Tocana_201407_post_4418_1 (1)











富士山
は昔
不死山
蓬莱山
などと呼ばれ日本の山岳信仰の要でした

秦氏である徐福は山梨県富士吉田地域に住み着き宮下文書と呼ばれる古史古伝を残しました
神武天皇が現れるはるか以前の超古代に富士山麓に勃興したとされる「富士高天原王朝」に関する
伝承を含み、その中核部分は中国・秦から渡来した徐福が筆録したと伝えられています
「不二阿祖山太神宮」が存在し紀元前3世紀頃、中国の方士・徐福は、秦の始皇帝に
不老長寿の仙薬を求めるように命じられ、3000人の男女を率いて船に乗り
東方の蓬莱山(富士山)目指して大海に乗り出したという話は有名です
※この時に徐福を案内したのが竹内文書で有名な武内宿禰です

今回は富士山の噴火や地震についての情報をお知らせします


2017から起きる危機
01b80903










巨大地震の続発

南海トラフ地震は、南海・東南海・東海の3つの地震、あるいはそれらが連動して起きる
巨大地震のことです。

冬季の深夜にマグニチュード9クラスの超巨大地震が発生、駿河湾から紀伊半島沖を中心に
大津波が発生した場合、関東以西の30都府県で最悪死者32万人可能性があると考えられています。

南海トラフ地震は、今にでも起こる地震として学者たちが指摘しています。
 c7b27d3a
江戸時代の
宝永地震(1707年)はマグニチュード9だった東日本大震災級の南海トラフ地震だった
という研究があります。


2017年1月3日3時35分、三重県南東沖でM4,8、最大震度2の地震が発生し、地震は深発地震で
異常震域でした。

通常、地表から200kmよりも深い地点を震源とする地震は「深発地震」といいます。
もっとも強い揺れが震源の真上ではなく、遠く離れた地点で記録される現象を「異常震域」
といいます。

1月3日の地震は、この両者の条件に当てはまり、南海トラフ地震の中でも
東南海地震の想定震源域で起きたものでした。


宝永地震(1707年)のときには、49日後に富士山も噴火している。

すでに300年以上たっており、富士山噴火を誘発する恐れも十分あります」
(提供:
『週刊朝日』2017年1月6-13日号)

南海トラフ地震の数年~数十年前に、西日本の内陸で大地震が発生すると語る地震学者は
少なくありません。

京都大学防災研究所の西村准教授は、2016年4月の熊本地震と2016年10月の鳥取県中部地震
まさに南海トラフ地震の前触れだと指摘しています。


阪神・淡路大震災なども南海トラフ地震の前触れだった可能性があるのです。

名古屋大学の田所敬一准教授によると、東海・東南海・南海の3つの南海トラフ地震の震源域に
加えて、その南側に、新たな震源域となる可能性があるエリアを発見したといいます。

4連動となる可能性もある説は数多くの研究者たちによって唱えられています。       5222f0b1
















産業技術総合研究所の地震情報研究部門も、駿河湾北部沿岸域で地質・活断層調査を行い
富士川河口断層帯が東海地震の想定震源域に含まれる「駿河トラフ」が、東海地震と連動して
大きな被害をもたらす可能性があると発表しています。


この連動が実際に起きると、南海トラフから続く駿河トラフと、内陸まで続く
富士川河口断層帯によって、より大きな被害をもたらす巨大地震となる可能性があります。


琉球大学名誉教授の木村政昭は、日向灘地震を2014±5年(M7,5)と予測しています。

南海トラフ地震はプレート境界で起きる海溝型地震であり、活断層地震とは性質が異なりますが
この両者が連動する場合も考えられます。
         c05333e1
















新潟県から静岡県まで日本列島を横断する活断層帯である「
糸魚川静岡構造線」と
南海トラフとの連動です。


神戸大学の石橋克彦名誉教授は、駿河湾から四国沖にかけての南海トラフと糸魚川静岡構造線
連動し、M9クラスの巨大地震が起こる可能性があると指摘しています。
     3af25078

        c505b67f



















アムールプレート東端が糸静線であり、もしもこれが大きく動けば
日本列島が2つに分断されてしまう可能性もあります。

185ffda8世界最終戦争前には、日本列島は西日本側と東日本側とに2つに裂けているかもしりません。



四国の沖合や遠州灘の沖合で、とくにその傾向が顕著であることが分かりました。
   c04201c1











南海トラフのようなプレート境界面では、プレート同士が安定して滑らかにすべる領域と
圧力によって固定されすべりにくい
固着域(アスペリティ)があります。
東京大学地震研究所の平田直教授は、「すでに南海トラフでは、いつ大きな地震が起きても不思議ではない状況になっている」と述べています。

プレートの沈み込み帯ではプレート同士の境界面の一部が強い圧力によって固着され
歪みが蓄積した固着域ができます。

浅い場所ではプレート同士の固着が弱いため、スロースリップを起こしながら沈み込む
部分ができます。

 51d1804e



















このスロースリップが起こることで歪みをため込んだ固着域を刺激し、巨大地震を引き起こす
可能性が指摘されています。

    86240a32














スロースリップが多発しているのは、固着域の歪みが限界に近いことを示しているということです。

Tocana_201407_post_4418_1








富士山が噴火した場合、東京へは2時間で火山灰が到達し、都心は昼間でも暗闇となって多くの
自動車が火山灰で視界を遮られ各所で大停滞します。

地下鉄も地上の鉄道も停止し、航空機も火山灰により、エンジンストップするため飛べません。
雨が降っていれば都心は機能を失うことになります。

濡れた火山灰は電線をショートさせ、火力発電所は火山灰を吸い込み停止します。
東京は大停電になり、浄水場の機能が低下し、断水になります。
都心の流通網は使えなくなり、食糧も水も手に入らず、都心に残された人口を支えられない
状態に陥ります。 


火山灰は鋭く尖っているので目に入ると非常に痛く、こすると結膜炎や角膜剥離を起こします。
そして、火山灰を吸い込むと気管や肺が傷つけられ、幼児や高齢者は呼吸器系の病気になる
可能性があります。



首都圏には「富士山噴火」と「直下型地震」、福島第一原子力発電所の最終メルトダウンが襲う
可能性があります。
2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に起因して1 - 4号機で炉心溶融や
建屋爆発事故などが連続して発生し、福島第一原子力発電所事故を引き起こしました。
日本政府は政府のこれ以上の批判回避やデモ活動の増加やパニックと損害補償の回避
原子力発電所の利権の保持のために、もう住むべきではないほどに放射能汚染されている
データを公表しません。
アメリカ軍にとって日本で起きた原発事故の放射能被曝データは貴重でそのためには事実を
日本政府に隠蔽させ、日本人に普通に日常生活を送らせる必要があるのです。
福島県の30万人もの小中学生は、「放射線管理区域」と同じ放射線量を浴びながら生活しています。
欧州放射線リスク委員会は、国際原子力機関と協力し、福島県近隣地域で発症する癌患者数を
予測し発表したところ、福島第一原発100km圏内は今後10年で10万人以上が癌を発症し
100~200km圏内は12万人以上になると予測しました。

「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(スピーディ)」の情報を、国民に公開せず
きわめて強い放射能のホットスポット(汚染物質の残留が多くなる地帯)に避難させても
官邸も霞ヶ関も平気でした。
政府は「スピーディ」を公開したら原子力村体制が非難されるので、ほとぼりが冷めるまで
隠蔽したのです。

 



この他にも惑星衝突が10月に起こるニュースも忘れてはならない
(提供:佐藤 昭信・末日聖徒イエス・キリスト教会 編纂:只埜セツ子)

                                       
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

保存水 5年 2l 12本 送料無料 災害備蓄用 非常用保存水 5年「EMERG...
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/8/12時点)