」の意味で
預言者のことです。
「徳」原字は「彳悳」で、漢字分解すると「彳・直・心」
    「彳」は漢和辞典では「十字路」で、意味は「小またで歩く」。
    「直」は「真っ直ぐに正す目」の意味で、「目の上に十字が立った象形文字」。
    「心」は心臓の象形で、意味は「精神の中心」。
    つまり十字架上で磔刑にされたイエス・キリストを見て、心に留めるということです。
「太」は「大と大を重ね非常に偉大」で、際上級の偉大さです。
「子」は、そのまま「親に対する子」の意味です。

したがって「聖徳太子」の意味は「預言者キリストの子です。

キリストの子とは、イエス・キリストの福音を受け入れ従う人です。

冠位十二階」や身分をなくす実力本位の人材当用イエス・キリストの十二使徒の選抜方法です。
イエスはサンヒドリン高慢な祭司や律法学者ではなく、信仰があり謙遜な漁夫や取税人
という一般の人材から選んでいます。
(提供:佐藤 昭信・末日聖徒イエス・キリスト教会 編纂:只埜セツ子)

聖徳太子;秦河勝は兼未然(かねちみぜん)の者と言われており預言者であった
聖徳太子;秦河勝によって編纂された物部氏が記した先代旧事本紀大成経未然本紀未来記には
聖徳太子;秦河勝の預言が書かれていた
※先代旧事本紀大成経では身長約180cmで当時にしては長身で目は紫色(黒)と記述されていた





聖徳太子;秦河勝が建てた京都太秦の廣隆寺にはこんな説明文があります
image232
image221
















































廣隆寺は当初は神社(神殿)だったのです
また大阪の四天王寺にも
history_img_05history_img_02





























鳥居があります
history_img_0223keidai


img_1 (1)


























































四天王寺も元は神殿でした
ユダヤ人である聖徳太子;秦河勝ユダヤの神イエス・キリストを日本神道の最高神;天照大神として
純血ユダヤである日本人に根付かせ広めた人です

e3a0ee66300250








日本の正史と言われる藤原不比等により編纂された日本書紀・古事記をいくら読んでも
真実は見えてはきません
秦氏(神武天皇)に国を譲った物部氏によって書かれた先代旧事本紀大成経秦氏系の伊勢神宮
の幕府への圧力から徳川綱吉(犬公方)により偽書とされましたが後に徳川家により
秘密裏に保護されてきました
昨今では日本の正史として扱われるようになりました
聖徳太子;秦河勝の預言(未然本紀未来記)が書かれている原本は四天王寺に保存されています

一旦は秦氏の陰に退いたかのように見えた物部一族ですが
2014年に天皇家(秦系)の高円宮典子さま出雲大社神職(物部系)・千家国麿さんとご結婚されたことで
物部氏(旧約聖書ヤハウェ信仰)秦氏(新約聖書イエス・キリスト信仰)和解し表舞台にでてきました
888264a1250







聖徳太子;秦河勝は秦氏でしたが先代旧事本紀大成経を正史として重要視し自ら擁護し
自分で建立した四天王寺に来るべき日が来るまで隠したのです
                                      
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

炭酸水 1500ml 8本 送料無料 クオス うまさを感じる強炭酸水 KUOS ...
価格:1440円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)