創価学会と朝鮮人の池田大作







旧原人に支配されている学会
創価学会の親方池田大作は黒い山葡萄原人です。
池田 大作
本名成太作(성대작、ソン・テチャク)とは創価学会三代会長で日本の宗教家、作家。
宗教法人・創価学会の名誉会長、SGI(創価学会インタナショナル)会長。
山本 伸一(やまもと しんいち)、法悟空のペンネームで作家活動もしている。
日蓮聖人の書かれていない偽本尊を世界190カ国以上1000万世帯に配布している詐欺師のことである。
20150804135946img_0 (1)





















創価学会員たちは知っているのでしょうか? 貴方達の指導者である池田大作は山葡萄原人です。
『中杉弘の徒然日記』をよく読んでもらいたいのですが、山葡萄原人のことを僕は書いています。
現在は遺伝学が発達しているので世界の研究者は「朝鮮人は異常だ」と思って遺伝子を調べています。何故、こんなに犯罪が多いのかと調べた結果、朝鮮人は人間と遺伝子が違います。
900万個も遺伝子が違うのです。全く人間ではありません。
10個や20個違うならばわかりますが、900万個も現代人種と遺伝子が違います。

調べた結果、朝鮮人は悪魔の洞窟門に住んでいた現代人種とは違う原人です。
もうすでに滅びた原人です。それがたまたまアムール川の近くの悪魔の洞窟門に住んでいたので
生き延びてきたのです。人間ではないヒト科です。類人猿でもありません。

クロマニヨン原人と同じようなヒト科です。では、クロマニヨン原人とは猿なのでしょうか? 
猿ではありません。では、人間なのかというと、そうとも言えません。
人骨を集めて葬儀などはしていたらしいのです。そのようなものを見ると猿ではありません。
どこを探しても現代にはいない過去に滅びた原人です。

例えば、北京原人なども、現代には生き残っていません。ジャワ原人も過去に滅びていません。
これらの系統は現代人にはつながっていません。オラウータンは猿として生き残っていますが
原人は滅びているので現代ではいません。

オラウータンと山葡萄原人はどう違うのかというと、山葡萄原人は多少の言葉を使っていたのです。
しかし、文化がない限り、「人類」とは言われません。
山葡萄原人は、生肉は食べていたとしても、文化はありません。

例えば、山葡萄原人は「あそこに花がある」ということはわかりますが、「あの花は美しい」
ということはわかりません。山葡萄原人には言葉がありました。
主語と述語はありますが、感情はありません。感情はイマジネーションから生まれてきます。

山葡萄原人は人間を食っていたのです。山葡萄原人が住んでいた所を、悪魔の洞窟門と言ったのです。その前を人間が通ると洞窟に引きずり込まれて食われてしまったのです。
人間がいなくなってしまうから、「あそこへは行くのではない」と言われて
悪魔の洞窟門と呼ばれたのです。それが朝鮮人のルーツです。
朝鮮人は山葡萄原人なのですから、現代人(ホモ・サピエンス)と遺伝子が違うのは当たり前です。
過去に滅び去った山葡萄原人の血を引き継いでいるのです。

だから朝鮮人は変なのです。犬を道端でぶっ殺して食べるのです。
朝鮮人はユッケという生肉をかっくらいます。
山葡萄原人は、歯をギザギザにとんがらせて何でも食ってしまうのです。
朝鮮人にとって犬は最大の御馳走です。「可哀想」と思わないのです。
そのような感情は原人だからありません。

現代人は「可哀想」とか「痛い」という感情を持っています。
山葡萄原人は、そのような感情はありません。「可哀想」という言葉もありません。
「約束」などという言葉もありません。そのような抽象的な言語は一切ありません。

最近になって、西洋人が「約束」とか「憲法」というので、真似をして作っているだで
本質的にはそんな言語はない民族です。
だから日本人は朝鮮人に毎回約束を破られているのです。
従軍慰安婦も「もうこれで終わりです」と言っているのに、韓国は国家で記念館をつくり
国連に出して従軍慰安婦を登録してもらおうなどと馬鹿なことを性懲りもなくやっているのです。

これが朝鮮人です。池田大作は朝鮮人です。
誇りある大日本帝国臣民が、朝鮮人に支配されるということは正しいことなのでしょうか? 
全く違います。過去の滅びた原人に支配されている日本人などあり得ません。
4581hujintao2










だから統一教会の会員にしても、或は創価学会の会員にしても、朝鮮人が山葡萄原人だと知りません。朝鮮人は日本人のフリをしていたのでわからなかったのです。本来は滅びた原人の生き残りです。

池田大作は若い頃、寝ている人間の布団まではいだのです。
普通の人ならば、そんなことはできません。朝鮮人に向いている職業が高利貸です。
武富士もアコム・プロミス・レイクも朝鮮人の企業です。
困った人にお金を貸すのですから、お金が集金できなくて当たり前です。
それを集金しなければ高利貸という仕事は成立しません。普通の人はそんなことはできません。
池田大作はそれをやってきたのです。今は創価学会本体が高利貸のようなものです。
創価学会は山葡萄原人・池田大作の弟子になってしまったのです。

だから限度を知りません。婦人部の12時間お題目などと馬鹿なことを言っています。
「12時間お題目を唱えろ!」と言えば、不平も不満もあったものではありません。
みんなお題目の方へ向いてしまいます。
「12時間黙ってお題目を唱えるのだ。そうすればわかってくるぞ」ということをやっていると
不平不満はなくなってしまいます。
12時間もお題目を唱えていたら、完全に頭が狂ってしまいます。
足はしびれて長く正座をしていると、足が平らになってしまうのです。
丸い骨が平らに変形してしまうのです。昔の人は膝に“座りだこ”ができてしまったのです。
 
そのように自分たちの正体を見せないために「12時間お題目」とはよく言ったものです。
創価学会は限度を知りません。限度を知らないのが朝鮮人です。
飽くなき金儲けをして、柏原ヤスは、「まだ出せ! まだまだ出すのだ。まだ金はあるだろう! もっと出せ!」と言っています。

統一教会は「あり金残らず全部出せ」といいます。
「自転車もオートバイも車も家も屋敷も不動産も持っているものはすべて出しなさい。
それは全て朝鮮からかっぱらったものだから全て朝鮮に返しなさい!」といいます。
池田大作も同じことを言っています。

統一教会の牧師に「わかりましたか?」と言われて日本人の会員に「ネッ!」と言わせているのです。「ネッ!」とは、朝鮮語で「はい!」という意味です。
統一教会は「朝鮮語は神聖なる言語である」と日本人に教えているのです。
山葡萄原人が、馬鹿なことを言っているものではありません。
このようなことをよく考えなさい。創価学会の親方池田大作は山葡萄原人です。
(提供:中杉 弘)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

朝鮮人よ、日本人に土下座せよ! (SEIRINDO BOOKS) [ 中杉弘 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/11/19時点)



                             ブログランキング・にほんブログ村へ