ed94a4f0












人魚
は水中に生息すると考えられた伝説上の生き物である。
日本の人魚
鳥山石燕『今昔百鬼拾遺』より「人魚」
日本でも人魚の存在が早くから語られている。
最古の記録は619年とされており摂津国(現・大阪府)で漁師の網に人魚が捕えられた
という記述が『日本書紀』にある。
また聖徳太子が近江国(現・滋賀県)で人魚に会い、生前の悪行で人魚に姿を変えられたと
聞いて手厚く供養したという話もある(観音正寺)。
鎌倉時代の『古今著聞集』などでは、日本の人魚はヒト状の顔を持つ魚とされていたが
江戸時代後期にはヨーロッパ同様、ヒトの上半身と魚の下半身を持つ姿と伝えられるようになる。
日本各地に伝わる人魚伝説は恐ろしいものとされることが多い。
江戸時代の越中国(現・富山県)では、角を持った全長11メートルの人魚を人々が450丁もの銃で
撃退としたといわれる。
SekienNingyo





















若狭国(現・福井県南部)でも漁師が岩の上に寝ていた人魚を殺した後、その村では
海鳴りや大地震が頻発し、人魚の祟りと恐れられたという。
このように人魚が恐れられたのは、中国の『山海経』に登場する、赤子のような声と脚を持つ
人魚の影響を受けたためといわれる。
一方では吉兆との説もあり、寿命長久や火難避けとしても崇められたこともある。
高野山の麓の西光寺(和歌山県橋本市)には全長約50センチメートルの人魚のミイラがあり
不老長寿や無病息災を願う人々の信仰の対象となっていたといわれ、現在でも橋本市の
有形民俗文化財に指定されている。
博多津に人魚が出現した際に国家長久の瑞兆と占われ、人魚を龍宮寺(福岡県福岡市博多区)に
埋葬された。
人魚の老婆が描かれた掛け軸=佐賀市本庄町の東光寺 08a6da43
9994b8a2b9ac32b54e41efe172896e22--funny-images-funny-photosReal Mermaid Body detailReal Mermaid caught on Tape





















 

ice_screenshot_20170831-191846



八百比丘尼伝説
八百比丘尼入定の地。
福井県小浜市の空印寺にて。
八百比丘尼(やおびくに、はっぴゃくびくに)は、人魚など特別なものを食べたことで
長寿になった比丘尼のことで、日本のほとんど全国に分布している伝説の人物。
白比丘尼とも呼ばれる。地方により伝説の細かな部分は異なるが大筋では以下の通り。
ある男が、見知らぬ男などに誘われて家に招待され供応を受ける。
その日は庚申講などの講の夜が多く、場所は竜宮や島などの異界であることが多い。
そこで男は偶然、人魚の肉が料理されているのを見てしまう。
その後、ご馳走として人魚の肉が出されるが男は気味悪がって食べず土産として持ち帰るなどする。
その人魚の肉を、男の娘または妻が知らずに食べてしまう。それ以来その女は不老長寿を得る。
その後娘は村で暮らすが、夫に何度も死に別れたり、知り合いもみな死んでしまったので
出家して比丘尼となって村を出て全国をめぐり、各地に木(杉・椿・松など)を植えたりする。
やがて最後は若狭にたどり着き、入定する。
その場所は小浜の空印寺と伝えることが多く、齢は八百歳であったといわれる。
— 「八百比丘尼伝承の死生観」小野地健

若狭の国(わかさのくに→福井県)の、ある古いほら穴には、人魚の肉を食べた女が八百才まで生きて
身を隠したとの言い伝えがあります。
その女は尼さんになって諸国をまわったので、いつの頃からか、八百才の尼さんという意味の
八百比丘尼(やおびくに)と呼ばれるようになりました。
その八百比丘尼がまだ子供の頃、近くの村の長者たちが集まって、宝比べをしたことがありました。
その中に見た事もない白いひげの上品な老人が仲間入りをして、一通りみんなの宝自慢が終ると
自分の屋敷へ長者たちを招いたのです。
浜辺には美しい小舟が用意されていて、全員が乗り込むと、絹のような白い布がまるで
目隠しでもするように、みんなの上にかけられました。
そして舟が着いた先は、とても立派なご殿でした。
老人の案内で、たくさんの部屋にぎっしりとつまった宝物を見せてもらっている途中
一人の長者が台所をのぞくと、まさに女の子のような生き物を料理しているところだったのです。
「なっ、なんじゃ、あれは。 人間の子どもの様だが、腰から下がさかなの尾びれだ」
おどろいた長者が、その事をすぐにみんなに知らせたので、後から出たごちそうには
誰一人手をつけませんでした。
それを見た老人は、
「せっかく人魚の肉をごちそうしようと思ったのに、残ってしまってはもったいない」
と、言って、長者たちが帰る時に土産として持たせたのです。
帰りもまた、あの白い布がかけられて、どこを走っているかわからないままに、元の浜辺へと
たどり着きました。
そして舟がどこへともなく姿を消すと、長者たちは気味の悪い人魚の肉を海に投げ捨てました。
ところが、珍しい物が大好きな高橋(たかはし)長者だけは、捨てずに家に持って帰り
とりあえず戸だなの中に隠したのです。
そして高橋長者には、十五歳になる娘がいたのですが、この娘は長者が眠ってしまった後で
こっそりその肉を食べてしまったのでした。
人魚の肉を食べた娘は、年頃になると色の白い美しい娘になりました。
やがて結婚をして時が流れ、夫は老人になっていきましたが、どうした事か嫁はむかしのままの
美しさで、その美しさに夫が死んだ後も求婚者はあとを絶たず、その繰り返しのうちに
とうとう三十九人もの男に嫁入りをしたのでした。
その間、夫や村人が次々と死んでゆくのに、女は年を取る事も死ぬ事もないのです。
人々は、
「あれは、人魚の肉を食べたからじゃ。人魚の肉を食べて、化け物になったのじゃ」
と、うわさしあい、一人とり残された悲しさに、女は尼の姿になって
諸国行脚(しょこくあんぎゃ)に出たのです。
そして行く先々で良い事をしながら白い椿(つばき)を植えて歩き、やがて古里(ふるさと)に
帰ってくると、浜辺近くのほら穴のそばに白椿(しろつばき)の木を植えて、その中に入ったきり
出てくる事はありませんでした。
(提供:八百比丘尼 福井県の民話)

八百比丘尼 はっぴゃくびくに(やおびくに)
長寿伝説の尼。
人魚の肉をたべて800歳までいきたとされ,肌が娘のように白く白(しら)比丘尼ともよばれる。
E1491986180407_026a_2















若狭(わかさ)(福井県)小浜の空印(くういん)寺を中心に,植樹伝説や椿をもって諸国を巡歴した話が
各地に分布する。
宝徳元年(1449)若狭から京都にあらわれたという記事が「康富記」「臥雲日件録」にみえる。
「やおびくに」ともいう。
出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例
朝日日本歴史人物事典の解説

人寿800歳に達したとされる長命の比丘尼。全国を旅したという伝説が各地に残っている。
これら伝説の中心と目されているのは,北陸から能登地方である。
福井県小浜市の空印寺の洞穴で入定したといわれる八百比丘尼は,長寿であるにもかかわらず
その容貌は,15,6歳くらいの若い女性のように見えたという。
若さを保っているのは,禁断の肉である人魚の肉あるいは九穴の貝(あわび)を食べたためである
と伝えられている。
新潟県の佐渡島の伝説では,八百比丘尼は,人魚の肉を食べ1000年の寿命を得たが
200歳の分を国主に譲り,自分は800歳になって若狭の小浜で死んだと伝えている。
文献のうえでは,中世室町時代の記録『康富記』や『臥雲日件録』に,文安6(1449)年5月
八百比丘尼が若狭より上京したことを記している。
八百比丘尼像の特徴は,手に椿の花を持っていることである。
北陸から東北地方にかけての沿岸部には,椿がまとまって茂る聖地が点在している。
椿は,春の到来を告げる花とみなされ,椿の繁茂する森は信仰の対象となっていた。
旅をする遍歴の巫女が,椿の花を依代にして神霊を招いたものと想像されている。
八百比丘尼の別称は白比丘尼という。白のシラは,再生するという古語であり
シラ比丘尼の長寿は,巫女の特つ霊力とかかわるものであろう。
(宮田登)
出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報
世界大百科事典 第2版の解説
ice_screenshot_20170828-092805



ice_screenshot_20170831-203319ice_screenshot_20170831-203523ice_screenshot_20170831-203644ice_screenshot_20170831-203723






ed94a4f02250





18c6ec2e








※坂本廣志カテゴリーは
コチラ

                             ブログランキング・にほんブログ村へ 

坂本廣志と宇宙文字カタカムナ Kindle版
内容紹介
この大宇宙では約10億年前に宇宙共通言語と宇宙文字が統一されました。共通言語は私たち日本人が使っている日本語で文字はカタカムナと呼ばれるものです。カタカムナは近年では六甲山系の金鳥山でカタカムナ文字で書かれた巻物が発見されたことで有名になりました。12000年前にムー大陸が沈められる前に、当時の神官たちによって貴重な文明遺産がいくつかの安全な場所へと密かに運びだされました。その一つが金鳥山の洞窟でした。後に他の場所に運ばれていたものも金鳥山に集められています。
この洞窟は世に知られることのない多くの人々によって代々守り続けられてきました。そういう家系の末裔である父と私と父の配下の人々によって、地球の歴史そのものをもの語る膨大な数の資料や機械装置が再び発見され、12000年ぶりに宇宙人に返還されるまでの記録を日記形式で綴りました。特別篇は未公開のものです。
著者プロフィール
1946年神戸市生まれ。六甲山系の竜神様(スカイフィッシュ)の生息地や金鳥山の洞窟などを代々守り続けてきた家系の長男として生まれる。「UFOSG8神戸」会長・テレビタレント・UFO写真家・ジャズピアニストとしても有名。「たけしのTVタックル」など数々のテレビ番組に出演。別名「神戸の超人」と呼ばれている。著書に「フヤナと宇宙人の大冒険」(kindle版)などがある。