ice_screenshot_20170805-072731











カナダアルバータ州で“ミイラ化”した新種の鎧竜化石が発見されたことが発表されました。
まるで彫刻のようなインパクトのある姿をとどめた化石発見は、今後の恐竜研究に
どのような可能性を与えるのでしょうか。

このミイラ化した恐竜の全身骨格の化石は、約1億1千万年前に死んだにもかかわらず
いまだに生きているようなたたずまいを備えている。
立体感をそなえ、完全な形で残されている頭骨。
首から背中と尻尾にかけてぎっしり並んでいる、大小さまざまな鎧状の硬質な皮膚の骨の数々。
ほぼ全てそろっているこうした鎧の骨は、首から尻のあたりにかけて、きれいなつながったまま
保存されている。その鎧の下には手足や脊椎などたくさんの骨が、岩石とともに隠れているそうだ。
ice_screenshot_20170805-072825









今回の発見は、世界中に多数ある今まで見つかってきた鎧竜の化石標本の中でも
「最高の保存状態」だという。

この恐竜がどのようにして具体的に死に至ったのかは、今のところはっきり分かっていない。
しかし硬い硬質の皮膚で(背中側が)覆われている鎧竜という条件を差し引いても
これだけ良質のミイラ化した保存状態は、化石研究者にとって望むべくもない。
この化石骨格は2011年に鉱物の採掘地で、現場の従業員によって偶然発見された。
すぐに博物館に連絡がとられ、発掘がはじまった。
やがて博物館の化石修復ラボに運ばれてきた。
この化石の硬い岩石などを骨から慎重に取り除く「クリーニング」とよばれる作業は
のべ9000時間がトータルで費やされたという。
ice_screenshot_20170805-072905











この化石骨格はノドサウルス科(Nodosauridae)に属する、一般に「鎧竜(よろいりゅう)」Ankyolosauria)と呼ばれている恐竜の仲間だ。
博物館の研究者は、今のところ新種新属と考えているそうだ。
ノドサウルス類は、近縁のアンキロサウルス科(Ankylosauridae)の仲間と同様に
白亜紀を通し世界各地に繁栄していた四脚の草食恐竜だ。
ノドサウルスの仲間は、体長5メートルに達する種もいた。
アンキロサウルス科の種によくみられる、尻尾の先の棍棒のようなものを、ノドサウルスの仲間は
持っていなかった。
ice_screenshot_20170805-072725







ノドサウルスは白亜紀後半に世界各地で繁栄をとげた鎧竜の仲間。
背中全体は骨質の皮膚で覆われており、体側にそって棘のようなものも備えていた。
この骨格標本に見られるように、鎧竜の全身(=背中側)は戦車のように、骨質の鱗状の皮膚で
覆われていた。鎧竜と呼ばれる名前の由来だ。
こうした背中の鎧は、亀の甲羅のように大型肉食恐竜などの外敵から身を守るのに適していたと
一般に考えられている。
ice_screenshot_20170805-072939


ice_screenshot_20170805-072852
















 

アカデミズムは大騒ぎの体を示してはいるが恐竜は生きているというか飼育されているので
大した発見でもない感はぬぐえない
火星の地表をひっかいて微生物がいるいないの虚しい発表劇を演じている表NASAに似ている
ec97d92b








                             ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

荒ぶるステゴサウルス 認印
価格:2600円(税込、送料別) (2017/8/4時点)