o0600047013261462333












筑波大
NHKだけを映らないようにするアンテナ作りました!
筑波大学視覚メディア研究室は、動画サイト主導のユーザー参加型研究『ニコニコ学会β』
において「NHKのテレビ放送だけ映さないようにする方法」についての研究成果を発表しました。



この発表では「NHKの放送だけ映らなくするためのアンテナ線フィルタ」の開発を取り上げていて
NHK以外の民放放送は映る状態のまま、NHKの放送だけをカットする動画デモを紹介しています。

同発表によると、原理的にはよく知られた「共振型ノッチフィルタ」という機器を用いるそうで
関東広域圏の地デジ電波26ch(NHK Eテレ)と27ch(NHK総合)の中間にピークを持つ
ノッチフィルタで、NHKの2放送を同時に遮断するのだそう。

NHKが多数保有する地デジ関連特許の制約により、日本国内ではNHKが映らない
地デジ対応テレビを販売できない
とのことですが、そうした制約を回避できるアンテナ部品として
すでにAmazonでは同等品のフィルタ装置が販売されていたりもします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
AMAZONへジャンプします

ice_screenshot_20171009-183851











◆概要◆ 
地上デジタル放送における、UHF26、27の両チャンネルのデジタル信号を遮断する
フィルタ装置です。 
関東広域圏親局(東京スカイツリー)の放送波のみを受信する環境で使用された場合
日本放送協会の放送する 
・NHK総合テレビジョン(UHF27チャンネルで送信されるもの) 
・NHK教育テレビジョン(UHF26チャンネルで送信されるもの) 
の視聴ができなくなります。 

◆設置方法◆ 
UHFアンテナとテレビ本体のアンテナ入力端子をつなぐ同軸ケーブル間に挿入して利用します。 
テレビ背面のアンテナ入力端子(F型のもの)に手回しで取り付けることも可能です。 

◆注意◆ 
※ご利用環境によってはまれにUHF26、27ch以外の受信に悪影響が出る場合があります。 

※以下のような環境の場合、NHKの放送が受信され続ける場合があります。 
 ・アンテナが関東広域圏親局以外の局の信号を受信している場合 
 ・ご利用ケーブルテレビ局によりNHK再放送(同時再送信)が26、27チャンネル以外で
  行われている場合 
 ・ご利用ケーブルテレビ局による「デジアナ変換」による再放送を受信している場合等 

※増幅器(ブースター)が設置されている場合、電源部と増幅部の間には挿入しないでください。
 故障の原因となる場合があります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

将来的なネット配信での扱いも含め徴収については様々な議論があるNHK受信料。
しかしながら上記のようなフィルタ機器を取り付けたことで受信料徴収の対象外になるとは
限らないのであしからず。
(提供:NHKだけ映らないアンテナの開発)

終盤尻つぼみになったが
次回はもっと強力な反日犬HK遮断方法をお送りする予定なので期待して欲しい
8882








                             ブログランキング・にほんブログ村へ