42e2a070876f176d796b649b89b03af2--goya-saturn-black-painting




















素朴な疑問
イエス・キリスト(ヤハウェ)は絶対神世界の神々はイエス・キリストに統合される
日本の天照大神・クリシナ・アッラーなども全てイエス・キリストと同一神であった
がしかし
聖書に出てこないゼウスやオーディン・クロノスなどのギリシャ神話や北欧神話などの
神々の存在は一体どの天界に属し何者なのだろう・・・

そんな疑問が常に頭のどこかにあった
ゼウスはイエス・キリストなのか?
いや
大体ゼウスは巨人なのでイエス・キリストではない
ゼウスが最高神イエス・キリストだとすればイエス・キリストはネフィリムということになる
そんな記述はどこにもないし聖書にも見当たらない
まだゼウスがルシファー・・・
いいえルシファーの子分であるといった方が近い
ice_screenshot_20170809-090556































ギリシャ神話
は古代ギリシアより語り伝えられる伝承文化で、多くの神々が登場し、人間のように愛憎劇を
繰り広げる物語である。ギリシア神話とも言う。
古代ギリシア市民の教養であり、さらに古代地中海世界の共通知識でもあったが、現代では
世界的に広く知られており、ギリシャの小学校では、ギリシャ人にとって欠かせない教養として
歴史教科の一つになっている。
ギリシア神話は、ローマ神話の体系化と発展を促進した。
プラトーン、古代ギリシアの哲学や思想、ヘレニズム時代の宗教や世界観
キリスト教神学の成立など、多方面に影響を与え、西欧の精神的な脊柱の一つとなった。
中世においても神話は伝承され続け、その後のルネサンス期、近世、近代の思想や芸術にとって
ギリシア神話はインスピレーションの源泉であった。
Greek_myths



























ウラノス
(ウーラノス)はギリシア神話に登場する天空神で全宇宙を最初に統べた原初の神々の王とされる。
果てしなく巨大な体躯を持ち無数の銀河系が散りばめられた宇宙を常に身に纏っている。
ウラノスとはギリシア語で 「天」 の意味で、天そのものの神格化である。
The_Mutiliation_of_Uranus_by_Saturn








ガイアの息子であると同時に夫でもあり、ガイアとの間に巨人クロノスタイタン12神をもうける。
また、巨人キュクロープス巨人ヘカトンケイルもウーラノスとガイアとの間の子供だが
ウラノスはその醜怪さを嫌い、彼らをタルタロスに幽閉してしまう。
0435d31a402bcef04bb8d4f55ea47











これに怒ったガイアは末子クロノスに命じて、刃が魔法の金属・アダマスで作られた鎌で
ウーラノスの男性器を切り落とさせた。
この時流れた血からエリーニュスたちや巨人ギガースたち、メリアスたちが生まれた。
また、一説ではこの後、海に漂流していたウラノスの陽物の周囲にできた泡から生まれたのが
アプロディーテー女神である。


タイタン族
(ティーターン)はギリシア神話・ローマ神話に登場する神々である。
ウーラノス(天)の王権を簒奪したクロノスを始めオリュンポスの神々に先行する古の神々である。
巨大な体を持つとされる。
狭義にはウーラノスとガイアの間に生まれた12柱の神々の兄弟姉妹を指す(タイタン12神)。
クロノスはその末弟。
1 オーケアノス
2 コイオス
3 クレイオス
4 ヒュペリーオーン
5 イーアペトス
6 クロノス
7 テイアー
8 レアー
9 テミス
10 ムネーモシュネー
11 ポイベー
12 テーテュース

ゼウスが父クロノスに戦いを挑んだ時、タイタンたちの多くもクロノス側につき
10年に渡る大戦争となった。この戦争をタイタンの戦いという。
20131015144042



















恐らくは、バルカン半島の地においてインド・ヨーロッパ語族共通の天空神由来のゼウス信仰が
確立する以前の、古い時代の自然神と思われる。
地底に封じ込められており、彼らが時々暴れると地震がおきると信じられていた。
「タイタニック」(titanic)という形容詞に「巨大な」という意味があり、豪華客船のタイタニック号(Titanic)、恐鳥類のタイタニス(Titanis)など様々な巨大なものの名に「タイタン」(Titan)が由来される


クロノス
はギリシア神話の大地および農耕の神である。
山よりも巨大な巨神族タイタンの長であり、ウラノスの次に全宇宙を統べた
二番目の神々の王でもある。性交を好む。万物を切り裂くアダマスの鎌を武器とする。
ゼウスの父親としてもよく知られており、タイタン神族を率いてオリュンポスの神々
全宇宙を揺るがす大戦争を行った。
Rubens_saturn


















ハーデース、ポセイドーン、ゼウスおよびヘーラー、ヘスティアー、デーメーテールの父でもある。
また、愛人であるニュンペーのピリュラーとの間に半人半馬の賢者ケイローンをもうけた。
Cheiron















父であるウラノスの性器を、刃が魔法の金属・アダマスでできた鎌で切り取って追放するが
自身も父親と同様ギガースたちをガイアの胎内に押し込めていたためガイアの怒りを買い
後に息子であるゼウスに討たれた。
彼は父同様、子にその権力を奪われるという予言を受けたため、子供が生まれるたびに
ヘスティアー、デーメーテール、ヘーラー、ハーデース、ポセイドーンの順に
飲み込んでしまったという。Jupiter_Smyrna_Louvre_Ma13s12_04
e107cfa406be36d0758c9f9f93a35811























































最後に生まれたゼウスだけは、母のレアーが偽って石をクロノスに食わせたために助かった。
クレタ島で(牝山羊アマルテイアによって)密かに育てられたゼウスは、クロノスに
神酒ネクタールを飲ませて兄弟を吐き出させ末子であるゼウスが最高神となった。
兄弟は力を合わせて、クロノスらタイタン神族を倒した
(提供:ウィキペディア 編纂:只埜セツ子)

こう見てみるとネフィリムがギリシャ神話から由来した事は明らかだ
ギリシャ神話でゼウスたち兄弟姉妹とゼウスの父クロノスとその兄弟姉妹たち
すなわちギリシャ神話も昔の時代の事実をある程度伝えていると思われる
巨人族は13世紀まで南北アメリカ大陸で生存していたが人間を捕食していたために
人間によって絶滅された

ice_screenshot_20170810-103626300250
Lucifer1300250








                             ブログランキング・にほんブログ村へ