201709200005_box_img1_A












メキシコ中部で19日起きたマグニチュード(M)7.1の強い地震で
ロイター通信は20日、少なくとも216人が死亡したと伝えた。※サンパウロ時事

首都メキシコ市や隣接州で小学校など多くの建物が倒壊しており、犠牲者の数はさらに増える
恐れがある。これまでに日本人の被害情報はない。



メキシコでは10日余り前に南部を震源地とするM8.1の地震が起きたばかり。
今回の震源地はメキシコ市の南東約120キロ。比較的もろい造りの家屋や工場、倉庫のほか
アパートやオフィスビルも崩壊し、多くの人ががれきの下敷きになったもようだ。

メキシコ市南部では、4階建ての小学校の1階部分が圧壊。
住民らがツイッターで加勢を募るなどして懸命の救助作業を続けたが、ペニャニエト大統領によると
19日夜までに児童20人の遺体が収容された。
img_2669834a4f2e963016fd416a03b447b6882435














大統領はビデオメッセージで「残念ながら子供を含む多くの人が命を落とした。
心から哀悼の意を表する」とした上で、メキシコ市の4割、隣接するモレロス州の6割が
停電していると指摘。
被災者に当局の指示に従うよう求めるとともに、治安機関や災害当局を総動員して生存者の救出と
ライフラインの復旧に当たると宣言した。
19日は、約1万人が犠牲となった1985年のメキシコ大地震からちょうど32年に当たっていた。
(提供:Yahooニュース)

                             ブログランキング・にほんブログ村へ