桶狭間の戦い








まずは基本情報から確認してみよう

桶狭間の戦い
永禄3年5月19日(1560年6月12日)に尾張国桶狭間で行われた合戦。
2万5千といわれる大軍を率いて尾張に侵攻した駿河の戦国大名である今川義元・今川氏真親子に対し
尾張の大名・織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させた
日本三大奇襲(日本三大夜戦)に数えられる日本の歴史上有名な戦いである。
戦後、東海道に君臨した今川氏が没落する一方で、勝利した織田氏は美濃・伊勢侵攻から畿内の
制圧へと急成長し、戦国時代の重要な転機となった。
別名「桶狭間村・田楽狭間の戦い」。(提供:ウィキペディア)5234545432_e648910274_IY_HK







































今川 義元
戦国時代の駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。
今川氏第11代当主。婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。
「海道一の弓取り」の異名を持つ。5234545432_e6420130519111026


































寄親・寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才覚を発揮して
今川氏の戦国大名への転身を成功させた。
所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を
築き上げるも、尾張国に侵攻した際に行われた桶狭間の戦いで織田信長に敗れて
毛利良勝(新助)に討ち取られた。(提供:ウィキペディア)

織田 信長
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。
尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。5234545432_e648910270a732350


































尾張守護代の織田氏の中でも庶流・弾正忠家の生まれであったが、父の代から主家の
清洲織田氏(織田大和守家)や尾張守護の斯波氏をも凌ぐ力をつけて、家督争いの混乱を収めて
尾張を統一し、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取ると、婚姻による同盟策などを駆使しながら
領土を拡大した。
足利義昭を奉じて上洛すると、将軍、次いでは天皇の権威を利用して天下に号令した。
後には義昭を追放して室町幕府を事実上滅ぼして、畿内を中心に強力な中央集権的政権(織田政権)
を確立して天下人となった。これによって他の有力な大名を抑え、戦国乱世の終焉に道筋をつけた。
しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。
CY05ODSU0AA2D9E300250








すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による
豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。
(提供:ウィキペディア)

武田家の甲陽軍鑑には桶狭間の戦いの様子が詳細に記述されている
・・・信長廿七の御年人数七百斗り、義元公人数二萬餘りを卒して出給ふ
于時駿河勢所々亂妨に散たる隙をうかゞひ、味方の眞似をして駿河勢に入り交じる
義元は三河の國の僧と路次のかたはらの松原にて酒盛しておはします所へ
信長伐てかゝり終に義元の頸を取り給ふ、此の一戰の手柄によって於日本其の名を得給ふ・・・
(引用:『甲陽軍鑑 品第六』p43 国立国会図書館デジタルコレクション)

◆裏・歴史 桶狭間の戦いの黒幕は武田信玄!?今川家武将・葛山信貞の驚愕の正体!!
[ミステリー#107]


動画中の今川軍6,000もの兵を率いていたにも拘わらず戦った記録が全くない
葛山信貞という人物はどんな人なのか調べてみた
ice_screenshot_20180804-070819
葛山 信貞
(?-1582年3月)戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
駿河国葛山領の分郡領主で、葛山城城主。
甲斐国の戦国大名・武田信玄の六男(武田氏系図類による)、生母は油川夫人と伝わる。
通称は六郎・十郎、初名は義久。「信」は武田氏の通字。生年は不詳である。
駿相国境に位置する駿河駿東郡領主である葛山氏元の養子となり、氏元の次女「おふち」を
正室に迎え葛山領を継承する。
ice_screenshot_20180803-203017















信玄前期には、信濃侵攻において服従させた信濃国名族に対し実子に名跡を継がせて懐柔させる
支配政策を行っており、信貞の異母兄の勝頼は諏訪氏を、同母兄の盛信は仁科氏をそれぞれ
継承しており、葛山氏を継承した信貞も駿河における同様の支配方針であると位置づけられている。
27d0a732









武田氏は信玄後期に南進政策へと転換し、永禄11年(1568年)には駿河今川氏との甲駿同盟が破綻し
第一次駿河侵攻が行われる(甲駿同盟破綻の経過で異母兄の武田義信が廃嫡されている)。

継承直後の信貞は10代前半と推定されており、葛山領での発給文書も多くが信玄判物であることから
信貞は葛山城には在城せず甲府在府であったと考えられている。
現地での政務は葛山家臣であった御宿友綱は後見役として現地で政務を代行していた文書が見られ
武田氏領国のうち葛山領は信玄・勝頼の判物が多いことが指摘されており、葛山氏の分郡領主化
は完成せず支配も安定的でなかった可能性が指摘されている。
天正10年(1582年)、織田信長の甲州征伐により、兄の武田勝頼は甲斐国内において滅亡し
信貞も甲府の甲斐善光寺において自刃した。これにより葛山氏も滅亡した。
(提供:ウィキペディア)

動画では葛山 信貞は従妹であるとされていたがウィキペディアによると
武田信玄の六男武田氏系図類による)で生母は側室の油川夫人となっていた
いずれにせよ武田家の人間であったことは間違いないようだ
※今川氏の研究家である小和田哲男氏によると桶狭間の戦時には
葛山信貞という武将はいなかったとの事であるが小和田哲男は日本の歴史を歪曲してきた人物
であるので俄かに信じがたい

信玄が葛山信貞と名乗らせていた武将は双子として生れ落ちた徳川家康の兄弟である可能性が高い
※葛山信貞でなくとも家康は双子であった
徳川家康と武田信玄は親子250






カテゴリ: 日本・日本史・侍・大和魂・大和撫子
カテゴリ: 日本史上の歴史人物
                          ブログランキング・にほんブログ村へ