この記事はヒトラーに関する情報は90%捏造だった
の記事に基づきUPしています ※捏造されていたソース元を編集した内容です
お読みいただく前にヒトラーに関する情報は90%捏造だったをお読みください
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
adolph-hitler-micropenis-650x350













ニーチェの思想は20世紀の哲学・文学・思想界に深い影響をおよぼし、ナチスの指導者理論の
基に利用されました。
ニーチェと同時代の作曲家リヒャルト・ワーグナーは、新しい音楽スタイルである「楽劇」の
素材を「ゲルマン神話」に求め、自分の創作したドイツ民族歌劇がヒトラーを
狂喜させることになりました。
db9293a5












ワーグナーはドイツ人民こそがニーチェのいう優等民族であると明言し「時は迫り来た!」と
喝破しました。

ワーグナーは1880年出版の『宗教と芸術』の中でユダヤ人解放を非難し高貴な人種と
高貴ではない人種との混交が人類最高の特質を損ないつつある
という信念を表明していました。
アーリア人種の純粋さを保つことによってのみ「人種的な感情の真の復活」は
成し遂げられる
というのです。
d5e14674
















ナチス・ドイツには、大衆の心理操作をする専門組織が存在しました。
第二次世界大戦が勃発する直前、ドイツで数多く制作された「ユダヤ人撲滅キャンペーン用フィルム」は、当時のドイツ人の誰が見てもユダヤ人を憎むような作り方になっていました。
人の心理の奥底へ侵入し波状的に演出を繰り返すことで、ついには洗脳できるという
計算の上で編集が施されていたのです。

プロバガンダの天才とよばれたヨーゼフ・ゲッベルスは、ナチス・ドイツにおいて国民啓蒙
宣伝大臣を務めた人物です。
Bundesarchiv_Bild_146-1968-101-20A,_Joseph_Goebbels




















うそも繰り返せは真実になるという手法は巧妙で、大衆に宣伝を刷り込ませ大衆の心理操作を
しました。






 
ゲッベルスはこう述べています。

もしあなたが十分に大きなうそを頻繁に繰り返せば、人々は最後にはそのうそを信じるだろう。
うそによって生じる政治的、経済的、軍事的な結果から人々を保護する国家を維持しているかぎり
あなたはうそを使える。
よって、国家のためにすべての力を反対意見の抑圧に用いることはきわめて重要だ。
真実はうその不倶戴天の敵であり、したがって真実は国家の最大の敵だ。

娯楽の中に宣伝を刷り込ませ、相手に宣伝と気づかれないように宣伝を行いました。
宣伝したい内容を直接キャッチフレーズ化して強調、連呼せず、心の中で思っているであろう不満
疑問、欲望を遠まわしに刺激し暴発させます。
もっとも速度の遅い船に船団全体の速度を合わせる護送船団の如く、知識レベルの低い階層に
合わせた宣伝を心がけていました。
 

アメリカのジャーナリストであるフレデリック・エクスナーによれば、ヒトラーは彼に次のように
打ち明けたといいます

私にとってワーグナーは神的で、彼の音楽は私の宗教なのだ。
私は別の教会に行くようにワーグナーの上演に行く。


ヒトラーがワーグナーの作品の中でとくに好きだったのは「アーサー王伝説」を題材とした物語の
パルジファル」で、主人公パーシヴァルが騎士道を志しアーサー王の円卓の騎士をへて
中世における最高の理想像たる聖杯守護王になるまでを描いた作品です。
楽劇「パルジファル」は「アーサー王伝説」よりも宗教的意味合いを濃く彩られ
ヒトラーの興味と一致しました。
この作品中でヒトラーは「聖杯伝説」を信じました。









「聖杯」とされているのはイエス・キリストが最後の晩餐で用いた杯であり、十字架から滴る
キリストの血を受けたとされる杯です。
この失われた「聖杯」の伝説は「アーサー王伝説」の中心的主題の1つとして広まり
十字架上のイエス・キリストの脇腹を刺したとする「ロンギヌスの聖槍」と合わせ
ともに失われた2つの秘宝を手にする者は地上世界の支配者になれると物語上でされていました。
7014405a



























ヒトラーの思想とサタン

ヒトラーはかつてこう語っていました。

われわれは道徳思想と人間の精神的志向のすさまじい革命の出発点に立っている。
われわれは自然について神性について姿なきものについて、悪魔的なものについての
神秘的知覚を学ばねばならない。
世界を魔術的に解釈する知性ではなく意志の観点から解釈する新時代が近づきつつある。


そして、ヒトラーは自分の終末論を「ヨハネの黙示録」にそって展開します。
「2つの世界が互いに対峙しているのだ。
ユダヤ人は反人間、われわれとは何か別の神の創造物なのだ。
人類の別の根から生えてきた存在にちがいない。
だから彼らとの戦いは神々の戦いでもある。
ユダヤ人との間においてのみ世界支配のための戦いが戦い抜かれるのだ。」d84d6058


















ヒトラーは世界統一政府ができたときに「天からエルサレムが下りてきて福千年が始まるのだ」
と言っていました。

ヒトラーの思想は、わざと地上を破滅的な状態にすることによって強引に福千年を達成させる
という解釈が正しいとしています。

この考えがシークレット・ガバメントにあります。

ヒトラーは第二次世界大戦を開始する前の比較的平和な時期に側近グループに
次のようなことを語っていました。

天意は私を最大の人類解放者に定めた。
私は自分の命がもはやなくなったときに初めて秘儀としてこれを達成するつもりである。
そのとき何か途方もなく巨大な出来事が起こるであろう。
何か圧倒的な啓示である。
その自己の使命を果たすために私は殉死せねばならないのだ。


ヒトラーはキリスト教徒やユダヤ教徒が昔から強い関心を持っている救世主については
次のように述べています。

世界の終末が進むと人間はイエス・キリストやヤハウェに頼るようになる。
しかしそんなものはこない。
ユダヤやキリスト教の幻想だ。
私ははっきりいうが、そんな『救世主』は本当にこないのだ! 
その代わりに人類は、苦しまぎれの突然変異で、救いの超人や神人を生み出す。
彼らや彼女たちは、知能が数次元高いだけではない。
外見は人間とあまり変わらないが、人間にとっては危険などんな毒や殺人光線を浴びても
生きていられる。

神経も内臓も人間と違う次元に進化してしまうのだ。


ヒトラーのキリスト教嫌いは有名で、1941年から1944年にかけて、ヒトラーが側近に述べた
会話記録の本『
ヒトラーのテーブル・トーク』の中でこのように述べています。

聖パウロの努力にもかかわらず、キリスト教の教えがアテネでは普及しなかったのはおもしろい。
この貧乏ったらしいばかな考えに比べて、ギリシアの哲学ははるかに程度が高く、使徒の伝道
を聴いたアテネ市民は大笑いしたという。

しかしローマでは聖パウロを受け入れる下地が整っていた。
人類は平等という考えが、生活の基盤を持たない大衆の心をつかんだのである。
ローマではゲルマン民族は深い尊敬を勝ち得ていた。
一方、ユダヤ人はローマでは軽蔑されていた。
ローマ社会はこの新しい教義に反感を抱いたが、純粋な段階のキリスト教は民衆を動かして
反乱を起こさせた。


イエス・キリストはアーリア人だった。
パウロがイエスの教えを利用して犯罪者どもを動員し『原始共産主義』を組織したのだ。
この時、それまでの天才、ギリシア・ローマ人の時代が終わったのだ。
人間たちが自分の前にひれ伏すのをみて喜ぶ『神』とはいったい何者なんだ。
その神は自分で罪を犯しやすい状況をつくり、悪魔の助けを借りて人間に罪を犯させるのに成功した。
それから処女に男の子を生ませ、その男の死で人間の罪を贖った。
何ともばからしい話だとは思わんのか!

ムハンマドの説く天国に夢中になる人間の気持ちは私にも理解できる。
自然の驚異を畏敬する人間の気持ちも分かる。
しかし、キリスト教の無味乾燥な天国だけは分からない。
生きている間はワーグナーのすばらしい音楽に聞き惚れていたあなたたちが、死後シュロの枝
を振りながらハレルヤを歌うしかない世界、赤ん坊と老人しかいない世界に行くのだ。

キリスト教は腐った脳の産物だ。
これ以上に無意味でひどいやり方で神をばかにした宗教はない。

信仰とは信じない者には力によって強制すべきものであるらしい。
もし人間が神を信じることを神自身が望んでおられるのであれば、なぜ責め苦によって
その目的を果たそうとなさるのだろう。

よきカトリック教徒だと自認する人々の中でも、教会の宣伝するたわごとを全面的に
信じている人はほんのわずかしかいない。


キリスト教の到来は人類にとっては最悪の事件だった。
宗教にうそを持ち込んだのはキリスト教である。
太古の時代には人と神との関係は本能に根ざしたものだった。
それは寛容に彩られた世界だった。
敵対するものを愛の名において滅ぼした宗教はキリスト教が最初である。
そのキーワードは非寛容なのである。
キリスト教のおかげで人が精神的生活に目覚めたなどといってほしくはない。
それは物事の自然な進展の結果である。
ローマ帝国の崩壊は数世紀におよぶ暗黒をもたらしたのだ。
eed05e64














ナチス・ドイツは、キリスト教の教義とアーリア人至上の人種純潔の概念を混合した
積極的キリスト教」を作りました。
積極的キリスト教は次のようなものです。
聖書のユダヤ人が書いた部分を否定する。
キリストがユダヤ人であることを否定する。
カトリックを根絶しプロテスタントをキリスト教で国家社会主義者の1つの教会に統一する。

ヒトラーは「キリスト教」を嫌ってはいましたが「イエス・キリスト」は嫌ってはいませんでした。
ヒトラーはイエス・キリストはユダヤ人ではなく「アーリア人」だと信じていて
イエス・キリストの直接的な教えは、ユダヤ人によって著しく歪められたと思っていたのです。 

次のようなヒトラーの発言集から思想が分かります。

大衆の多くは無知で愚かである。
偉大な理論家が偉大な指導者であることは稀である。
むしろ煽動者のほうが指導者に向いているだろう。
私は支配者ではない。指導者である。
私の意思こそがすべてを決定する。
熱狂した大衆だけが操縦可能である。
うそを大声で充分に時間を費やして語れば人はそれを信じるようになる。
私は「説得」によってすべてを作り出した。
平和は剣によってのみ守られる。
私は戦争を行う者である。
戦争意図を目的として含まないような同盟はナンセンスであり無価値である。
戦争のためにのみ同盟は結ばれるものである。
私のモットーは「何も行わずに敵を悩ませる」ではない。
私のモットーは「完全にすべての手段で相手を倒す」だ。 
自己をあらゆる武器で守ろうとしない制度は事実上自己を放棄している。
この世界でもっとも神聖な権利は植民地ではなく自分自身で耕そうとする土地の権利であり
もっとも神聖な犠牲はこの土地のために流される血であることを忘れてはならない。

人種堕落の時代において、自国の最善の人種的要素の保護に専心した国家は
いつか地上の支配者となるに違いない。

賢い勝利者は可能なかぎり自分の要求を何度も分割して敗北者に課するだろう。
女は弱い男を支配するよりも強い男に支配されたがる。
天才の一瞬の閃きは凡人の一生に勝る。
2d272528

99138682

e4326df1

3fc82ed9

5c2d6531

eda5c561




























































































































思想家デニス・ド・ルージュモンはこう述べています。
「私はヒトラーの演説を聞いたことがある。
どこからあのような超人的エネルギーが生じてくるのだろう。
あの種のエネルギーは個人のものではない。
あれは個人がどうでもよくなった次元においてのみ可能なのであり、われわれの心理では
理解し得ぬ力の表われなのだ。……」


心理学者カール・グスタフ・ユングは、ヒトラーについてこう評しています。
「ヒトラーは真に神秘的な呪師といえる人間である。
彼は預言者の目をしている。彼の力は政治的なものではない。それは魔術である。」
 


ヒトラーは演説の時間をなるべく夜8時以降にしました。

なぜなら1日の労働を終えた夜の方が、疲労のために理性や思考力が鈍り感情的になって
暗示にかかりやすくなるからです。
ヒトラーのは「大衆は理性で判断するよりも感情や情緒で反応する」と言っています。
この言葉は、暗示によって人々を一種の催眠状態に落とし入れて自分の意のままにす
洗脳のパターンを認識したうえでの発言です。


演説会場にも細心の注意を払っています。
まず会場には大きなかがり火をいくつも焚き神秘的なムードを盛り上げ、そのすぐ上空には
何十機の重爆撃機が轟音をたてて飛びます。

その飛行機を追う幾重ものサーチライトが夜空を明るく照らし出します。
ハーケンクロイツの旗が風にたなびいて音をたてます。
もうこれだけで人々はど興奮します。
そして、群衆がヒトラーの現れるのをまだかまだかと痺れを切らして待っていると
突然ワーグナーの勇壮な音楽が鳴り響きます。

ゲルマン民族の精神的高揚が高まりクライマックスを迎え、スポットライトに照らし
出されてヒトラーが登場するのです。


そして、演説が始まりますが早口で語調も激しく同じ内容を繰り返します。
群衆は酔ったようになっているので、暗示の法則の反復がもっとも効くのです。
日本催眠学会の名誉会長である藤本正雄は、当時ヒトラーの演説を直接見聞したときの
感想を次のように語っています。

 
「1933年、ドイツに留学していたときに私はバーデンバーデンという温泉町でヒトラーの
街頭演説を見たことがありますが、あの演説のうまさは
催眠の原理そのものでした。
まず論理より感情に訴え次に1つの思想を植え込みます。
つまり、驚かしてハッとなったところで暗示の世界に投げこむ『瞬間催眠法』に似ています。……
それは催眠をかける施術者と催眠を受ける被術者との関係でした。
そこに私は集団催眠の好適例を見る思いがしました。」 

ミュンヘンで美術出版社を経営するエルンスト・ハンフシュテングルは、のちにヒトラーと
親交を結ぶ人物ですが、そのハンフシュテングルが始めてヒトラーの演説を体験したときの話は
ヒトラーの力を見事に描写しています。


「……夢からさめたような気分で周囲を見まわすと驚いたことに聴衆の態度は一変していた。……
つい1時間前までは……ありとあらゆる罵詈雑言を投げつけた大衆の抑えられた苛立ちが深く
感動した連帯感に変わっていた。

人々は息をひそめて耳をそばだて、ヒトラーの一語一語を飲み込んでいた……。
近くの1人の女性は……ある種の献身の陶酔に浸っているかのようにヒトラーの顔を
凝視しもはや忘我の境にあって、ドイツの偉大な未来に対するヒトラーの盲目的な
信仰の魔力に完全に虜にされていた。……

演説はやがて『言葉のオーガズム』ともよべるクライマックスにたっした。……
聴衆は熱狂的な拍手を送りテーブルを叩いた。」

1938年に刊行された『わたしはヒトラーを知っていた』の著者クルト・リューデッケも
次のように記しています。

「私は……この男の話を聞いたときに自分を襲う感覚をどう表現すれば良いのか分からない。
彼の言葉はムチのように強く……彼の説く福音は聖なる真実だ。
まるでルターの再来のようだ。
私は何もかも忘れ彼に集中した。
そして周りを見渡すと彼の磁力は何千もの人々を1つにしていたのである。
この男の発散する強烈な意志と裏表のない情熱が自分に流れ込んでくるようだった。
この高揚感は宗教的覚醒でしか起こらないような体験だった……」

ヒトラーの側近であり、のちにナチズムを離れたシュトラッサーもこ述べています。
「ヒトラーのいうことに耳を傾けていると、突然彼は人間離れした栄光に輝き出す。……
薄暗い窓の外に光明が現われるのだ。
喜劇的なひげを生やした人物はすなわち天使と化す。
だがやがてこの天使は飛び去ってしまう。
するとヒトラーは全身に冷汗をかき、濁ったガラスでできたような光のない眼つきになり
力なく腰を下ろす。」 


ダンツィヒ市議会長ヘルマン・ラウシュニングは、直接ヒトラーに会ったときの感じを
次のように語っています。

「どうしても霊媒を考えてしまう。
この霊媒とは普段はおよそ眼につかぬ平々凡々とした人物なのだ。
ところが突然、あたかも空から降ってきたかのように超能力を生じ、通常の人々がとうてい
届き得ない高みへと舞い上がる。

このような能力は彼らの真の人格の中にあるものではなく外から来るものなのだ。
それはほかの天体からの訪れる人のことである。

霊媒は憑かれるのだ。
憑きが落ちると彼は再び平々凡々の人物に戻ってしまう。
疑いもなくある種の力がヒトラーをよぎるのはこのような形においてなのだ。
ほとんど悪魔的といって良いほどのある種の力が彼をよぎるのだが、あのヒトラーという男は
その力がほんの一瞬だけ身にまとう束の間の衣にすぎないのだ。

ヒトラーと接触を持つとこのようなごく平凡なものと世にも不思議なものとの結合どうにも
やりきれないような二元性が感じ取られる。……

事実、病的な無秩序と濁った力の結合であるこの奇妙な顔つきを見るとき
誰でもこのような印象を受ける。」


青年時代のヒトラーの唯一の親友だったアウグスト・クビツェクは、次のように述べています。
「アドルフは内向的な性格で、誰にも立ち入らせない精神領域を常に持っていました。
彼には理解不能な秘密があり、私にとっても多くの点は謎のままでした。
しかし、その秘密のいくつかを解く鍵がありました。
それは美への熱狂です。
ザンクト・フロリアン修道院のような壮麗な芸術作品の前に立つと、私たちの間のあらゆる
障壁が崩れ去るのです。

熱狂しているときのアドルフはとても打ち解けやすくなり、私は友情がさらに深まったように
感じました。」

33e95fcd















イギリスの新聞『
DAILY STAR』によると、ヒトラーの特殊な性癖は戦前のアメリカの
諜報機関である「戦略事務局(
Office of Strategic ServicesCIAの前身)」に提出された
極秘ファイルに詳しく記されていました。

当時のアメリカは独裁者ヒトラー誕生の経緯や次の出方を予測するため
彼の心理状態や私生活までも分析の対象としていました。

そしてドイツ国内に送り込まれた多数のスパイから、彼の性癖に関する情報がもたらされると
マサチューセッツ州ケンブリッジの精神科医であるウォルター・チャールズ・ランガー
博士に分析を依頼し、1943年に博士がレポートにまとめて提出しました。


レポートによるとヒトラーはスカトロマニアでした。
ベッドの上で横になったヒトラーは、女性に対して自らの上にまたがるよう指示し
その状態で排便するように要求していたというのです。

しかも、そのような行為を自身の姪であるゲリ・ラウバルにも行わせていたようです。

1931年9月17日、ヒトラーのミュンヘンにあるアパートでヒトラーとゲリは2人だけの昼食の
席で激しい口論をしました。

ヒトラーがニュルンベルクでの幹部会に出かけていた翌9月18日の朝には
自殺したとされるゲリの死体が発見されました。

1ab3ee78














当時の人気女優
レナーテ・ミュラーと夜をともにしたヒトラーは進んで床に腹ばいになり
自らに蹴りを入れるよう要求したといいます。


1937年にナチスのプロパガンダ映画に出演後、アパート(または病院)の3階の窓から
飛び降りて亡くなりました。

公式には自殺と発表されましたが、彼女が亡くなる直前にドイツ警察の中の秘密警察部門である
ゲシュタポが建物に入っていく姿が目撃されており、ゲシュタポが窓から彼女を投げ落とした
可能性があります。


彼は普通の性行為では性的興奮を味わうことができない人間だったいうのです。
これらヒトラーの性癖は、その行為の当事者やナチスのオットー・シュトラッサー
突撃隊幕僚長エルンスト・レームらから西側のスパイたちに伝わったとされています。
6f374752
336a806f
ae09d31b



























































b0ec7be3






















ヒトラーとともに自殺したとする直前にヒトラーと結婚した
エヴァ・ブラウン
日記に次のように記しています。

「ヒトラーは時々、異常なほど内気になる。
きっと過去の嫌な体験からきているのだろうと思うけど、あの人の内気さは普通じゃない。
とくに人前に出ると、内気な自分を悟られまいと必死になっている。
私にはそれが手に取るように分かる。
トイレに逃げ込みたくなるほどおびえているのかもしれない。
どうしてあれほど自制するのだろう?
うぶな娘のように振舞うのだろう?」
451022be














またエヴァ・ブラウンは日記の中で「ヒトラーはとにかく謎めいている。
何かを隠そうとしている。そこがとても薄気味悪い」と記しています。 

エヴァ・ブラウンは1937年冬のある日、ヒトラーは目をギラギラと輝かせながら
「天才と狂人」について次のような謎めいた話をしたといいます。

「天才は普通人とは異なる精神領域で生きている。
天才は時々普通人の精神世界に舞い戻る。
しかし、もし戻れないと普通人の目には狂人に見えるのだ。
ヘルダーリンネロのように。
天才はたいがい限界というものを感じない。危険というものを感じない。
私は自分を知っている。シェークスピアが自分を知っていたように。
彼の十四行詩を読めばそれが分かる。
シェークスピアは2つの領域を行ったり来たりした。
穏やかな人物でありながら、それをやってのけた。
情熱的な私なら、難なく2つの領域を行き来できる。」 

エヴァ・ブラウンは日記にこのときのヒトラーの目はとても薄気味悪く
輝いていてまるで燃えているようだった。

本当にこのときのヒトラーの表情には、背筋がぞっとしたと記しています。 
     76b8c569



















1914年に始まった第一次世界大戦に、ヒトラーは志願して参戦しています。

第一次世界大戦で、ヒトラーは4年間に40回以上の戦闘に参加。
伍長としては異例の一級鉄十字章を受章するなど6回もの表彰を受けました。
具体的には、一級鉄十字章、二級鉄十字章、連隊賞状、黒色戦傷章を受章しました。
ヒトラーは伝令兵(各部隊との連絡役)として配属され終戦までに伝令兵としての活躍を評価されて、剣付き功三級鉄十字章を2回受賞してています。
ヒトラーは記録に残っているだけでも、危ういところで命拾いしたことが何回もあります。
ヒトラーは前線で何度も奇跡的に命拾いをしたために、同僚の兵士たちから「不死身の男」と
評されていたのです。
(提供:飛鳥昭雄・末日聖徒イエス・キリスト教会 編纂:只埜セツ子)
hitlerhe300250200c3cbe21f







▣ ヒトラーとナチスの捏造と真実
                                        
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒトラー(上) 1889-1936傲慢 [ イアン・カーショー ]
価格:8640円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)