11306d0d















今月は日本月間と称し記事をUPしていますが特に戦国時代の歴史認識は一体なんだったんだろう
と言わんばかりに見事に覆っています
中でも今回の武田信玄と徳川家康の親子説は眉唾ではないかと思っていました
その前に武田信玄の肖像画について触れてみたいと思います

下記の肖像画が武田信玄の顔としては最も有名で山梨県の甲府駅前や塩山駅前の銅像も
この絵を元に作られたと言われています
f0022982_11343534











f0022982_55047708523





















































そもそも信玄は労咳(肺結核)を患っていたので晩年は太っていたはずはありません
信玄の弟信廉が描いて高野山に奉納したといわれる信玄画像がコチラです
CS4PESEUcAAzyuC

























コチラは高野山持明院蔵の武田晴信画像
201302%2F24%2F79%2Fe0040579_143


















明治時代に新聞で取り上げられた絵がコチラsingen_z2
img_85
img_10








































































































徳川家康の比較的若いころの肖像画も見てみよう
img_0_mieyasugazou2














































この辺で動画をご覧ください



動画にあった世良田東照宮の家紋からすると何かしら関係はあるようです
ice_screenshot_20170716-184125

















祢津(禰津・根津)の御料人 ※実名不詳
禰津御料人(1527年? − 没年不詳)は、戦国時代の女性。
甲斐国武田氏の当主武田晴信(信玄)の側室
un_nezu


















信濃国小県郡(現長野県東御市祢津)の国衆である禰津元直の娘。出子に武田信清がいる。
『高白斎記』天文11年(1542年)12月15日条に拠れば武田信虎の嫡男・武田晴信(信玄)
の側室として嫁ぎ、「禰津御寮人」と呼ばれ「禰津より御前様」が輿入れしたとされており
諏訪頼重の娘である諏訪御料人とする説もある。

祢津氏(禰津氏・根津氏)は、信濃国小県郡禰津(現長野県東御市祢津周辺)を本貫地とした
武家の氏族。「禰津」の記載が一番多いが、現代では「根津」「祢津」の苗字が一番多い。
天文十年(1541)、元直のとき武田信虎の軍門に降り武田氏滅亡の翌天正十一年九月
家康より甲州黒沢、駿州厚原に併せて三百五十石の知行地を賜った。
以後、徳川氏に従い、天正十七年(1589)の吾妻合戦に出陣するなど、家康に近侍し
上州豊岡の地を拝領した。ちなみに、政直の妹(禰津御料人)は信玄の側室となり
信玄の七男信清を生んでいる。
徳川幕臣に信濃根津氏の末裔である祢津氏が見える。
寛政系譜に「定之進光長-六郎右衛門光利-六左衛門光貞」と記され、その家紋は
「丸に違鷹羽」「花菱」と伝えている。 (提供:ウィキペディア)
280











丸に違鷹羽の家紋は源氏系統では、松平家、片桐家、井上家等の諸氏が使用
花菱の家紋は武田家の家紋として有名である

諏訪御料人 ※実名不詳
諏訪御料人(1530年? - 1555年12月18日)は、武田晴信(信玄)の側室で武田勝頼の母。
諏訪頼重と側室の小見(麻績)氏の娘(太方)。
異母弟には、頼重の後室の禰々の産んだ寅王がいる。
晴信の側室になるにあたり敵将の娘では都合が悪いため、禰津元直の養女になったとの説がある。
そのため禰津御寮人と同一人物ではないかとの説がある。
早くに死去した諏訪御料人に比べ、その生母の麻績氏は、武田家の当主となった武田勝頼の外祖母として、天正10年(1582年)3月の武田氏滅亡まで存命し太方(おだいぼう)と称された。
天文11年(1542年)に、夫の頼重が切腹し、諏訪惣領家が滅亡した後は、同じ諏訪氏の一族の
禰津元直の元に、娘と共に身柄を預けられていた
という説がある。

実名不詳の諏訪御料人祢津御料人同一人物ではないかと思う
家康の実母である於大の方とも出生年も近いので
諏訪御料人=祢津御料人=於大の方
とも考えられなくもない
ただ不思議なことに祢津御料人の母親の名前と家康の母親の名前が同じであるのは
偶然なのだろうか?

於大の方
おだいのかた1528年
-1602年10月13日は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。
松平広忠の正室で、徳川家康の母。晩年は伝通院と称した。
実名は「」、または「」「たい」。
また江戸初期編纂『寛永諸家系図伝』「水野氏」の忠政の女子に「太方」とある。

ちなみに信玄の異母妹である禰々御料人1528年 -1543年2月22日)は
諏訪領主諏訪頼重の正室で14才の時に寅王(丸)の母親となっていますが
この寅王は歴史上消息不明家康と同じ1542年寅年の生まれです
動画中の於大の方の空白の4年である1544~1547年については家康の出生が1542年
だとすれば何の繋がりもないことになる
武田家三女の禰々御料人の母親(武田信虎の妻)については不明

家康が信玄の子供であったとしたなら信玄が21才・於大の方14才の時の子供
私が違和感を感じたのは実名不詳の諏訪御料人のウィキペディア何故その生母の麻績氏である
太方のことがわざわざ取り上げられているのか

もしかしたら
諏訪御料人=祢津御料人=於大の方=諏訪御料人の生母=禰々御料人
全て同一人物なら納得できるが・・・厳しいだろうか

ふと天下をとったのは明智光秀武田家
そんな構図が脳裏に浮かんできた
5e657752








歴史は面白い
けれど
歴史は嘘が多い
三英傑300250








                                        
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【7月25日夏の土用丑 ポイント10倍 7/21 9:59迄】特大国産うなぎの3...
価格:4990円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)