小泉進次郎の正体は売国奴







本日は愛国心溢れる日本男児
高山右近大夫長房氏の意見を紹介しよう

大衆受けの「言動」を連呼するが小泉進次郎の正体は売国奴!!
ある日突然現れて、大衆受けをする「言動」を行う小泉進次郎の心底にはあるものは
ただ「大衆受け」を狙って故意に行っているだけであり、その正体は「ジャパンハンドラー」の
マイケル・ジョナサン・グリーのカバン持ちをして「日本管理」を徹底して教え込まれた
「売国奴」であることを国民は認識
しておかなくては、幻惑されてしまいます!!

「逆風、自民党自身がまいた種だ」 小泉進次郎
自民党に対する今の逆風は否定しようがない。間違いない逆風だ。
なぜ逆風が吹いているのかと言えば、自民党自身がまいた種だ。
その一つひとつに対し、私たちは謙虚になり、5年前はまだ自民党は野党だったわけだから
いつでも自民党はまた野党になりうるという気持ちを決して忘れてはいけない。

私が初当選したのが2009年、民主党政権が誕生したときだった。
あの時、もう自民党はだめかもしれない、少なくとも10年は野党になるんじゃないかと思っていた。わずか3年ぐらいでもう一度与党に戻ることができるとは当時は思わなかった。
そして「自民1強」といわれるような今が当たり前だとは決して思わない。
いつまでも与党である自民党がありえるわけもない。そして、いつまでも野党のままの野党もない。(東京都内での街頭演説で)

いずれにしても「ワシントンDC」の意向で、「内閣総理大臣」に成ることは間違いありませんが
この男の巧みな日本国民誘導するための「情報戦略」に騙されてはいけません!!
颯爽とした好青年で大衆受けする言動で、大衆の人気は「ダントツけ」ですが
「売国奴」ということを念頭に置いて小泉進次郎の「言動」を静観すれば
ただの「パフォーマンス男」であることが鮮明にわかります!!

小泉進次郎の全ての「言動」は将来を見据えた計算された「言動」
仮面を被った貴公子を演じているのです!!
しかし、その素性と「血」「国民総奴隷化作戦」を推進する非情な男なのです!!
(提供: 高山右近大夫長房)
小泉親子が朝鮮人で反日売国奴








「ワシントンDC」の意向で「内閣総理大臣」に成ること
ということはシークレットガバメントによるアメリカ大統領の選出予定が決まっているように
日本の総理大臣も選挙ではなく世界のエリートにより選出されるということです
※日本の歴代総理はもれなくそうして選出されてきました
選挙は国民や敵国向けの表向きのパフォーマンスです
ハリウッドのアカデミー賞と同じやらせです
もちろん皆さんもご存知ですよね
レオナルド・ディカプリオ ※やらせのアカデミー賞 2016








                          ブログランキング・にほんブログ村へ