坂本廣志10







内容
◆坂本塾 10 石の宝殿 目玉の作り方 2016.10収録
・石の宝殿:生石神社(おうしこじんじゃ)
 ※所在地: 〒676-0823 兵庫県高砂市阿弥陀町生石171 電話: 079-447-1006ice_screenshot_20180122-173402
1280px-Oushiko-jinja_Haidencaption00054_3le_015_10_l
















































































・三種の神器の何がある????勾玉?アーク?※正確に聞き取れませんでした 涙




坂本塾 11 正しいクンダリーニの修行法
・鼻から息を吸いながら肛門を締める ※1日4時間すると良い
・目玉や魔物は焼き殺される
DiagrammaChakraKundaliniCakra_basho

































・天女系宇宙人は男性好き

  

坂本塾 12 宇宙の始まり
・天之御中主は巨大最高生命体様が最初に創った生命体
・大梵天がビックバンを起こしている
ice_screenshot_20180122-182358
























 


◆坂本塾 13 いろいろな質問
・地球人にとっての神は高等生命体のヤコフ(敬称略)のこと
・十戒はヤコフが道徳を教える為にモーセに与えた
・モーセから10代目がイエス・キリスト
 ※アブラハムよりモーセが古くアブラハムの孫がイエス・キリスト
ice_screenshot_20180122-185330




























・ノアの方舟は200隻あった
・竹内文書は正しい
・大神官:何千年・浦島太郎:370年・武内宿禰:375年
・スフィンクスの下にはアンドロメダ星人の宇宙船が格納されている
・ミヨイタミアラ(ムー)時代の高等生命体の時と中等生命体に落とされた時には神の存在はなかった
下等生命体に落とされてから道徳を教える為のヤコフの行為が神として扱われた
・8,000年前のレムリア大陸にいたブルー種族がインドと戦争した際に
中等生命体がインドに加勢し勝利した ※レムリア大陸は核使用で沈められた
・インドに加勢した中等生命体がインドの神々
・ムー大陸は最近の名前で正しくはミヨイとタミアラ大陸のことを言う
4a3753f7








  
※今回は久々疲れました(イライラ)・・・皆さんもお疲れ様でした
892ヤコフ

ice_screenshot_20170630-082120













坂本氏の父親は八咫烏の長でした
八咫烏250坂本廣志さんとの出会い250








坂本廣志氏カテゴリーはコチラ

                          ブログランキング・にほんブログ村へ 

フヤナと宇宙人の大冒険2 Kindle版
坂本廣志(287:フヤナ)
商品紹介

青年フヤナが宇宙へ旅立ち、様々な種族の宇宙人たちと繰り広げる愛と友情溢れるノンフィクション体験記。第1巻では人類の創造主が宇宙人であり、地球とこの太陽系は宇宙人によって守られていると言う事実が判明したが、前作以上の衝撃の展開に、果たしてあなたはどこまで耐えられるか!?全世界をもひっくり返すほどの驚愕な新事実に、今まで信じてきたものは何だったのか、真実とは一体どこにあるのかを深く考えさせられるシリーズ第2作目となっている。
※本書は、2008年10月からブログで発表されていた『坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験』の電子化にあたり、加筆・編集しました。
ヤコフ率いる混血種ブルーの種族の仲間たちと、鉱物探査と儀式の任務に追われ、毎日を忙しく銀河で過ごす青年フヤナ。宇宙での仲間も増え地位も上がっていくのだが、フヤナのある発言がきっかけとなり、ついに隣の宇宙にまで冒険することになる。そして、フヤナが元々持っていた悪の力に、ある事実が隠されていたことが判明する。その最中、中等生命体グレイが連れてきたある一人の地球人と出会うことに・・・。その人物とは一体・・・。