藤原氏は朝鮮人









藤原氏と藤原系の人間達の正体のまとめ
大和民族(日本人)を騙し大和民族の命を使って仇討ちし
戦争を何度も行ってきた卑怯な好戦一族・藤原氏
藤原氏の祖・鎌足は日本の豪族である中臣氏出身であるということになっているが
有名な一族であるにもかかわらず、本当のルーツは不明とされている。
しかし藤原鎌足の正体は日本を白村江の戦い(663年)に引きずり込んだ百済王子豊璋である。

倭国による百済救援
百済滅亡の後、百済の遺臣は鬼室福信・黒歯常之らを中心として百済復興の兵をあげ
倭国に滞在していた百済王の太子豊璋王を擁立しようと、倭国に救援を要請した。
中大兄皇子はこれを承諾し、百済難民を受け入れるとともに、唐・新羅との対立を深めた。
藤原鎌足は豊璋






















彼は白村江の戦いの決戦の直前に、負けそうだと思い家臣を騙して手勢を少しだけ引き連れて
逃げ出し(軍の将・王子豊璋が行方不明になったため、余計に大敗した)、高句麗に逃げた
ことにして日本にこっそり逃げ帰り天智天皇から中臣鎌足(後に藤原鎌足)の名をもらって帰化した。72baead5






人間として卑怯極まりない

藤原鎌足の直系子孫は「百済系朝鮮民族の王族である自分達は血筋が尊い」
と考え大和民族を侮蔑し利用している

祖国・百済を滅ぼした、唐(中国)、新羅(朝鮮)への恨みの気持ちをずっと持っており
「お国のために死ね、死ね」と大和民族を騙して中国や朝鮮との仇討ち戦争をもくろんでいる。
それが、竹島問題、尖閣諸島問題をわざと煽っている帰化人政治家の真の目的だ。
唐(中国)、新羅(朝鮮)を仇討ちできるし、日本列島の上に「日本」という名の百済国を
再建するにあたり邪魔な日本土着民(大和民族、沖縄人、アイヌ人ら)も
戦争を通じて大量にわざと殺害できて減らせる
と考えている。
藤原不比等藤原鎌足の子は朝鮮人























本当の王、王族というものは、戦の時には軍の先頭に立って戦うものなので
重大な戦が起きた時には、非常に高い割合(50%以上など)で戦死する。
当然だ。それは日本の本当の天皇家(第48代称徳天皇まで)でも、外国の王家でも同じだ。
清和源氏の源頼朝も1180年の旗挙げ時には、同母弟や多くの源氏の一族を戦で亡くしている。
王、王族の戦争時の死亡率は非常に高い。単なる兵も高い割合で死ぬのだから、当然だ。
それが本物の王家、王族だ。
しかし藤原氏は戦の時には
「藤原氏と天皇家は血筋が尊いから先頭に立って戦って戦死するなんて
とんでもない」

と考えてきた。

戦の時に先頭に立って戦う人間ならば、いつかは「戦は嫌だ、平和がいい」という
自然な考えを持つようになる。

しかし、藤原一族は、自分達は仇討ちのために日本を戦争に引きずり込んでも
「死ぬのは血筋の卑しい日本土着民の役目だ」
「血筋の尊い百済王族の自分達は戦争になっても安全圏にいていい」

と自分達の仇討ち戦争のためのくせにそのように考えている。
だから「お国のために死ね、死ね」「美しい日本」だのと戦前・戦中に言ったのと
同じような綺麗事を言って大和民族を騙し、自分は絶対的な安全圏に身を置きながら
日本を盛んに戦争に引きずり込もうとしている。
決戦直前に逃げ出した、藤原氏の祖・鎌足 こと 百済王子豊璋と同様、卑劣だ。
1300年経っても、今も藤原氏の直系子孫(含む源氏)の性質は変わらない。
23084cfb








天皇家が万世一系というのも藤原氏が作り上げた大嘘
今の天皇家は約900年前の藤原氏によ赤ん坊すり替えや政略結婚によって
藤原氏の分家の血筋
となっており、その後はしばしば、藤原氏は天皇、皇族を自分達の
都合のいいように血筋をごまかしてすり替えている。
約900年前の鳥羽天皇の代から、天皇家の性質が急に変わった。
それまでは、頭が良くて天皇としての責務をちゃんと果たそうと考え、藤原氏の横暴を抑えようとして藤原氏と対立する、一条天皇や後三条天皇のような人が割と多かったのに、鳥羽天皇以降は
自分の身の保身が一番大事で、藤原氏と密着して妙に馴れ合い頭のよくない人が多くなった。
そのために、朝廷勢力は衰えて傾いたと考えられる。

藤原氏が「天皇家の血筋が尊い」というのは
「今の天皇家は藤原氏の血筋だから尊い。それ以前の天皇家の血筋は藤原氏よりも劣っている」
という意味だ。だが、そもそも、血筋に貴賤などない。二重の意味で嘘だ。
 (提供:心の尊さ(真実)と血筋の尊さ(虚飾))

しかしながら希望もある
裏組織である八咫烏に守られている裏天皇が四国にいる
八咫鏡と草薙の剣で天照大神を呼び出せる世界でたったひとりの人間である
5e61a7eea5f0f0b5








カテゴリ: ▣ 鮮害と除鮮=藤原氏・除中・除米
カテゴリ: 皇室乗っ取りグループ

                          ブログランキング・にほんブログ村へ