天照大神








★コチラの記事は以前
末日聖徒イエス・キリスト教会の天照大神の正体 1/2を参考に編集いたしましたが
内容が捏造であることが判明し修正版を再UPいたしました
無修正版はコチラ

天照大神(あまてらすおおみかみ)
は、日本神話に登場する神。皇室の祖神で、日本人の総氏神ともされる。
『延喜式』では自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「あまてる」と称されている。
天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)
とされる。神社としては伊勢神宮が特に有名。
(提供:ウィキペディア)

◆アマテラス解説 八百万の神図鑑 日本神話 古事記の神々


天照大神【自然界に与え続ける尊い神】
アマテラスは、八百万の神の中でも最も尊い神である。
太陽を司る太陽神、天皇の祖神、そして伊勢神宮の祭神である。
八百万の神は、山・海・風・雷といった自然の様々なところに宿っている。
風の神は、空気を淀ませないように風を吹かせる一方で、台風を起こす強い一面もある。
また、海の神は、私たちにたくさんの食料を与える一方で、津波による大災害ももたらす。
このように、神様とは、恵みを与える「和魂(にぎみたま)」と、災いをもたらす
「荒魂(あらにたま)」が混在する。
しかし、太陽だけは人に災いをもたらさない。これが太陽神であるアマテラスの偉大さなのである。
天照大神の正体
















太陽が自然界すべてを司る存在であるということは
裏を返せば、自然界に様々な災いが起きたとき、アマテラスの荒魂だと捉える。
天皇はこのアマテラスを祀り、国民の繁栄と世界平和を祈願している。
アマテラスが、高天原(天界)から葦原中国(地上)へ降り立ったニニギノミコトに命じた
三大神勅がある。
その一つが「宝鏡奉斎の神勅(ほうきょうほうさいのしんちょく)」である。
アマテラスは鏡を渡し「この鏡を私だと思って、自分を映し、自省しなさい。
もし、私欲により民を苦しめるような『我』が映ったならば、その『我』を取り除きなさい。」
そう伝えた。
「かがみ(鏡)」から「が」を取れば、「かみ(神)」となる。
こうして、鏡を祀り感謝を届け、新たな決意を行い、最後に祈願する。
これが神社と参拝の始まりである。正しい参拝とは、最初に「感謝」し、そして「決意」し
最後に「祈願」する。
天皇は、宮中三殿にて年間20回以上の祭祀を執り行い、国民の繁栄と世界平和を祈る。
何事もなく平和に過ごせることへの感謝と、この国の君主である自覚のもとに
民の繁栄を祈願しているのである。
またアマテラスは国譲りの際、オオクニヌシに次のように伝えている。
「汝ウシハクこの国は、我が御子のシラス国ぞ」と。
「ウシハク」とは争うことによって国を治めること。
そうすると、民衆は強者の所有物になってしまう。
アマテラスは「シラス国」だと言った。これからは民衆が主役となる慈愛で満ちた国を作るのだと。
世界の国々を見渡すと、ほとんどの国は争うことによって形成されてきた。
しかし、我が国日本は争うことなく慈愛に満ちた国づくりを行い
それが「いつの間にかできた国」日本なのである。
私たちは天皇を中心として、慈愛に満ちた民衆が主役の民衆のための国づくりを行っているのだ。
その意志を、2677年、125代途絶えることなく天皇は実践されている。
すべては祖神アマテラスから始まった。
周りを照らす太陽のようにみんなを幸せにできる、そんな人のことを
「神様のような人」と、誰もが崇めた。
継続することの意味を、今いちど噛み締めてもらいたいものである。
(提供:神道の心を伝える)

天照大神の成り立ち
地球は星流しの星(流刑の地)で実験に失敗した多くの高等地球外生命体の科学者が
星流しの刑にあった
流された科学者はもと仲間の高等生命体による魂の回収から逃れる為に
太陽から分離させた生命体と自分達科学者のひとりを結合させ
最高生命体である天照大神を創り亜空間技術で霊界を創った
宇宙の高等・中等生命体は女性のみで男性は下等生命体にしかいない
高等生命体が合体したことから天照大神は女性神とされる
※最高生命体は本来中性なので本当はどちらでもない
坂本廣志








※地球の豆知識
                             ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パンツ S/M/L/LL/3L/4L/5Lサイズ 秋冬限定カラーが新色追加!スキ...
価格:2797円(税込、送料別) (2017/10/15時点)