立憲民主党












革マル派
日本命的共産主義者同盟命的マルクス主義

は革共同系の日本の新左翼党派の一つ。
1962年の革共同第三次分裂により結成された。「反帝国主義・反スターリン主義」を掲げる。
理論的指導者は黒田寛一。公然拠点は解放社。
機関紙は月刊『解放』、機関誌は隔月刊『新世紀』(旧『共産主義者』)。
学生組織はマル学同革マル派。警察白書では「極左暴力集団」マスコミは「過激派」と呼んでいる。
(提供:ウィキペディア)



◆民主党の枝野、予算委で安倍総理に「革マル派との関係」をばらされる!


革マル派とは、極左暴力集団。殺人事件、多数の刑事事件あり。
当時、大臣(行政刷新担当相)をしていた枝野議員は革マル派から約800万円の献金
受け取った過去がある
メディアは、「枝野さんと革マル派の話」をカット。
mqdefault (1)maxresdefault
































◆革マル枝野先生にマンセー隊参上


革マル派の目的
革マル派の目的は、その名の通り、「革命を起こして、世界を共産主義社会にすること」
だと言われています。
そのため、まず手始めに、「日本で共産主義革命を実現させる」ことを目指しています。
要は中身は公安監視対象のテロリストの共産党と一緒です。
CeOZlfbUEAAMRuv
146d1e9f





























危険な組織なのか?
昭和40~50年代、革マル派は「内ゲバ(内部ゲバルト)」と呼ばれる殺人事件
幾つか起こしています。
敵対していた過激派「中核派」の指導者を殺害したり、狙った相手と間違えて
罪もない一般市民を死なせたり怪我させたり
神奈川大学襲撃や、京都大学での中核派の人物殺害事件などなど、あらゆる事件を
起こしている団体です。
かなり危険な犯罪組織だったと言えます。
hqdefault




民主党の「政治と金」の問題
「革マル派」との繋がりを指摘された民主党・枝野幸男議員青ざめる
枝野が献金を受けたJR総連JR東労組について、鳩山由紀夫内閣が
「革マル派活動家が相当浸透している」との答弁書を決定し枝野氏も行政刷新担当相として
署名したと指摘。

革マル派と中核派 もっとわかりやすく 
★革マル派とは?
日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派
(略称:革共同・革マル派、通称:革マル派)は、革共同系の日本の新左翼党派の一つ。
極左暴力集団は、組織の非公然化、軍事化を進めるとともに、「テロ」
「ゲリラ」志向を
ますます強め、昭和60年には、中核派、革労協狭間派
戦旗荒派が一段と悪質な
「ゲリラ」事件を引き起こしている。
近年は、表面上は暴力性・党派性を隠し、あくまでも組織拡大に重点を置き
基幹産業の労働組合や学生運動への浸透を図る戦術を採っている。
極左暴力集団は、「成田」、国鉄分割・民営化、「北富士」、関西国際空港等を課題とする
反対闘争の過程で、昭和54年以降最高の87件に及ぶ「ゲリラ」事件を引き起こした。

★中核派ってなに?
超簡単に・超わかりやすく説明すると、中核派と言うのは
「共産主義国家を作ろうとしている過激派グループ」のこと。
共産主義ということは、国家を頂点に全員強制的に平等!という政治体制。
自由な資本主義・民主主義とは真逆なのが「共産主義」
「共産主義」とは、北朝鮮や中国のような、独裁国家。
中核派は、その共産主義革命を起こすことを目的としたグループ。
目的のためには手段を選ばず、テロやゲリラ闘争などの、非常に過激なことも行う。
マスコミは、彼らを「過激派」と呼んでいます。
中核派・・・仲間内での内部闘争、いわゆる「内ゲバ」を起こして、話題にもなりましたよね。

★革マル派と中核派の違いは?
中核派の他にも、「革マル派」という組織があります。
一体何が異なるのか?
元々「革マル派」と「中核派」は、同じ組織でした。
その組織名は「革命的共産主義者同盟全国委員会」・・略して「革共同」。
しかし、考え方の違いから、革共同の中から「革マル派」が離脱。残った「革共同」のメンバーが
「中核派」を名乗ったのです。
「革マル派」は、理論と組織を重視したのですが、「中核派」は違いました。
「中核派」は、武装闘争を重視したのです。
つまり、中核派は、より過激な方法を選択したのでした。
と言っても、革マル派もまた、マスコミから「過激派」と呼ばれているので
思想が異なっているというだけで、過激な行動は変わっていない。

◆立憲民主党・枝野幸男 テロ集団・革マル派から献金…

ba3141f95d2fbcb2cb1144609f1a034cCeJyLmjVIAAaqF_ice_screenshot_20171015-123225










































































678d1bdcba8fa737









                            ブログランキング・にほんブログ村へ