nikko1








日本航空123便事墜落事故については下記の2記事をUPしていましたが
追跡調査で新たな内容が判明しましたのでここに謹んでご報告いたします
1b2f99472508552e3af250








自己直後、数十名から100名近くの人々が生存していた。


自衛隊員は遭難した人々を救助するでなく
証拠隠滅を図っていた
事故当日、オフロード・バイクで現場に入った近隣の男性グループの一人が
同様の証言をしています。(参考記事、28. 墜落事故現場を訪れた最初の民間人、M氏の証言)

この方によると、事故現場に一番乗りと思いきや、すでに自衛隊員らしき人々が100名も
いたことに驚いたとのことです。
しかも、彼らは遭難した人々を救助するでもなく、もくもくと現場に落ちていたものを
拾い集めていたというのです。

他に、日航機の墜落直前に、長野県南相木村中島地区の住民3人が
「飛行機が飛んで行った後から、流れ星のようなものが近くに飛んで行くのが見えた」
また川上村の住民何名かは、「日航機が山の稜線の向こう側に消えた後、ぴかっと閃光が上がり
続いて、きのこ雲が2回上がる」のを目撃しています。
他の川上村住民の「火の玉が飛んでゆくのを見た」との証言もあります。

通常の飛行機事故では閃光やきのこ雲が上がることはありません。
それどころか、現場周辺には、ミサイルの破片や自衛隊、米軍、そして
ソ連の戦闘機などの残骸が発見されているのです。

墜落現場に落ちていた金属片はミサイルの破片だった
nikko2






ミサイルは日航機エンジンに激突していた ※空対空ミサイル「ファルコン」の残骸
nikko3

















墜落現場から米軍機 RC-135の残骸が発見される
nikko4















運輸省と日航は、ボイスレコーダーとフライトレコーダーを長年公開していなかったものを
15年近く経ってから公開したようですが、専門家によると、かなり改竄されているようです。

前橋地検の山口悠介検事正は、原告の遺族たちに、異例の説明会を開催し
「事故原因をぎりぎりまで追及すれば戦争になる」などと発言をしています。

JAL123便墜落事故は、ただの航空機事故ではありません
これは冷戦の最中にあった1985年では考えられない戦後最大級の事件です。
後述する数々の物的証拠に基づけば、「戦争」といっても過言ではないでしょう。

なぜなら、JAL123便墜落の現場にソ連機の残骸があることを知らなかったからです。
あくまで「米軍機が脅迫のために撃ち落としたのだろう」と思っているはず。

JAL123便墜落事故に得体の知れない闇が潜んでいることを述べる前に
より多くの真実が解明されつつある9.11を例にとり、その背景について説明します。
NY貿易センタービルを自作自演で爆破し戦争の口実としただけではありません。

・アルカイダのテロと吹聴し、イラク侵攻への世論誘導に利用
・NY貿易センターに保険金を掛けて大儲け(日系保険会社倒産)
・事前に航空機株を大量に空売りして大儲け
・アメリカ政府の財務について調査していた組織を抹殺
・アジア王族からの借金返済日2001.9.12の前日、借金踏み倒しのため

ざっと挙げるだけでもここまで多くの目的があります。
この自作自演を長きに渡り画策したのは世界支配者イルミナティ、欲深き悪魔勢力です。
852250







複数の目的を同時に達成するために、綿密な計画を何年何十年にも渡り練ってきたのです。
それと同様に、JAL123便墜落事故も当初から複数の目的を満たすために計画されていました。

JAL123便墜落事故の真相
真の黒幕「日本支配者」とは何者か

以下がJAL123便が「撃ち落とされた」理由と、それにまつわる真実です。
1. プラザ合意を呑ませるために中曽根を脅迫するため
2. プラザ合意に反対していた関西の財界大物4名を全員暗殺するため
3. グリコ森永の実行犯を殺害し証拠隠滅するため
4. 松下トロンOSの技術者17人を抹殺するため
5. JAL123便が核弾頭を輸送していることを米軍が突き止め、ミサイルで攻撃した
6. 核弾頭輸送を隠蔽するため、自衛隊は日航機を御巣鷹山までおびき寄せ撃墜した
7. 自衛隊は米軍機、自軍機、さらには偵察のみのNSA機、ソ連機まで全機撃墜
8. JAL123便の生存者は数十名以上いたが、ほぼ全員VX毒ガスなどの手法で殺された
9. 宗教的な意味を持たせるために、犠牲者は520人でなくてはならなかった

全ての主犯は、旧陸軍帝国の延長上にある陸上・航空自衛隊と在日米軍に巣食う巨大な悪魔勢力です。
全関係者が共謀し、国家ぐるみ世界ぐるみで壮大な隠蔽を行なったのです。
既に多くの自衛隊基地に核弾頭配備済みとは関係者の間では常識です。
そして、日本国民はその事実を知らされることは一切ありません。


JAL123便の真実 (提供:田村珠芳氏書籍)
核兵器に使うプルトニウムが、長野県にある極秘の核施設で取り出されているという話を聞いて
私にはピンとくるものがありました。

それは1985年8月に起きた、JAL123便の墜落事故との関連です。
この墜落事故は実は、金属疲労による事故ではなく、自衛隊と米軍による戦闘の結果でした。


一連の事件を目撃した地元の人々が、何度も入山して航空機の残骸を拾い集め
25年以上にわたって調査を続けた結果、見つかったのは123便の機体だけではなく、米海兵隊所属の
プロペラ機RC-130の着陸装置、地対空ミサイル・レッドアイの弾頭部分、黒い塗装で偽装した
米空軍所属F-106の機体破片など、膨大な量の残骸だったのです。


JAL-123便が撃ち落された主な理由は、アメリカが誘導した円高に反対していた
関西財界の大物4人を暗殺するためでした。

1985年8月、アメリカは日本に対して「円高にしてほしい」と申し入れましたが
関西財界の大物4人が強く反対し、再度の話し合いでも物別れに終わりました。


しかしこの事件には、実はほかにも理由がありました。
実は、123便は「核」を積んでいたというのです。

国内で製造した核を積んで大阪に運び、大阪港からどこかへ積み出す予定であったというのです。
アメリカは、日本が密かに核兵器を製造していることを疑っており、その証拠を押さえたいと
内偵していたところ、JAL123便で運ばれるという情報をキャッチし、現物を押さえるために
黒い塗料で偽装した所属不明機でJAL機を付け狙いました。


日本にしてみれば、アメリカを出し抜こうとして核兵器を秘密裡に製造していたので
現物を押さえられると非常に困ります。


そこで機体もろとも海中に沈めてしまおうということになり、海上で米軍機に撃墜されるように
仕向けたのでした。


しかし、JAL機の機長は思いのほか優秀な人でした。
日本政府は、JAL機側には積み荷の中身を伝えておらず、ただ「貴重なものである」ということで
ベテランのパイロットの搭乗を要求しました。


そこで自衛隊出身であり、飛行技術に長けた腕利きのパイロットである「高濱雅巳操縦士」を
その任に就かせました。


彼は戦闘訓練を積んでいるので、米軍によって尾翼が破壊された時点で
すでに人為的攻撃であることに気づいたようです。


すぐさま、高度1000メートル以下の超低空飛行へと切り替えました。
この高度ならレーダーに捉えられないからです。


ただしそのために、以後、123便は管制レーダーからは消えてしまい
周辺の航空管制官はJAL機を助けたくとも、その機影を追うことさえできなくなりました。


ですから異常発生後の正確なルートは、今もってわかりません。

その後の事故調査の状況から推察すると、羽田にも降りられず、横田基地にも降りられず
海上着床の望みも絶たれ、行くあてを失ったJAJ123便は、突如として現れた自衛隊機に誘導されて
長野方面に向かったようです。


機長にしてみれば、「これで助かった」と思ったでしょう。
ところが自衛隊機は、JAL123便を助ける気など、さらさらありませんでした。
米軍にかぎつけられたことを知り、証拠品である「核」を消すために、追って来ている
米軍機だけではなく、JAL123便の乗客もろとも、すべてを消し去ろうとしていたのです。


自衛隊機は逃げまどうJAL123便を誘導し、秘密基地のある高天原(たかまがはら)まで誘い込み
待ち構えていた地上部隊のレッドアイで米軍機もろとも撃墜しました。


こうしてJAL123便は、高天原山中にある御巣鷹山(おすたかやま)の尾根へと墜落したのです。
そのやり方は徹底しています。


JAL123便とそれを追っていた米軍機はもちろん、誘導した自衛隊機、それに諜報活動中であったNSA(米国家安全保障局)の偵察機、さらに異変を察知してついて来ていただけのロシア軍の
スホーイまで、ことごとく撃ち落したのです。


自衛隊は墜落後も徹底した証拠の隠滅を行いました。
事故直後から「おかしい」と気づき、山に入って調査した人がいて、当日、山を縦走していた
登山者らの目撃情報などを聞いて回り、その謀略の一端をつかんでいます。


それによると、登山者らが墜落現場近くに入った午前2時ごろには、助けを求める人々の声が
多数聞こえていたそうです。

しかしながら現場は険しい斜面の場所でけもの道さえなく、なかなか近づくことができません。
そのうちヘリコプターが飛んできて、何かを撒いたとたん、それまで聞こえていたうめき声や物音が
ピタッとやみ、あたり一帯に静寂が訪れたそうです。


このヘリコプターの行動について、生存者を残さないために、現場にフッ化ホウ素を撒いたのでは
ないかと、複数の専門家たちが分析しています。


その後、事故を目撃した地元の有志たちが生存者を救うべく入山しようとすると
すでに自衛隊がバリケードを築いており、近づくことができなかったと証言しています。


なぜ最も近くにいた地元住民より、自衛隊が先に現場に到着していたのか。
それが事故ではなく撃ち落したものだということを、如実に物語っています。
おそらくその時すでに、核兵器の残骸などの「証拠品」は回収され、闇に葬られたのでしょう。
何が真実で、誰が見方で、敵が何者か、その実態は正確にはつかめませんが
大きな陰謀が存在することは確かのようです。


ちなみに、JAL123便が墜落したのが8月で、その翌月の9月に、ニューヨークのプラザホテルで
先進5カ国(G5)による合意がなされました。

世に言う「プラザ合意」です。

アメリカを救うべく、円高ドル安への国際協調が取り決められましたが
日本は想定される円高不況を乗り切るために、金融緩和へと動きました。


つまり公定歩合を下げ、低金利政策を採用し、通貨供給量を大幅に増加させ、社会にお金が
ジャブジャブだぶつくようにして、景気後退を防ごうとしたのです。

その結果、日本は狂乱のバブル景気へと突っ走ることになりました。


JAL123便の520人の犠牲者
先に述べましたが、「JAL123便」は核を積んでいたために撃ち落されました。
そのとき巻き添えになった520人の乗員、乗客の無念は計り知れません。
これも神の計画の一端であるといわれても、あまりにも無残です。
しかし本当に、彼らは無駄に犠牲になっただけなのでしょうか? 
なぜJAL機は、高天原に落ちたのか?なぜ123便であったのか?

なぜ犠牲者は520人だったのか?そこには理由があるはずです。
そこは高天原という、特別な名前のついた山でした。
周知のように、そこは古事記において、天津神(あまつかみ)が住まうとされる
神聖な場所を意味します。
123=「ひふみ」は、神事を表す特別な数字であり、残酷なまでの情報隠滅作戦にもかかわらず
結果的に524人の乗客のうち4人が生き残り、犠牲者が520人となったことなど
偶然の一致では片づけられない不思議な符号が、本当の理由を教えてくれました。

この世界には偶然というものは存在しません。ですからそこには大きな意味があります。
行き着いたのは、高天原にある神社の両脇に眠る520体の石仏でした。
その神社のご神体は、国常立尊です。

古代日本の王であった国常立尊は優れた人物でしたが、厳格すぎる性格が災いして
家臣に恐れられ、暗殺されました。
そして、暗殺された国常立尊の首が流されたのが神流川(かんながわ)、胴体を流したのが荒川
暗殺者が返り血をすすいだ時「くまなく血で染まった」のが千曲川(ちくまがわ)
そしてその三つの川の源流こそが、高天原です。

その神社に国常立尊が生き返るようにと、昔の人たちはコツコツと石仏を納めました。
そして納めた520体の石仏に、JAL123便で命を落とした520人の御霊(みたま)が入った瞬間
国常立尊が蘇えるという伝説
があります。
この伝説を知る地元の人々は、JAL123便の事故のニュースを見た時、犠牲者が520人だったと
わかって、「あぁ、この人たちが神様を蘇えらせてくれるのだ」と悟ったそうです。

JAL123便の巻き添えになったロシア軍のスホーイは、まったくの偶然で巻き込まれたのでした。
JAL123便が米軍機に攻撃された静岡の焼津周辺には、ツナ缶の工場があります。
そこでは原料のツナをロシアから輸入しており、その積荷が降ろされるのが焼津漁港なのです。
ですからロシア船で日本に原料のツナが運び込まれる時には、護衛のためにロシア空軍の
スホーイが上空から船に追尾することが慣例になっていました。

この日も、ちょうど船の入港日であったために、たまたまロシア機が上空にいたとき
JAL123便の尾翼を攻撃した米軍機の機影をとらえたようです。

これは何かあるに違いないと、スホーイのパイロットは密かに後をつけた結果、自衛隊と
米軍機の交戦に巻き込まれてしまいました。

この事実は、JAL123便の乗客が機内から撮影したカメラに残されていました。
しかしカメラの持ち主は亡くなってしまいましたが、墜落現場にフィルムが残されていて
調査をしていた地元の人が持ち帰って現像したところ、飛行機の窓越しに空ばかり映した写真が
何枚も出てきました。

カメラの持ち主は白浜あたりで、窓越しに光る物体を見つけたようです。
その後も追いかけてくるスホーイを不審に思ったらしく、ロシア機が見えるたびに何度も
撮影していました。
写真の背景にわずかに映っている景色を分析した結果、飛行機が実際に飛んだルートが
推測できたのでした。
それだけ徹底した殲滅(せんめつ)作戦を展開したのは、重大な秘密がJAL123便にあった
ということです。
(提供:
zeraniumのブログ)

ついに歴史の真実に目を向ける時が来たようです。
日本は既に核兵器を保有しており、JAL123便は核弾頭を輸送していたため撃ち落とされた
という事実です。

1. 圧力隔壁の断裂は真っ赤な嘘―風速200m/hとは思えない機内写真

2. ボイスレコーダー(CVR)も捏造だった―乗客の小川氏が遺した写真との矛盾点

3. 日航機操縦不能は嘘だった―低空飛行の真の理由とは

4. 海上自衛隊による撃墜説の嘘(1)―「たかちほ」なる自衛隊艦船は存在しない

5. 海上自衛隊による撃墜説の嘘(2)―標的機の単独実験はあり得ない

6. 海上自衛隊による撃墜説の嘘(3)―米軍の関与なしに自衛隊撃墜説は成立しない

7. 海上を「浮遊」していた垂直尾翼金属片の矛盾―海上自衛隊がなぜ横須賀基地を避けたのか

8. 垂直尾翼は折れなかった―鶴マークを複数の人物が目撃

9. 最初は落ちていなかった主翼―日航機は山に激突していない

10. 米国事故調査スタッフに米空軍の人間が紛れ込み、現場を監視

11. なぜ御巣鷹山の尾根が焼け焦げていたのか―遺体損傷の不自然な激しさ

12. 墜落現場に落ちていた謎の瓶―液状化された毒ガスをばら撒き生存者を殺害

13. 墜落現場に落ちていた金属片はミサイルの破片だった

14. ミサイルは日航機エンジンに激突していた―空対空ミサイル「ファルコン」の残骸

15. ミサイルは必ずしも爆発するとは限らない―1978年大韓航空機の事例より

16. 墜落現場から米軍機 RC-135の残骸が発見される

17. 日航機エンジンとは異なる大きさのエンジンの写真―米軍機 RC-135墜落説を裏付ける

18. 墜落現場に落ちていたオレンジの破片の正体―米海軍偵察機 RC-130

19. 墜落地点に落ちていた黒い破片の正体―
  空対空ミサイルファルコンを発射したNORADの軍用機 F-106


20. 墜落地点に落ちていた黒いラバー材の破片の正体―NSA直轄の偵察機 U-2
21. 墜落地点に落ちていた重ねた鋼板の正体―ソ連軍の装甲車

22. 報道映像にて確認された尾翼の正体―米海兵隊の小型戦闘機 T38

23. 墜落地点にて発見された多数の軍用機の残骸―ソ連機MIG-25も発見される

24. 撃墜された軍用機・ヘリ等のまとめ―これは「日米戦争」である

25. JAL123便の積荷に強毒物質テトラフルオロホウ素が含まれていた

26. JAL123便は核兵器の運搬に使われていた―20数年間雪を溶かし続ける物質とは

27. 未だ解明されていないJAL123便撃墜の決定打は何か―現場から発見された核弾頭の金属片

28. 墜落事故現場を訪れた最初の民間人、M氏の証言

29. 自衛隊を装った在日米軍朝セン人部隊とは―国際軍事評論家B氏の証言

31. 核兵器を積んだJAL123便は自衛隊のレッドアイにより空中爆破され多数の生存者は後から殺された

32. 資料:航空事故調査委員会の報告資料

33. 資料:捏造されたボイスレコーダー(CVR)

36. 資料:(新)日本の黒い霧―JAL123便墜落事故カテゴリ記事一覧
(提供:黄金時代へ・日本の黒い霧)
nikko300250







                             ブログランキング・にほんブログ村へ