cf4d60d3











河童を煮て食べた話や河童がUFOから降りてきた話で盛り上がります



尻子玉(しりこだま)
一般的に言われる解説では「尻の穴のなかにある架空の臓器」とされ
河童にその尻子玉を抜かれると溺れ死ぬ、といった説明が多いかと思います。
人間が尻子玉を抜かれると腑抜けになり、それが溺死の原因になると言われていますが
よく使われる「腑抜け」の「腑(ふ)」とは、「臓腑」つまり「はらわた」で内蔵のこと
同じく内蔵全体の意味もある。
腑抜けとは正しく河童に臓かれるとの意味である。







グレイの正体
4本指で水かきを持つグレイはほかの天体の知的生物ではなく地球産の両生類です。
グレイは、日本では「河童」として伝えられています。
「河童」とは文字どおり「河の童子」で、分類的には河に住む童子型妖怪といわれます。
伝承や昔の記録や目撃談から河童のイメージは、体長は成人の人間に比べると小さく
1m前後の人間のような姿をしています。
資料によっては、5~7、8歳、10歳以上の人間の身長という表現もあります。
日本以外にも河童はいて、ヨーロッパでは主に河童は妖精の類いとして扱われます。
水辺の妖精は馬を引きずり込むなど、日本の河童と性格が同じです。

堕天使やアメリカでグレーとして改良されたものも生きていると言われています。

坂本廣志カテゴリーはコチラ

                             ブログランキング・にほんブログ村へ 

フヤナと宇宙人の大冒険2 Kindle版
商品紹介

青年フヤナが宇宙へ旅立ち、様々な種族の宇宙人たちと繰り広げる愛と友情溢れるノンフィクション体験記。第1巻では人類の創造主が宇宙人であり、地球とこの太陽系は宇宙人によって守られていると言う事実が判明したが、前作以上の衝撃の展開に、果たしてあなたはどこまで耐えられるか!?全世界をもひっくり返すほどの驚愕な新事実に、今まで信じてきたものは何だったのか、真実とは一体どこにあるのかを深く考えさせられるシリーズ第2作目となっている。
※本書は、2008年10月からブログで発表されていた『坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験』の電子化にあたり、加筆・編集しました。
ヤコフ率いる混血種ブルーの種族の仲間たちと、鉱物探査と儀式の任務に追われ、毎日を忙しく銀河で過ごす青年フヤナ。宇宙での仲間も増え地位も上がっていくのだが、フヤナのある発言がきっかけとなり、ついに隣の宇宙にまで冒険することになる。そして、フヤナが元々持っていた悪の力に、ある事実が隠されていたことが判明する。その最中、中等生命体グレイが連れてきたある一人の地球人と出会うことに・・・。その人物とは一体・・・。