800px-Prisoners_liberation_dachau











ホロコースト
ご存知の通り、ホロコーストとは第二次世界大戦中に起きた悲劇であります。
一般的には次のように認識されています。
o0650044313619032848















1933年にナチ党が権力を持って以降、ドイツでは反ユダヤ主義が国是となり、様々なユダヤ人
共産主義者に対する迫害が行われていた。
第二次世界大戦の勃発後、ナチス内部には「ヨーロッパにおけるユダヤ人問題の最終的解決」を
行おうとする動きが強まり、ドイツ国内や占領地のユダヤ人を拘束し、強制収容所に送った。
収容所では強制労働を課すことで労働を通じた絶滅を行い、また占領地であるポーランドには
絶滅収容所なるものを設置し、銃殺、人体実験、ガス室などの直接的な殺害も行われた。

親衛隊は強制収容所の管理および各地でユダヤ人狩りを行い、ドイツ国防軍は親衛隊や中央官庁の
要請に従ってユダヤ人狩りへの協力を行った。
軍需省や四カ年計画庁、一部の企業は工場において強制労働を行わせ、虐殺した。
また、ヴィシー政権下のフランスをはじめとする占領地における「ユダヤ人狩り」は
現地の治安機関によっても実施された。

ドイツによるホロコーストによって殺害されたユダヤ人は600万人以上
最多で1100万人を超えるとされている。
(提供:ウィキペディア)

ホロコーストについては、学校でも習いますし、映画や小説等様々なメディアで描かれてもいます
ので、世間一般に広く知られています。
そしてその一方で、ホロコーストの規模や、そもそもの実在について、疑惑があるのも
事実なのであります。
a62c03d4-0e50-11e1-b757-00262d09affa_medium













アウシュビッツ収容所の看板「労働が自由をもたらす」

言論弾圧
ホロコースト否認論に関しては、常に言論を弾圧しようとする動きがあります。
ヨーロッパでは、ホロコーストの否定を法律で禁止する動きも出てきています。
既にドイツ、フランス、オーストリア、ベルギー、ルクセンブルクなどでは
「ナチスの犯罪を否定もしくは矮小化」した者に対して刑事罰が適用される
法律が制定されています。
また、2004年にはイスラエルで外国に対してホロコースト否定論者の
身柄引渡しを要求できる「ホロコースト否定禁止法」
なるものも制定されています。

日本でも、「マルコポーロ事件」という事件かありました。
文芸春秋社刊行の「マルコポーロ」という雑誌が、
「戦後世界史最大 のタブー。ナチ『ガス室』はなかった。」
という記事を掲載したところ、アメリカのユダヤ人団体とイスラエル大使館から
激しい抗議を受けた事件

特に、ユダヤ人団体は、アメリカ内外の企業に、文芸春秋社刊行の雑誌全てに広告出稿の
差し止めを要請するなど、かなり強い圧力をかけた。
最終的には、社長・編集長の解任、マルコポーロの廃刊という形で決着した。

ホロコーストの有無または被害の度合についての真偽は別として、このように議論自体を封殺する姿勢は、サヨクたちがよく使う手です
従軍慰安婦や南京大虐殺と同じ臭いがします。
ナチスドイツが絶対悪とされている所以はナチスドイツが、組織的・計画的に不当な人種差別に
基づき、ユダヤ人を物理的に絶滅させようとしたという点です。

地球規模でナチスドイツを血祭りにあげ徹底的に捏造を隠蔽する臭いが充満しています

ナチスドイツは組織的・計画的にユダヤ人を虐殺したのか?
この点に関しては、有名な話ですが、否定派が最初に上げる根拠として
ヒトラーが「ユダヤ人を虐殺すること」を命じた命令書、指示書の類は今日まで一通も見つかっていない
ことが挙げられます。
この点は皆が認める事実で、かなり違和感が残ります。
敗戦へ向かう混乱の中で、全ての書類を燃やし切れるものなのでしょうか?
また、ヒトラーがユダヤ人を「殺害」すると解釈できそうな表現をしたのは
後にも先にも一度きりです。
その発言は、1939年にドイツ帝国議会でなされたもので
本日、私はいま一度預言者となろう。もしヨーロッパ内外の国際的ユダヤ人資本家が
諸国を再度の世界戦争に陥れることが成功したら、その結果は地球のボリシェヴィキ化や
それによるユダヤ人の勝利ではなく、ヨーロッパのユダヤ人の全滅である。
というもの。
しかし、その後はユダヤ人を殺す、絶滅させるといった類の発言は一切していません。
また、絶滅や根絶という言葉はナチスの演説等で良く出てきますが、前後の文脈からは
「物理的な絶滅」ではなく、「影響力の排除」という意味合いの使い方をされています。
また、一説には、「ヨーロッパにおけるユダヤ人問題の最終的解決」というのは
ユダヤ人のロシアへの強制移住計画の事であると言われています。

ガス室は存在したのか?
次に、ホロコーストの代名詞とも言える、「ガス室」について。
実は、ガス室の存在についても、疑惑があると言われています。
いくつかの論点をまとめてみます。
疑惑その1.アウシュビッツで公開されているガス室の位置、構造がおかしい
・ドイツ人用の病院の前にガス室があり、ガスを排気する際に、向かいの病院のドイツ人達に
被害が出る危険性があります。施設計画上、考えにくい配置になっています。
・ガス室では、ツィクロンBという殺虫剤が使われていたとされています。
93f7c17a


















この製品は、通常は加熱することにより青酸ガスを発生させるものですが
加熱するための装置の痕跡はアウシュビッツのガス室にはありません。
・本来密閉されるべきガス室ですが、アウシュビッツのものは、機密性に乏しく
仮に内部にガスが充満した場合、建物周囲に漏れ出る危険性があります。
疑惑その2.使用された毒ガス「ツィクロンB」の特性
ツィクロンBは、加熱しなくても青酸ガスは発生しますが、加熱して6時間、摂氏5°で放置して36時間
青酸ガスが発生し続けます。
アウシュビッツ(ポーランド)周辺の平均気温は、夏は20~25°ですが、冬は最高気温すら
氷点下となります。
また、換気には10~20時間かけるよう、ツィクロンBの取扱説明書に記載があります。
青酸ガスが発生している間ガス室内の換気は出来ませんので、一回のガス殺に最低でも16時間
最高で54時間かかる事になります。
アウシュビッツのガス室では「32分で800名の処刑が可能であった」とされていますが
これは完全に嘘となります。
また、ツィクロンBはかなり高価な薬剤でしたし、取扱いも手間のかかるものでしたが
なぜわざわざナチスがこれを採用したのか不明です。
疑惑その3.被害者数が多杉
ホロコーストで殺害されたユダヤ人の数は諸説ありますが、少なくとも150万人
一説には600万人以上と言われています。
それでは、ユダヤ人の総数はどれほどのものなのでしょうか。
各種統計がまとめられている「世界年鑑」の1938年版を参照すると、約1,658万人。
一方で、ニューヨーク・タイムズが1948年2月22日号で掲載した推計では、1,500~1,800万人
となっています。
相当の誤差があるものとは思いますが、それでも、もし本当にユダヤ人の大量虐殺があったのならば
戦前と戦後を比較して、もうちょい減少してないと、つじつまがあいません。
それともう一つ、旧約聖書の原典の史書に、「イスラエル建国の際には、ユダヤ人口の3分の1が
犠牲になる」と解釈できる記述があるらしいです。
第二次世界大戦後、すぐにイスラエルが建国されたわけですが、ホロコーストで600万人が犠牲
となったとすると、なんか予言に近い感じになってきます。
予言が当たったのか、予言に合わせたのか??
疑惑その4.被害者側の主張や証言があやしい
最初期の強制収容所の一つ「ダッハウ収容所」では、当初ガス室が発見されたとして
連合国から写真が公開されました。
8e35e804




















しかしこの写真、実は人を殺す為のガス室ではなく
衣服についたシラミを殺す為のガス室
でした。
この事が分かり、今ではダッハウ収容所ではガス室はなかったとされていますが
同様に、西側に存在する強制収容所でも、次々とガス室は無かった事になっていきました。
その結果、西側にある収容所:比較的自由に調査が出来る。→ガス室発見できず
東側にある収容所:情報が閉ざされがちで、調査が難しい。→「ガス室」あり
という状況に。これが偶然とは思えません。
疑惑その5.ガス室に青酸ガスが使われた痕跡がない
アウシュビッツ強制収容所ガス室-1













アウシュビッツ収容所ガス室内部
「ロイヒター・レポート」という報告書があります。
これは、アメリカ人のロイヒター氏がアウシュビッツに不法侵入し、ガス室他の建材サンプルを
不法に入手し、化学分析した結果、ガス室からガスの痕跡が検出されなかった事を報告した
レポートです。
不法侵入という方法の是非は置いとくとして、このレポートでは、「衣類の消毒室」と
「ガス室」からそれぞれサンプルを入手し、分析をしました。
その結果は、驚くべきことに、「ガス室」には青酸ガスの痕跡はほとんどなく
「消毒室」のみ数値が高い
というもの。
「ガス室」でガスが使われなかったというのはどういう意味でしょうか…。
もちろん、このレポートに対しては多くの反論があります。ロイヒター氏が専門家ではない事
サンプルの分析方法が適切でない事がよく指摘されます。
しかしながら、この結果を覆す化学分析は今日までなされていません。
疑惑その6そもそも、ガスで殺された死体が無い
ガス殺された死体は焼却炉で灰にしたから、死体が無いのは当然とも言われています。
しかし、150万人もの死体を灰になるまで焼くのにかかる労力たるや、凄まじいものだというのは
容易に想像できます。
アウシュビッツには52基の焼却炉がありますが、この数では不可能とも言われています。
c895e976














試しに計算してみましょう。
仮に1000日の間に、52基を毎日フル回転したとして、単純計算で1基あたり一日約30体焼却することになります。
しかし、アウシュビッツに存在する型の焼却炉は、1体焼却するのに1時間かかると言われてます。
つまり、どんなに頑張っても24体しか焼却できません。
日に30時間という矛盾!
この矛盾を解決する為に、野外でガソリンをかけて焼却したという説もありますが
戦争末期に燃料不足で苦しんでいたドイツが十分なガソリンを調達出来たかは、疑問が残ります。

真実はどこに?
以上、ホロコースト否定派からの懐疑をサラッと見てきたわけですが、そこから導かれる結論には
けっっこう種類があるようです。
・ホロコーストは大袈裟
・600万人も死んでない
・ガス室は無かった
・処刑や銃殺はあった
・餓死はあった
・全部病死だ
・ホロコースト自体無かった
・ユダヤ人を避難させたんだ
・ヒトラーはユダヤ人だ etc…
すべての派閥に共通するのは、ユダヤ人は悲劇を創ることにより、イスラエル建国の
正当化を図ったという説
ヒトラーは、ユダヤ人をかなり敵視していましたので、ユダヤ陰謀論とホロコースト否定論が
組み合わさるのは自然な流れな気もします。
ただ、現在この話題は、「ナチスの犯罪を矮小化する」とみなされる為、実質的に公式の検証は
不可能。ホロコーストについて純粋に議論できる場は、もはやネット上のみなのかもしれません。

ただ、今回、ネットでいろいろな情報を集めていた際、肯定派はこういった否定派の疑問点に対して
馬鹿にしたような言い回しで反論しているのが目立つと感じました。
「詐欺師」とか「右翼」とか「無知」とか「勉強不足」とか「時代遅れ」とか「バカ」という
枕詞がセットになっていて、言論を封じるような言い方。

少なくとも疑いの余地の無い事実なら
ホロコースト否認論を法律で規制する必要なんてないのでは?

例えばですが、「広島長崎の原爆投下が無かった」なんてアホな事、誰も言いませんよね。
それは、明確な証拠(記録写真や政府文書など)があり、歴史的な事実と分かるからです。
政治的、思想的、倫理的な意味での正当性については議論の余地がありますが。
ホロコーストはその被害の度合いに対して物証が余りにも少ないからこそ、未だにこういった
否定論が燻っているのだと感じます。
「証言だけでは証拠にならない」事は、日本人なら「南京大虐殺」や「従軍慰安婦問題」で
嫌になるほど感じてきましたよね。
「ホロコースト」と「南京大虐殺」と「従軍慰安婦」の問題が
なんか似ている気がしてなりません。
・被害者数が曖昧で、よく変動する
・物的な証拠に乏しい
・被害者側にある種の利権が発生している
・人道的な観点で反論し、言論封殺しようとする
管理人は日本人なので、このような記事もアップできますが、もしヨーロッパに住んでたら
記事をアップした時点で管理人は逮捕され、ユダヤ人団体からも抗議を受けます。
(提供:腹筋崩壊ニュース)
b3e5c80825062dfe033








▣ ヒトラーとナチスの捏造と真実

                             ブログランキング・にほんブログ村へ