プロビデンスの目は木星の地球外生命体の監視












プロビデンスの目

Eye of Providenceとは、目が描かれたキリスト教における意匠。
プロビデンスはキリスト教の摂理という意味で神の全能の目(英: all-seeing eye of God)を意味する。光背や、三位一体の象徴である三角形としばしば組み合わせて用いられる。826a4c54migキリスト教で用いられるプロビデンスの目のデザインキリストの上にプロビデンスの目















































フリーメイソン陰謀論者やそれにまつわる都市伝説では、三角形に目を配したプロビデンスの目は
フリーメイソンの象徴とされる。初期のフリーメーソンで用いられたプロビデンスの目

















この紋章がUSドル紙幣に描かれていることはアメリカ合衆国がフリーメイソンの支配下にある証拠だ
と唱える者もいる。
これらの図像学研究においては、プロビデンスの目は「神が全てを見通す目」だと考えている。
未完成のピラミッド型の建造物の上で、まわりを栄光の光によって囲まれる三角形の目で監視する
という意味。神の目で人類を監視していることを示しているとされる。
(提供:ウィキペディア)

フリーメーソンやイルミナティで使用されているプロビデンスの目のデザインice_screenshot_20180103-100400
1486070248


























フリーメーソンやイルミナティが使用していたりアメリカ紙幣の1ドル札に印刷されていたりで
以前からプロビデンスの目は様々な言われ方をしてきたが
実際は太陽系の管理者であるところの地球外高等生命体の監視の目という解釈が正しい

ムー大陸やアトランティス大陸・レムリア大陸の時代に地球人は
監視の目を盗み核兵器で地球や互いを滅ぼしあったり人間のDNAを黙って家畜に入れて食べたりと
宇宙で禁じられている様々な罪を犯してきた
そんな欲の深い人間に道徳を教える為に地球管理者で責任者のヤコフ(892)様が
自らのホログラムを男性化し地球上で奇跡を見せたり教えを説いたりした
※ヒフミヨイムナヤコト=12345678910
 宇宙人の名前は1から10の2桁(混血種)か3桁(純血種)で言いあらわされている
アブラハムやモーセやノアなどに啓示を示したのもヤコフ様だ
やがて中等生命体と神武天皇の子孫との子供イエス・キリストを地球におろし指導した
イエス・キリスト








宇宙には神はいない⇒宗教は存在しない=宇宙の常識
地球人は宇宙人や竜神様を神と呼び彼等から教えられた道徳を宗教として扱い
金儲けや歴史の捏造など様々な間違いを行ってきた

虎の威を借りる狐ではないが神と崇められている地球外高等生命体の監視の目を使い
自分達を神として崇めさせ恐がらせ支配している
 ※偽ユダヤ(欧米人)の十八番

太陽系の管理者がいる星
木星は太陽系にある惑星の1つで内側から5番目の公転軌道を周回している第5惑星
太陽系の中で大きさ質量ともに最大の惑星だが木星こそが太陽系の管理者がいる星
C7Xc1eNVDGS1_uchenye-rasskazali-chto-budet-s-zemlei-kogda-ische














◆Voyager 1: Jowisz
 
木星は太陽系の管理基地でガス惑星ではない250








カテゴリ: UFO・AlienCraft・地球外生命体
カテゴリ: ▣ 地球の豆知識
                          ブログランキング・にほんブログ村へ