49









朝鮮人による在日や帰化人の鮮害には本当に頭にくるものがあり
国内だけでなく地球上の全朝鮮人を焼却炉に入れて殺処分できたら
どんなにかスッキリするだろうと強く思う

もしくは
餓えに苦しむリカオンやライオンを入れた囲いを作りその中に全朝鮮人を入れて
食べられるのを見てみたい
とも思うようになってきた今日このごろの自分に
驚きもしなくなったことに驚いている


在日の記事を問題視し除鮮の記事にしてから1年経つが先の選挙で私の田舎なんかじゃ
立憲民主党なんかが勝ったりして本当に無力感で一杯になった

除鮮しても除鮮してもゴキブリやダニみたいに駆除できない感が残る理由は
この国のほぼ全てのDNAに朝鮮人の血が流れているからなのだろうか・・・・・
コレを書いている私にも読んでいる貴方にも朝鮮人
の血が流れている
o070008001277079250636









私はUFOや宇宙人・UMA・都市伝説などの話が大好きで地球なんでも鑑定団を企画し1年経つ
それまでは趣味の範囲で飛鳥昭雄のDVDなんかを観て楽しんでいた
地球なんでも鑑定団の記事を書くようになってから飛鳥昭雄の内容に納得できないことと
人柄と風貌が大嫌いで別の意見を探すようになってから
ついに核心に触れる人を発見した
地球なんでも鑑定団でイチオシの存在坂本廣志氏
b5f38a78








彼の話を聞くうちに
宗教や歴史・政治にまで詳しくなった
宗教とか歴史や政治なんかに全く興味もなかった私は自分の視野の狭さと間違いに気が付き
更にはUFOも宇宙人もUMAさえも宗教・歴史・政治と密接につながっていて地球史となっている
事実を知り1年間唖然愕然とし続けている

歴史の生き証人である坂本廣志氏の話は全て腑に落ちる
またまだ知りたいことは山積みだが
ここ1年間で知りたかった事は全て解決してしまった
そして私達人類が知っている歴史の9割が捏造だったことも知り
歴史やそれに纏わる政治や宗教に小学生の時のような気持ちで向き合ってきた

坂本氏の話はまるで見てきたのかとも思える話ぶりだ
いいえ
見てきたので話せるんだ
高等生命体1番の地球外生命体(宇宙人)に地球の歴史を見せられているし
ご本人も何度も地球で生まれ変わっているから正真正銘の生き証人なんだ
※外銀河の大管理者・ムー大陸神官・浦島太郎・武内宿禰・ラスプーチン・坂本廣志
あの竹内文書を書いた張本人でもある ※武内文書でなく竹内文書になってしまった理由はまた後日
24e02819








武内宿禰は弥生時代の西暦71年12代:景行天皇から西暦312年15代:仁徳天皇まで5代の天皇に仕えた
当時の人間は中等生命体で下等生命体ではなかったため寿命が長かった ※高等生命体の寿命 2万年
ice_screenshot_20180307-220500

















彼は地上で最も地球外生命体の血が濃い高等生命体として銀河では有名人
知らないのは下等生命体の地球人だけ

そんな坂本廣志氏の話の中に藤原不比等という名前が登場した
飛鳥昭雄(本名:佐藤 昭信)は藤原不比等は自分の先祖だと
DVDでは呪文のように繰り返し次のように語った

藤原不比等古事記・日本書紀を編纂し天皇を助け続け
日本を動かしていた藤原氏の大物で
悪人ではなく天才

しかし実態は

藤原不比等古事記・日本書紀を改ざんし天皇を騙し続け
日本を乗っ取った百済王の孫
善人ではなく寄生虫の朝鮮人


だった

飛鳥昭雄の本名は佐藤だから確かに源平藤橘から言えば藤原氏の末裔だ
ペンネームは飛鳥としているのも藤原不比等や鎌足由来だと察しは着く
源平藤橘の記事を最初にUPしたのが1年前だが当時はこんな大事に繋がるとは思いもよらなかった
68c7a08c









では藤原不比等の親はどうなのか・・・だ
『 藤原氏の正体と悪行 』に書いたように大化の改新の中心人物である 藤原鎌足
日本はこんな時代から鮮害にあっていたんだ
寒気がするよ
藤原氏の正体と悪行300250
914701524cedd12c3c520a4e406e95a5

auto_dLTQcM






















飛鳥時代から朝鮮人に支配されてきたが百済の息子を日本に連れてきた
渡来人の秦氏で
中国人の
聖徳太子(
秦河勝)は寄生虫の元祖

藤原鎌足は朝鮮人:豊璋
631年に
百済から人質として2人の兄弟王子:豊璋善光が日本へ送られてきていた
人質といっても、百済と日本は同盟していたので客分扱いだ  ※善光寺がどんな寺か解る
その兄王子の扶余豊璋藤原鎌足だった

扶余豊璋(ふよ ほうしょう、生没年不詳)は
百済最後の王である義慈王(在位:641年 - 660年)の王子。
豊璋は正体を隠すため天智天皇から藤原鎌足の名をもらって帰化
74de60ec250








一方、豊璋の弟善光は行方不明になったことになっている兄の代わりに百済の王統を継ぎ
百済の王統を表す「百済王」という特別な姓氏を受けて日本に帰化
二人の王子の他にも国を失った百済王族たちが一族配下の数千名(あるいは一万名とも)
を従えて集団で日本へ亡命した
藤原鎌足の肖像紙幣








百済
(くだら/ひゃくさい:百濟、4世紀前半 - 660年)は
古代の朝鮮半島西部、および南西部にあった国家。
800px-History_of_Korea_576_ja







百済の歴史はその首都の移動によって、大きく漢城期(475年まで)、熊津期(475-538年)
泗沘時代(538から)に分類される。漢城期には現在の京畿道を中心としていたが
高句麗の攻撃によって首都漢城が陥落し、一時的に滅亡した後は、現在の忠清南道にあった
熊津(現:公州へと遷って再興した。熊津時代の百済は弱体化していたが、次第に国力を回復し
南方の伽耶(加羅)地方へと勢力を拡張した。
538年には新たな首都として泗沘を建設し、一層伽耶地方を含む周囲への拡大を図った。
百済が存続していた時代には、朝鮮半島北部から満州地方にかけての地域に高句麗
朝鮮半島南東部に新羅、半島南部には多数の伽耶諸国が存在していた。
この時代は朝鮮史の枠組みにおいて三国時代と呼ばれている。

中国の南朝と密接な関係を結び、仏教や各種の南朝文化・学問を導入して栄え、周辺諸国とも
交流を持った。現在、百済の歴史は高麗時代に編纂された歴史書『三国史記』や
日本の『日本書紀』、中国の歴代の正史などによって知られており、また墓や寺院跡のような
考古学的遺物からも学術的な調査が行われている。
宋山里古墳群にある武寧王陵は百済の最も著名な墳墓で、20世紀に未盗掘のまま発見されたため
往時の文化遺産が多数残された。

中国で南北朝時代が終焉を迎え、隋、ついで唐がその支配を握ると、唐は高句麗を制圧するため
その背後を抑えるべく百済攻略を企図し、新羅を支援して百済を攻撃した。
これによって660年に百済は滅亡し、王族や遺臣たちは倭国(日本)の支援を受けて
百済復興運動を起こしたが、663年白村江の戦いによって鎮圧
された。
その後唐は旧百済領の経営に乗り出したが、本国における問題と新羅による攻撃の結果
最終的に朝鮮半島から撤退し、百済の故地は新羅に組み入れられた。
(提供:ウィキペディア)
藤原鎌足










冒頭に書いたように
この国のほぼ全てのDNAに朝鮮人の血が流れている
という意味がココにある
坂本氏によれば3代以上続いていれば朝鮮人の血は少なくなると言うが
心底気持ちの良いものではない

天皇家の婚姻関係を調べてみると解るが女性は藤原姓で埋め尽くされている
要は天皇家も朝鮮人だらけなんだ

源平藤橘に話が戻るが源氏という一族の話も興味深い
なんたって源氏一族は藤原氏の子分なんだからな ※後日UP
藤原氏の伊達家にも参ったが源氏家系は更に凄いよ
徳川家一門・武田家・明智家・今川家・足利家・新田家・佐竹家・斯波家・細川家・土岐家

平氏の織田信長が悪者にされたのも
源氏の武田信玄が同族の徳川家や今川家と和するも
平氏の長尾景虎(上杉謙信)の領地を狙った
のも頷ける
諏訪大社の長野の地はモーセの末裔である神聖な神官の諏訪氏の土地だったから
朝鮮人血統である源氏の領地にしたかったんだ

根幹が見えてくると歴史の全てが嘘だとわかってきて面白い
源義経がチンギスハンとしてモンゴルに渡らされたのも関係を強固にする政治的な戦略
江戸時代の江戸とは朝鮮人の入口 ※江は渡来系を意味する
それに対し八咫烏の本拠地である神戸は神の入口
源氏の源頼朝の鎌倉幕府の鎌は藤原鎌足の鎌で
源氏の徳川家康の江戸幕府も朝鮮人幕府だった
実質的に江戸幕府を牛耳った天海僧正(明智光秀)は土岐一族で源氏だし
仕えた美濃の斎藤家は藤原氏の末裔
家光の母である春日局も土岐一族だった

日本はまっぷたつだったんだ
常に日本人と朝鮮人+中国人との戦いの歴史だった

それを終わらせた明治維新は正しかったのだと今は思えるし
神社と寺を分離した廃仏毀釈も正しいことだと知った
神社の境内に寺を建てた理由は神道に寄生し弱体化するためのものだったんだよ

年号を天正とした織田信長は天を正したかったんだ ※そー考えると平成という年号は意味深い
織田信長は石山本願寺や比叡山延暦寺の偽仏教徒である朝鮮人を征伐したんだ

日本は
物部氏・平氏 VS 秦氏・藤原氏・源氏
という構造の上に成り立っている

藤原姓から発生した名字はコチラ

                          
ブログランキング・にほんブログ村へ