ラエリアンムーブメント嘘









ラエリアンムーブメント
Raëlian movementは「ラエル」(Raël)ことフランス人のモータースポーツ系ジャーナリスト
クロード・モーリス・マルセル・ヴォリロン(Claude Maurice Marcel Vorilhon、1946年9月30日 - )が創始した新宗教(宗教法人として登記はされていない)。
欧米ではラエリズム(Raëlism)と呼ばれる場合もある。本部はスイスのジュネーヴにある。
シンボルマークは六芒星と逆卍を組み合わせた「ラエリアン・マーク」で
人類の創造者「エロヒム」のマークとされる。
公式アナウンスによると、ラエルは1973年12月13日にフランス中部で遭遇した異星人「エロヒム」(正確には単数形の「エロハ」(Eloha)。
「エロヒム」(Elohim)は複数形)から人類の起源と未来に関する重要なメッセージを受け取り
そのメッセージを地球人類に普及する事を目的としてこの団体を創立したとされる。
(提供:ウィキペディア)

25000年前に他の惑星から飛来した人々エロヒムは、遺伝子工学を駆使して
地球上の生命を創りました。
最初は単純な生物から、最後には彼らの姿に似せて地球人を創造しました。
エロヒムは聖書では「神」と誤訳されましたが、ヘブライ語で正しくは「天空より飛来した人々」
を意味します。
エロヒムは人類が正しい道を歩めるようにモーゼ、仏陀、キリスト、マホメットなどの預言者を
地球に送りました。
そして現代、最後の預言者である弥勒菩薩ラエルに、人類に宛てた最後のメッセージを託しました
そのメッセージとは。。。

◆創造者たちからのメッセージ 「地球人は科学的に創造された」


大宇宙意識と異星人エロヒム
大宇宙意識(無限)と異星人エロヒムというのは、私たち人類が、有史以来数千年もの長い間
神という概念について混同してきた、神を表す二つの本質的な言葉なのです。
神という言葉から、人々は、どのようなイメージを想像するでしょうか?
多くの人たちは、無形で超自然で全知全能の存在、言わば、大宇宙の根本主体、大宇宙の根本創造主
のような存在をイメージするかも知れません。
また一方では、人々は、日本の神話に登場するような、様々な神々を想像するかも知れません。
神道というのは、八百万神を信仰する多神教であり、古事記などの神代の神話には、私たちと
同じように姿・形を持ち、感情を持った、人間味溢れる様々な神々が登場します。
例えば、国生みをされたイザナギとイザナミの夫婦神、そして、二神から生まれた
アマテラスやスサノオなど、様々な神々が登場します。
日本の神話だけではなく、ヒンズーの神話や、ギリシャ神話など、世界各地の神話には
人間味溢れる様々な神々が登場します。
また、神という言葉は使いませんが、仏教においても、私たち人間と同じような姿・形を持ち
慈悲深い表情をした仏像などで、仏を表現しており、中には、不動明王などのように
憤怒の相の仏像などもあります。

このように、私たちが一般的に、神という言葉を使う時、二つの概念が混同して使われていることに
お気付きになるかと思います。
一つは、無形で超自然で全知全能の、唯一絶対の至高の存在、言わば、大宇宙の根本主体
根本創造主に対して使われています。
そしてもう一つ、神を表す概念として、私たち人間と同じように姿・形を持ち、私たち人間と同じように感情を持ち、私たち人間とかつて直接関わりのあったような存在としての神々
神話に登場するような神々という概念があります。

何千年もの長い間、私たち人類は、神というものについて、この二つの概念を混同してきたのです。
世界の主な宗教の源は一つであり、旧約聖書の「創世記」に出てくる存在たちが
そのルーツとなっています。聖書においては、神(GOD)と訳されています。
しかし、聖書における神(GOD)という言葉は、誤訳なのです。

聖書において神(GOD)と訳されている元々の原語は、ヘブライ語のエロヒムという言葉であり
「天空から飛来した人々」を意味する、れっきとした複数形なのです。
単数形が、エロハという言葉になります。
「創世記」の中で、「神は御自分にかたどって人を創造された」と書かれているとおり
聖書における神(GOD)とは、私たち人間と同じような姿・形をした存在たちなのです。
無形の超自然の全能の神が、「創世記」における天地創造を行った訳ではなく、エロヒムという
「天空から飛来した人々」、即ち、他の惑星からやって来た異星人たちによって
科学的に天地創造が行われたことを「創世記」は伝えていますので、実は、聖書というのは
世界最古の「無神論」の書なのです。聖書における神(GOD)という言葉は、史上最大の誤訳だと
言っても過言ではないかも知れません。

世界の主な宗教の源は一つであり、「創世記」において神(GOD)と訳されている存在たちが
そのルーツとなっています。
しかし、「創世記」における神(GOD)という言葉は誤訳なので、聖書における神(GOD)とは
ヘブライ語の原語で「天空から飛来した人々」を意味するエロヒムという異星人たちのことなのです。

つまり、世界の主な宗教に登場する神とは、「異星人エロヒム」のことなのです。
無形で超自然で全知全能の、唯一絶対の存在、即ち、「大宇宙意識(無限)」のことが語られている
訳ではありませんので、誤解しないように注意する必要があります。
宗教で語られている神とは、あくまでも、人類の創造者である「異星人エロヒム」のことなので

また、「創世記」を始め、日本の古事記や、世界各地の様々な神話には、天地開闢物語
宇宙開闢物語が登場します。しかし、これらの全てはあくまでも、地球から見た天地創造であり
地球にとっての天地開闢物語、宇宙開闢物語なので、「無限」の大宇宙そのものの宇宙開闢が語られている訳ではありません。
「創世記」に書かれている天地創造が、他の惑星からやって来た人間たち、即ち、エロヒムという
異星人の科学者たちによって、科学的に創造されたということは、科学が発達した現代になるまでは
理解することは出来ませんでした。
しかし、今や私たちは、真実が啓示される時代、アポカリプス(黙示録)の時代を迎えていますので
全てを科学的に理解可能な時代を迎えているのです。
無知蒙昧な神秘主義に陥ることなく、全てを科学的に理解し、真実を知るべき時を迎えています。

科学と宗教とは、対立する概念のように捉えられるきらいがありますが、実は、科学と宗教とは
同じ母親から生まれた兄弟のようなもの
なのです。エロヒムは、今の地球の科学よりも
25000年も進んだ高度な科学を持っており、この科学の力が、地球での生命創造を
可能にしたものなので、科学と宗教とは、決して対立する概念ではなく、同じ母親から生まれた
兄弟のようなものなのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・中略
モーゼや仏陀、イエス・キリスト、マホメットなどの古代の預言者たちは、全てを科学的に
理解出来る時代を迎えるまでは、宗教という「松葉杖」を必要とする人類の為に
エロヒムから遣わされた、偉大なメッセンジャーたちでした。
しかし、真実が啓示される時代、アポカリプス(黙示録)の時代を迎えて、全てを科学的に
理解出来るようになった今、もはや、伝統的宗教が果たしてきた役割は、終焉の時を
迎えようとしています。
近い将来、私たち人類が、神(エロヒム)を見る日が到来します。
エロヒムの偉大なる帰還が実現し、ヤーウェを中心とするエロヒムが、宇宙船に乗って
公式に地球を訪問する時代が到来する
のです。
その時、イエス・キリストを始め、モーゼや仏陀、マホメットなど、古代の預言者たちも
一緒に地球にやって来る
ことになるでしょう。
私たち人類は、エロヒムの25000年も進んだ科学を遺産として伝授される恩恵により
地球の新しい精神文明、花咲く都・黄金文明を花開かせることになります。
西暦2015年(平成27年)8月吉日
大和富士
(提供:大和富士:大宇宙意識(無限)と異星人エロヒム)

事実との相違点
・地球人を創ったのは女性の地球外高等生命体 ※男性は下等生命体
・神はいない
・宗教は存在しない
・高等生命体が下等生命体の前に姿を現すことはない
・高等生命体が下等生命体の地球人に大使館を要求することはない
・高等生命体が下等生命体を恐れる理由はない
・動物・植物・昆虫などは他の星より持ち込まれた
・イエス・キリスト・モーゼ・仏陀・マホメットは終末に地球に来ることはない
 ※ブルービームプロジェクトで見せる可能性有
・25,000年⇒70,000年
・高等生命体は服を着用しない
携挙(けいきょ)はない
second-coming













・こうして見ていくと聖書もだいぶ怪しい ⇒ 調査対象決定

ラエリアンが言うところの「真実が啓示される時代、アポカリプス(黙示録)の時代」
とは終末のことで終焉・最後の審判とも言われる
これは(地球)再生計画のことです
「地球の新しい精神文明、花咲く都・黄金文明を花開かせる」
のはこのような間違った宗教に洗脳されていない心の奇麗な人間です

                             ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

館の熟成 干し芋 660g(220g×3袋) 無添加 無着色 送料無料 ☆超うま...
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/10/24時点)